20200126_NATS日本自動車大学校_F4_東京オートサロン_モータースポーツ

NATS学生の手による2019JAF-F4参戦 – 東京オートサロン2020

東京オートサロン2020ピックアップ

次世代の自動車業界を担う人材育成を行っているNATS(日本自動車大学校)
その範囲は整備、カスタマイズ、設計と開発、マネジメント、モータースポーツと非常に幅広い。
そしてここ東京オートサロンではNATSが展開するブースは人気の一つとなっており、非常に多くの来場者で賑わいを見せている。
今回はその展示ブースの中でも、モータースポーツ科が繰り出すJAF-F4に注目してみたい。

20200126_NATS日本自動車大学校_F4_東京オートサロン_モータースポーツ_02
2019年のNATS JAF-F4のドライバー 猪爪 杏奈 選手

JAF-F4とはモータースポーツのフォーミュラカーカテゴリーの一つ。
詳細なカテゴリー説明は割愛するが、フォーミュラカーと言えば頂点にお馴染みのF1があり、その下にF2、F3カテゴリーが存在し、F4はその次のポジションとなる。
F4と言えばFIA(国際自動車連盟)主導のFIA-F4があるが、JAF-F4はそれとは違い日本のJAF(日本自動車連盟)主導で開催されている独自のもの。
エンジンと車体(モノコック)、タイヤは承認されたものを使わなければならないものの、その他はレギュレーションの範囲内で自由に手を入れる事ができるため、学生達の教育にもってこいのカテゴリーと言える。

NATSは2013年からコンストラクター(製造者)としてチーム参戦しており、その参戦の歴史は長い。
開発、製造、チーム運営の多くを学生達自身が手掛けており、より実践的な教育になると好評だ。
実際、モータースポーツの第一線で活躍しているエンジニアの中にはNATSの卒業生も多く在籍しており、それもこの教育あってこそなんだなと頷ける。

昨年2019年は、写真のレーシングドライバー猪爪杏奈選手を擁して全11戦を戦い参加32名中シリーズランキング5位をゲット。
第5戦のもてぎでは2位表彰台も獲得している。
ロードスターパーティーレーススーパー耐久などで豊富な実績を持つ猪爪選手の力もあるだろうが、それらを差し引いても、学生達がベテランのレーシングチームに割って上位に入るのは快挙と言える。

20200126_NATS日本自動車大学校_F4_東京オートサロン_モータースポーツ_01
2019年を戦い抜いたNATSJAF-F4マシン
20200126_NATS日本自動車大学校_F4_東京オートサロン_モータースポーツ_06
サスペンションは全て学生達の手で設計から制作、切削、溶接、加工まで行っている。
20200126_NATS日本自動車大学校_F4_東京オートサロン_モータースポーツ_05
ダンパー、サスペンションを支持する各パーツ類も学生達の手によるもの。
20200126_NATS日本自動車大学校_F4_東京オートサロン_モータースポーツ_03
車体(モノコック)は童夢製を採用。
細部も綺麗に作りこまれている。
20200126_NATS日本自動車大学校_F4_東京オートサロン_モータースポーツ_04
コックピット前方に配されたギザギザのスクリーンは学生達のアイディアによるもの。
空力効果が高まりドライバーにも好評だったとのこと。

その2019年を戦ったマシンがこちら。
JAF-F4のレギュレーションに準拠しながら、先生の指導の元、学生達の考え、アイディアがふんだんに盛り込まれている。

モータースポーツを戦うマシンにはレース中、過大な負荷が襲い掛かる。
中途半端な加工、溶接では破断などのトラブルで大事なレースを落としかねない。
品質や精度も重要で、部品寿命の低下や思っていたようだセッティングも出しづらくなってしまう。
プロのレーシングドライバーも学生だからと甘い事は言わず、勝利ため厳しい要求を突き付けてくる事もある。
マシン作りからチーム運営、レース進行まで、学生達は素人には想像もつかないような厳しいプレッシャーにさらされるわけで、そうした試練を乗り越え、ここまでマシンとチームを鍛えあげてきた。

東京オートサロンJAF-F4に関わった学生達の顔を見たが、誰もが全てやりきった感の晴れ晴れとした顔をしていた。
猪爪杏奈選手からもよく頑張ってくれたと称えていたほどで、1年の成果としては十分なものだったに違いない。

彼ら彼女らは今年卒業を迎え、いよいよ社会へ出て新天地へ赴く事になる。
その前途と未来での活躍を祈りつつ、モータースポーツの現場で再会できる事を楽しみにしておきたい。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ】
NATS日本自動車大学校JAF-F4に関わった学生の皆さん
猪爪杏奈選手
東京オートサロン事務局

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。