20180624_フォルクスワーゲン_ゴルフ_GTI_TCR

TCR規定のレーシングカー「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」


モーターファンフェスタ2018取材記事。
今回はコックススピードブースで展示されていた、TCR規定のレーシングカー「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」を紹介する。

現在の世界ツーリングカーレースでは、TCR規定と呼ばれる車両同士が争うWTCRが新たにスタートを切っている。
昨年2017年から、日本のスーパー耐久でもTCR規定の車両が走り始めているので、レースファンの方はご覧になられた方も多いはず。

独自の性能調整規定、レースパーツの制限、車両や運営コストの安さ等が魅力のTCR
世界中で人気が爆発し、各国のローカルツーリンカーレースでも積極的に導入されている程で、WTCRのアジアシリーズ立ち上げも噂されている。

20180624_フォルクスワーゲン_ゴルフ_GTI_TCR_01

20180624_フォルクスワーゲン_ゴルフ_GTI_TCR_02

WRCを走るトップラリーカーと共通するようなワイドバンパーとオーバーフェンダー。
シャコタン、ツライチにセッティングされたそんな「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」は、かなりの迫力だ。
こんな車が、な熱く危険なレースを繰り広げている。

TCRの元となったのはスーパー2000規定。
スーパー2000規定では公認されたエアロキットの使用を認めているが、現行のボディサイズレギュレーションと、どのサーキットでも安定したダウンフォースを得られるよう突き詰めた結果、このスタイルに落ち着いたようだ。

20180624_フォルクスワーゲン_ゴルフ_GTI_TCR_03

ロールケージに囲まれたお馴染みのコックピット風景。
バケットシートはOMP。
JTCCと違い、極端な運転席の位置変更はなされていない様子。
ペダルはレースカーでお馴染みのオルガン式だ。
ダッシュパネルには液晶LEDモニタ一つのみとすごくシンプル。
やはり一つの画面に多くの情報を切り替えて表示できるのは魅力だ。

20180624_フォルクスワーゲン_ゴルフ_GTI_TCR_04

駆動系は前輪駆動のみ。
エンジンは2リッタ―以下の直噴シングルターボエンジンとなっており、ヨーロッパの大衆車向けエンジンに合わせたものとなっている。

この「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」搭載エンジンは、350馬力/6200rpmと22.42kgf/2500rpmを絞りだす。
だが巧みなレギュレーションのせいもあり、ライバル車も同レベルのエンジン性能で落ち着いている。
面白いのが、オイル潤滑系がレースカーでは当たり前のドライサンプではなく、市販車と同じウェットサンプとなっている点。
そのためか、エンジンルームは市販車と大差ない印象だ。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ先】
コックススピード

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。