You are here
Home > EVENT > 様々な車、レーシングカーと思いっきり触れ合う – モーターファンフェスタ2018

様々な車、レーシングカーと思いっきり触れ合う – モーターファンフェスタ2018

20180429_モーターファンフェスタ

富士スピードウェイを埋め尽くす様々なジャンルの車達。
国内外の最新の車、レーシングカー、スーパーカー、チューニングカー、旧車、ドリ車が一同に介する年に1度のお祭りイベント”モーターファンフェスタ”2018が開催された。

まるで初夏を思わせるような暑さも感じた晴天のもと、今回も2万人超の人が訪れ、思い思いの場所、思い思いの車の元へ駆け寄り、思いっきり車を満喫していた。

今回はそんなモーターファンフェスタの模様を、REVOLT-IS視点でお送りしていきたいと思う。

20180429_モーターファンフェスタ_02

朝早くから多くの客が並んでいたこちらのテント前。
何事かと思えば、車の試乗予約を待つ行列と聞いて納得した。
今回、国内外メーカー、ディーラーの協力の元、約80台の試乗車が用意されていた。

20180429_モーターファンフェスタ_15
ジャンルも、一般に馴染みのあるセダンから、まず滅多にお目にかかれないスーパースポーツカーまである。
なにより、制限の多い一般公道ではなく富士スピードウェイ構内で試乗できるのだ。
これは車好きにとっては夢のようなイベント。
一部、ホンダ・NSXやアウディR8といった車は同乗による助手席試乗という制限があったが、それでも夢にまで見た車のステアリングが握れるとあって、行列中も笑顔で並ぶ方々が多く見られた。

20180429_モーターファンフェスタ_01

コースインを待つフランスの自動車メーカールノーの車達。
今回はルノー・ジャポンの全面協力の元、ルノー車によるタイムアタック”ルノー・スポールカップ”にパレードランも行われた。
国産では珍しいデザイン、そしてボディスタイルはとても新鮮。
この車を眺めてた方の中からは、”昔は日本車もこういう楽しい車が多かったんだけどねぇ”なんていう声も漏れていた。

20180429_モーターファンフェスタ_03

Moduloが用意したこちらのホンダ・NSX。
スーパーGTを戦うGT3車両カラーを反転させたようなレアなバージョン。
滅多に座れない、しかもレアな車両が助手席試乗OKとあってか、多くの子供達が助手席体験を楽しんでいた。
家族連れで記念撮影に興じていたりして、きっと良い思い出が出来た事だろう。
未来のNSX乗りがここから出てくるか?

20180429_モーターファンフェスタ_04

ピット内には様々なジャンルの車種が展示。
外車メーカーは、こちらのボルボを始め、ルノーアストンマーチンメルセデスベンツAMGロータスシボレーポルシェ、といったラインナップ。
普段見る事が出来ない室内などもじっくり体感する事ができるとあってか、次期愛車候補にと、いつかこんな車に乗ってみたいと目を輝かせながら見入る人たちで溢れていた。

20180429_モーターファンフェスタ_06

こんな貴重な車が展示されるのもイベントならでは。
オーテックザガートステルビオ
誕生は1989年。
F31日産・レパードをベースに、”オーテックジャパン”とイタリアのカーデザイン会社”ザガート”がコラボレーションして出来た限定車両だ。
特徴のあるグリルとフェンダーミラーがこの車の個性となっており、今の時代にはない存在感を示してくれる。

20180429_モーターファンフェスタ_07

チームタイサンと言えば、古くからのモータースポーツファンには馴染み深く、畏敬の念さえ感じてしまうレーシングチームだ。
アドバンカラーをまとってグループAレースを戦った日産・スカイラインGT-R(BNR32)、ユンケルカラーでスーパーGTの激戦を潜り抜けてきたポルシェ911GT3RS、そしてJGTC(スーパーGTの前身)黎明期を走り抜けたスターカードカラーのフェラーリF40が展示されていた。
どの車を見ても参戦当時の模様が思い起こされてしまい、つい懐かしんでしまう。

そういえば、タイサンはオークションイベントの企画を進行している様子。
続報を待ちたいところだ。

20180429_モーターファンフェスタ_22

国産メーカーも様々な車を展示していたが、一風変わった感じだったのがこちらのマツダブース。
どちらかと言えば、自社の技術披露だったり子供達の夏休み工作教室のような感じで。
どれも普段、ビジネス向けでしか見聞きする事がないものばかり。
自分達が普段乗る車に、どのような技術がどのような過程で作られてきたか?
来場者も興味深くそれらを見てまわり、商品企画や技術の担当者へ軽く質問をぶつけつつ、見識を深めているようだった。
また子供達も、実際に金属加工の体験をさせてもらう等しながら、なんとなく自動車技術の面白さを垣間見ているように思えた。
マツダブースの事はまた別で取材記事をアップする予定なので、楽しみにお待ち頂きたい。

20180429_モーターファンフェスタ_08

ビンゴスポーツの協力で集められた往年のレーシングマシン達。
手前のポルシェ 935 K3 イェーガーマイスターを始め、どれもその時代のレースシーンで活躍を見せた車両ばかり。
よくぞこれだけ集めたものだ。
今の車にはない武骨さがまた新鮮だからか、年配の方だけでなく若い方も熱心に見入っていた。
昭和スタイルのカスタマイズが若い車オーナーの間で大人気なのだが、こうしたエアロキットとか今に蘇らせてみると、意外とブレイクするかもしれない。

20180429_モーターファンフェスタ_05

二輪も負けてない。
こちらのハーレーダビッドソンなど、憧れのバイク、次に狙っているバイクを試してみようと、誰もが熱心に跨っている。
車と違い、どんなバイクでも気軽に跨ってその場で試せる機会が多く、そういう点はとても羨ましい。
最近は増えたものの、車ももっと、どんな車でもお客が気軽に試せる機会を作って頂きたいと思う。

20180429_モーターファンフェスタ_09

国産チューニングカーが勢ぞろい。
ドレスアップから最新のチューニングが施されたものまであり、通りがかりのお客の目を引いていた。
それぞれがそれぞれの目的に向け、最適のバランスでセッティングされた車達。
そういった車は自然と美しくなり、誰もが魅入ってしまうようになる。
見ていた人たちの中には、愛車チューニングやカスタマイズの妄想が大きく膨らんだに違いない。

20180429_モーターファンフェスタ_10

太陽光を受けて走るソーラーカー。
これらは、オーストラリアで開催されているワールドソーラーチャレンジへの参戦車両だ。
そこへ日本から、工学院大学東海大学が自ら車両を制作して参戦しているという。
素人目で見るとソーラーパネルの性能や枚数、モーターの出力勝負なのかなと思いがちだったが、決めてになるのは車体作りという。
意外な感じに思えたが、実際の競技、それに求められる要求性能を伺っていくとなるほどなと思う事も。
こちら、また別途記事にしていく予定だ。

20180429_モーターファンフェスタ_13 20180429_モーターファンフェスタ_11 20180429_モーターファンフェスタ_14 20180429_モーターファンフェスタ_21

屋外ショップブースでは、色とりどりにカスタマイズされた国内外の車がずらり。
販売しているグッズやパーツがイベント特価という事もあってか、ショップブースも多くのお客が詰めかけていた。
こちらでも、愛車チューニングやカスタマイズの妄想に浸って方も多いのではないだろうか?
GWでは、購入したパーツ取り付けにいそしんでいる方もいるかもしれない。

20180429_モーターファンフェスタ_12

大手チューニングパーツメーカーのHKS、そしてこちらのブリッツでは、自社開発のチューニングパーツを組み込んだデモカーを多く持ち寄り、大試乗会を展開していた。
雑誌やWEB媒体などで多くの製品レビューを見る事ができるが、それが自分の好みに合うのかは付けてみないとわからないわけで。
こういった機会は、我々ユーザーにとって非常にありがたい。

20180429_モーターファンフェスタ_16

富士ドリフトコースでは、ドリフト天国主催のドリドレ天国が開催。
会場は日産・シルビアばかり。
そのほとんどがS15であり、それらがチューニング、ドレスアップ、ドリフトと、様々な仕様のものが鎮座していた。

日産・シルビアは、今では貴重な5ナンバー車格のFRスポーツカー。
タイムアタックからドリフト、ドレスアップまで、若い車好きを中心に支持者が多い。
ここを訪れたそんなシルビアオーナーも多く、愛車カスタマイズへ向け良い刺激になったに違いない。

20180429_モーターファンフェスタ_17 20180429_モーターファンフェスタ_18

モーターファンフェスタのメインコンテンツとも言えるグリッドウォーク。
様々なジャンルの車が富士スピードウェイのメインストレートを埋め尽くす、その様は圧巻の一言。
準備中の間も、待ちきれないとばかりにピットレーンに多くの人が集まっていた。

20180429_モーターファンフェスタ_19

20180429_モーターファンフェスタ_20

D1GPのエキシビジョン走行タイム。
ここでは、同乗走行の権利を得た方々が助手席に乗りこみ、激しい高速ドリフトを体感してもらうという。
高速ドリフトを体感した方々は一様にハイテンションで興奮しきった様子で、とても楽しそうだった。
なにより、普段は関係者しか入ることができない区域へ行き、アドバンコーナーでD1マシンに乗り込めるというのは滅多にない機会だ。
思い出深いセッションになったに違いない。

さて、本当に盛沢山で、正直全てを回りきるのは不可能なボリュームいっぱいだったモーターファンフェスタ2018。
車をよく知らない方や、家族でも楽しめるようなコンテンツが随所に盛り込まれており、なにより、体感、試乗の場が増えてきた事がとても良いなと思った。
どれだけ言葉を紡ぐより、それを欲してる方に直に体感してもらうほうが手っ取り早く理解してもらえるもの。
こういう機会がもっと増えてほしい。

来年のモーターファンフェスタにぜひ期待したいところだ。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
モーターファンフェスタ

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top