20200216_エンドレス_ブレーキ_東京オートサロン

エンドレスの気になるポイント – 東京オートサロン2020

東京オートサロン2020ピックアップ

ブレーキ系を中心に様々な自動車アフターパーツを開発する老舗パーツメーカーのエンドレスアドバンス
今年もここ東京オートサロンでは、イメージカラーであるお馴染みのエンドレスブルーに彩られたブースを展開。
自慢の主力商品やデモカー、凛とした立ちポーズで華を添えるコンパニオンガール達が出迎えてくれた。

20200216_エンドレス_ブレーキ_東京オートサロン_02

いつも多くのカメラマンで大人気のエンドレスブース。
やはりこちらも話題のGRスープラ用アフターパーツの開発を推し進めており、展示ブースには専用ブレーキや車高調といった製品が置かれていた。

そんな中、個人的に注目したのが数年前から見られる旧車のレストア展示。
カルマンギア、プリンススカイライン、フィアットX1-9といった数々の名車を多くの方と協力して仕上げ、披露してきたエンドレス
今年は何が出てくるかと思いきや、漫画「ルパン三世」でお馴染みのフィアット500と、日野ルノー4CV、初代日産シルビア、ダットサン・フェアレディというラインナップ。
特にルパン三世の設定を忠実に再現したというフィアット500には、旧車ファンだけでなく多くの来場者が足を止めて見入っていた。

この旧車レストア。
元々、このまま時と共に朽ち果てさせるのではなく、なんとか直して走らせてあげたいという思いから始められたプロジェクトと言う。
今では多くの問い合わせが来ており、次の計画もさっそく練られているようだ。

古い車の純正部品がどんどん廃版になる昨今。
そういった車を長く乗り継いでいこうとするオーナーさんにとっては、非常の頭の痛い問題なのだが、とは言え、国内の新車販売や乗り換えが好調かと言えばそうでもない様子。
そのためアフターパーツメーカーも、新車ばかりに目を向けてばかりはいられないようだ。
恐らくエンドレスが進めるこのレストアプロジェクトでは、多くの要望がある旧車向けパーツ開発のニーズを探る目的もあるのかもしれない。
ニーズが高まれば、手に入りにくかったパーツ開発の可能性もゼロではなくなるだろう。

20200216_エンドレス_ブレーキ_東京オートサロン_01

その他では、写真のスズキ・ジムニー向けブレーキキャリパーやストリート~ワインディング向け新型ブレーキパッドなどが興味を惹かれた。

軽自動車という手ごろ感とワイルドな外観がらか、車好きな若者の間でも根強い人気を誇るジムニーだが、そのチューニングやカスタマイズもなかなかホットな様子。
近年は他メーカー、ショップでも様々なアフターパーツがラインナップされている事からも、業界サイドでもジムニーに熱い期待を持っているようだ。

ブレーキパッド”M-sports-Plus”では、低ダスト(ブレーキ紛)ながらより効きを強化した開発がなされているという。
走りを優先したブレーキだとブレーキ紛によるホイールの汚れが目立ってくる傾向にあるが、ドレスアップカーのように見映えを重視するカスタムカーが持てはやされる昨今では、そのような汚れは避けたいところ。
”M-sports-Plus”のように街乗りでも安心した効き味で、かつダストで汚れにくいブレーキパッドは、愛車の”インスタ映え”も重視したいオーナーさんでも選択肢に加えていいだろう。


さてここからは余談だが、2019年度エンドレスレディーを務めた金井宥希さんを紹介しておきたい。

彼女は大の車好きとの事で、愛車はホンダ・S660で自分好みにカスタマイズしながら乗られている。
サーキットもたまに走られるそうだ。
そんな車好きな一面が垣間見える車系Youtuber”ふみっちょ”さんの動画では、愛車や運転に対する思いや拘り、的確で歯切れの良いトークが随所に楽しめる。

ぜひチェックして頂きたい。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ】
エンドレスアドバンス

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。