20210609_DNP_次世代加飾パネル_車_ダッシュボード

パネルにメーターやナビ情報、タッチパネルが浮かび上がる

人とくるまのテクノロジー展2021の取材記事。
今回はDNP 大日本印刷株式会社の「次世代加飾パネル」を紹介する。
※本記事中の情報、画像の商用利用、無断転載を禁じます。

「次世代加飾パネル」とは、一見なんの変哲もない木目調や幾何学模様のパネルに対し、メーターやナビなどの情報やスイッチ類を浮かび上がらせるように表示させ、そのままタッチパネルと同じように機能させようという技術。
例えば、全面木目柄のダッシュボードに対してディスプレイやスイッチを配置するエリアを設けなくとも、そのまま任意の位置に表示させる事ができる。
※こちらから作動中の動画をご覧頂ける。

20210609_DNP_次世代加飾パネル_車_ダッシュボード_01
(C) DNP 大日本印刷
商用利用、無断転載を禁じます。
20210609_DNP_次世代加飾パネル_車_ダッシュボード_02
(C) DNP 大日本印刷
商用利用、無断転載を禁じます。

メリットとしては、ダッシュボードへ応用する事で内装のデザイン自由度が高まる事と、表示情報やスイッチ類の増減、インタフェースの変更も内装デザインを崩さず対応できる点にある。
もちろん様々な表示パターンへも対応可能。
さらに「次世代加飾パネル」では、透過元の柄で色味が濁ったり被る事もなく、鮮明な表示が実現できている。

これらは、住宅建材や自動車内装で培ってきた加飾フィルム技術・ノウハウと、DNP独自の光学技術を組み合わせることで実現できたという。
実用化の目途も立っているようで、各得意先と量産に向け鋭意検討中との事。
もちろん内装だけでなく、アイディア次第で様々な分野への応用が期待できる。
現在は品質の向上と柄バリエーション、質感の多様化など、さらなる開発を推し進めている。
※次世代加飾パネルの応用例として、市光株式会社から「e-Grille」が紹介されている。

まさに、SF映画やゲームで見たような光景が現実となる「次世代加飾パネル」。
採用された車が登場するのを、楽しみに待っていよう。

【文】
編者(REVOLT-IS

【オンライン取材協力 – 写真協力 – お問合せ】
DNP 大日本印刷株式会社
人とくるまのテクノロジー展事務局

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。