You are here
Home > SHOP > GT3に迫るチューニングポルシェGT4 – クレフモータースポーツ

GT3に迫るチューニングポルシェGT4 – クレフモータースポーツ

20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ

国内のポルシェチューニングで高い実績を誇るクレフモータースポーツ
そのクレフモータースポーツが、これまでのポルシェチューニングやモータースポーツ活動で培った技術の粋を集めて作成したデモカーがある。

それがこのポルシェ・ケイマンGT4だ。

20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_01

昨年2017年に自動車雑誌ゲンロクの長期連載企画で登場した車なので、ご記憶の方は多いと思う。

このデモカー、公式ブログによれば、富士スピードウェイでのタイムアタックでは、ラジアルタイヤで1分51秒18を記録。
Sタイヤでも50秒台にも入れているという。
そのタイムはGT3と肩を並べるほどで、驚異的なスペックと言えるだろう。
スーパー耐久プランパンGTでも、クラスによってはそのままレースができそうだ。

どんな凄いチューニングが施されているのかと好奇心が膨らむところではあるが、実際の仕様を見てみると、これが結構意外に感じられるものだった。

20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_02

【エンジン、排気系】
IPD プレナム ビッグスロットル
COBB アクセスポートチューニング + クレフモータースポーツ オリジナルマップ
BMC エアクリーナー
Armytrix スポーツ触媒+バルブ付スポーツマフラー

【サスペンション】
QUANTUM T5-RS 1way アジャスタブルサスペンションキット(ハイパコスプリング)
TARETT GT4クラブスポーツ ピロボールサスペンションアーム

【ホイール、タイヤ】
ADVAN T3-C18インチホイール
ADVAN 052タイヤ

【ブレーキ】
GT4クラブスポーツ用 PFC ブレーキキット
GT4クラブスポーツ用ステンレスメッシュブレーキホース
エンドレス RF650ブレーキフルード

【空力】
クレフモータースポーツ オリジナルフロントカナード
クレフモータースポーツ オリジナルリヤウイング
クレフモータースポーツ オリジナルハイマウントアップライト

【インテリア/エクステリア】
GT4クラブスポーツ用カーボンドアパネル
EDIRB 左右フルバケットシート
OMP CUP タイプステアリング
サベルト シートベルト
アイコード アルミペダルキット
PPF フロントフル、ロッカーパネル
クリアプレックス フロントガラス保護フィルム

チューニングスペックは以上の通り。

全体的に、GT4本来が持つパフォーマンスレベルを底上げしたような印象を受ける。
エンジンは吸排気とECU系チューニングで徹底的な最適化を行い、軽量化された車体と合わせて足回りを煮詰め、空力でバランスを取っている感じか。
かなり乗りやすく、気持ちの良いドライビングが楽しめそう。
車から奏でられるエキゾーストサウンドも甲高く、ドライバーへ良い刺激も与えられそうだ。

20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_04 20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_05 20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_06 20180504_ポルシェ_911_gt4_ケイマン_クレフ_モータースポーツ_07

ストリートカーらしさを感じられる室内。
先のカーボンドアパネルやバケットシート、CUPタイプステアリング等に交換されてはいるが、知らない人から見れば、これがサーキットを驚速で走りぬけてしまう車だと思わないだろう。
実際、この車はナンバー付き。
コンビニへ普通に買い物だって行けるのだから。
こういった仕様で、富士スピードウェイを1分50秒台で駆け抜けてしまうのだから恐れいる。

ちなみに国産チューニングカーでこのレベルだと、その多くがエンジン内部まで手が入れられており、コストと時間をかけて仕上げられている。
中には日常での使い勝手を捨て、ナンバーを切ってサーキット専用車とした割り切ったチューニングを施しているものもある。

この事から考えても、車体自体に大きな改造をせずとも高いパフォーマンスを示してくれるポルシェという車の奥深さを感じる。
実際、車両代+チューニング費用で考えると、GT3と比べて数百万以下で仕上げられるという。
そのコストパフォーマンスの高さも注目すべきポイントだ。

だがそれが出来たのも、ポルシェを知り尽くしており、オーナーの嗜好や車に合わせたパーツ選び、しっかりした組み付け、状況に合わせた最適なセッティングが施せるクレフモータースポーツだからこそ。
車の状態も個体差があるし、ドライバーの好みだって千差万別。
それでも各パーツがちゃんと機能し、トータルバランスを良くする方向へまとめあげるには、高いエンジニアリング能力が求められる。
ただパーツを組むだけでは、こうはいかないだろう。

お金も時間もかけたわりには満足いくポルシェになっていないオーナーさんには、クレフモータースポーツが手掛けたこのデモカーは非常に参考になるのではないだろうか?

【取材協力 – 問い合わせ先】
クレフモータースポーツ

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top