20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ

GT3に迫るチューニングポルシェ・ケイマンGT4 – クレフモータースポーツ


ポルシェのチューニング・カスタマイズで高い実績を持つ、横浜市都筑のカーショップクレフモータースポーツ
そのクレフモータースポーツが、これまでのポルシェチューニングやモータースポーツ活動で培った技術の粋を集めて制作されたデモカーが、このポルシェ・ケイマンGT4だ。

20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_01

この車は、2017年に自動車雑誌ゲンロクの長期連載企画で登場していたので、ご記憶の方は多いと思う。

公式ブログによれば、富士スピードウェイでタイムアタックを行ったところ、ラジアルタイヤで1分51秒18を記録。
Sタイヤでも1分50秒台に入れているという。
そのタイムはGT3と肩を並べるほどで、驚異的なスペックと言える。

どんな凄いチューニングが施されているのか好奇心が膨らむばかりだが、実際見てみると、結構意外に感じられる内容だった。

20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_02

【エンジン、排気系】
IPD プレナム ビッグスロットル
COBB アクセスポートチューニング + クレフモータースポーツ オリジナルマップ
BMC エアクリーナー
Armytrix スポーツ触媒+バルブ付スポーツマフラー

【サスペンション】
QUANTUM T5-RS 1way アジャスタブルサスペンションキット(ハイパコスプリング)
TARETT GT4クラブスポーツ ピロボールサスペンションアーム

【ホイール、タイヤ】
ADVAN T3-C18インチホイール
ADVAN 052タイヤ

【ブレーキ】
GT4クラブスポーツ用 PFC ブレーキキット
GT4クラブスポーツ用ステンレスメッシュブレーキホース
エンドレス RF650ブレーキフルード

【空力】
クレフモータースポーツ オリジナルフロントカナード
クレフモータースポーツ オリジナルリヤウイング
クレフモータースポーツ オリジナルハイマウントアップライト

【インテリア/エクステリア】
GT4クラブスポーツ用カーボンドアパネル
EDIRB 左右フルバケットシート
OMP CUP タイプステアリング
サベルト シートベルト
アイコード アルミペダルキット
PPF フロントフル、ロッカーパネル
クリアプレックス フロントガラス保護フィルム

以上の通りで、全体的にGT4本来が持つパフォーマンスレベルを底上げさせたような印象。
エンジンは吸排気とECUチューニングで徹底的な最適化を行い、軽量化された車体に合わせて足回りを煮詰め、空力でバランスを取っている感じか。
車から奏でられるエキゾーストサウンドも甲高く、ドライバーへも良い刺激も与えてくれそうだ。

20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_04 20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_05 20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_06 20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_07

カーボンドアパネルやバケットシート、CUPタイプステアリング等に交換されてはいるが、全体的にストリートカーらしさを感じる室内。
実際、この車はナンバー付きで、コンビニへもそのまま行く事ができる。
これで富士スピードウェイを1分50秒台で駆け抜けてしまうのだから恐れいる。

車体自体に大きな改造をせずとも、高いパフォーマンスを示してくれるポルシェという車の奥深さ。
実際、車両代+チューニング費用で考えると、GT3と比べて数百万以下で仕上げられるという。
そのコストパフォーマンスの高さも注目すべきポイントだ。

だがそれが出来たのも、ポルシェを知り尽くしたクレフモータースポーツだからこそ。
お金も時間もかけたわりに満足いっていないオーナーさんは、こちらへ相談してみると良い提案を受けられるかもしれない。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ先】
クレフモータースポーツ

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。