20200125_R31ハウス_スカイライン_D1GP_広大_DRIFT_11

R31HOUSE x 蕎麦切広大のD1GP挑戦 – 東京オートサロン2020

東京オートサロン2020ピックアップ

当メディアでも取り上げてきた若手ドリフトドライバーの 蕎麦切 広大(そばぎりこうだい)選手。
昨年2019年のD1LIGHTSなどで好結果を得たことで、ドリフトモータースポーツ最高峰のD1GPへの出場権を獲得した。
それに合わせ、彼の所属するチームR31HOUSEでは今季の体制作りに着手。
そしてここ東京オートサロン会場において、今季の愛機となるインフィニティQ60とR31スカイラインを並べての体制発表会が盛大に開かれる事となった。

20200125_R31ハウス_スカイライン_D1GP_広大_DRIFT_02
レーシングスーツ姿の蕎麦切 広大選手と、向かって右隣がチーム代表の柴田 達寛氏
20200125_R31ハウス_スカイライン_D1GP_広大_DRIFT_01
ラジコンドリフト時代から蕎麦切 選手の可能性を信じて育てあげてきた柴田氏。

D1GPに久々に20代、それも若干23歳の若手が下位カテゴリーからのステップアップで参戦する。
選手の平均年齢が高くなりつつあったD1GPにとっては朗報だろうし、見る側も競技する側も良い刺激となるはず。

そんな蕎麦切 広大選手はラジコンドリフトの出身で、いくつかの大会でも優勝を飾るほどの実力の持ち主。
そしてラジコンにも力を入れているR31HOUSEへ入社し、実車でのドリフト競技を本格スタート。
そこから急速に頭角を表していき、僅か3年でD1GP参戦への切符を手に入れた。

ラジコンドリフトと実車ドリフトは共通するものがあると数年前から言われてきたが、その事を実際に証明して見せた事になる。
これまで蕎麦切選手の可能性を信じ、チームを引っ張ってきたチーム代表の柴田氏も、ここまでたどり着いた事に感無量だったに違いない。

20200125_R31ハウス_スカイライン_D1GP_広大_DRIFT_04
20200125_R31ハウス_スカイライン_D1GP_広大_DRIFT_03

気になるその2020年参戦体制だが、D1GPと下位カテゴリーのD1LIGHTSとのダブルエントリーとなる。
マシンはD1GPに新開発のインフィニティQ60。
D1LIGHTSは馴染みのR31スカイラインだ。
どちらもD1GPでMCを務める鈴木学氏の手によるデザインが施されており、見ただけでも速そうな雰囲気を漂わせている。
ただこれまで乗り慣れたR31スカイラインはともかく、インフィニティQ60は新車という事もあってか未知数な部分が多い。
実際、開発は遅れ気味のようで、オートサロンに展示のマシンも外装を突貫で仕上げたのみであり、エンジンや車体はまだまだこれから。
完成予定も開幕ぎりぎり、最悪本戦でのぶっつけ本番な状況という。

とはいえ柴田氏、蕎麦切選手双方はそれ程心配していないようで、実績と経験豊富なスタッフの手で開発される本マシンが素晴らしい仕上がりになる事を確信している様子。
開幕に向けてしっかりコンディションを整えていくそうだ。

20200125_R31ハウス_スカイライン_D1GP_広大_DRIFT_05
R31HOUSEブースと、今季用のカラーリングが施された2台のマシン

R31HOUSE蕎麦切 広大選手の参戦で今年の楽しみが増してきたD1GP
だがそれに参戦中のレギュラーメンバーはベテラン揃い。
彼らが操るマシンも経験と熟成を重ねてきたものばかりだ。
そんな中で上位入賞、優勝を目指すとなると一筋縄ではいかないだろう。
ベテラン勢の駆け引き、技に対し、新車と共に蕎麦切選手がどう挑んでいくかに注目していきたい。

そんな2020年D1GPは、4月25日開催のエビスサーキットを皮切りに全9戦で争われる。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【写真協力】
T’s photograph
RiPict

【取材協力 – 問い合わせ】
R31HOUSE
東京オートサロン事務局

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。