You are here
Home > EVENT > ワイルドスピードファミリー集結

ワイルドスピードファミリー集結

20181012_ウルトラモーターフェスティバル_ワイルドスピード

車好きや若者の間で、今でも絶大な人気と支持を得ている映画”ワイルドスピード”シリーズ。

劇中で活躍するカスタムカーと、クールな登場キャラクター達が織りなすハードなアクションと、”ファミリー”、”仲間”との絆、大切さを推しだしたストーリー展開は、見る者を常に惹きつけてくれる。

そんなキャラクター達の生き様や劇中のカスタムカーに憧れ、愛車の外観やインテリア等を、同じ仕様にカスタマイズする方が増えつつある。
今回、山梨県は富士麗駐車場で開催されたウルトラモーターフェスティバル
そこに、”ワイルドスピード”な車が多く集結すると聞き、現地へ赴いてみた。

2018年も終盤戦に差し掛かる時期なのに、まるで真夏のような暑さに見舞われた本イベント。
そこでは多くのギャラリーが、羨望の眼差しで”ワイルドスピード”な車達を見つめていた。
一台一台見ていきながら、車の事、映画の話を交えつつ振り返ってみたい。

20181012_ウルトラモーターフェスティバル_ワイルドスピード_08

記念すべきワイルドスピードシリーズの1作目。
ワイルドスピード(原題:Fast & Furious)に登場。
ポンコツの状態から、ドミニク・トレットのファミリーとブライアン・オコナーの手で仕上げられた。
ドミニクの駆るダッヂ・チャージャーとの競り合い、そしてクライマックスの踏切ジャンプのシーンは、多くの方の記憶に刻みこまれている。

20181012_ウルトラモーターフェスティバル_ワイルドスピード_09

ワイルドスピードシリーズの2作目。
ワイルドスピードX2(原題:2 Fast 2 Furious)の序盤で登場した日産・スカイライン。
ブライアン・オコナーのドライブで、市街地レースやパトカーとのチェイスを繰り広げていた。
劇中ではBNR34 GT-Rだったが、こちらは、FRパッケージとしても完成度の高いER34をベースに仕上げられている。

20181012_ウルトラモーターフェスティバル_ワイルドスピード_03

ワイルドスピードシリーズの2作目。
ワイルドスピードX2(原題:2 Fast 2 Furious)で、ブライアン・オコナーがBNR34GT-Rから乗り換え、クライマックスまで活躍した三菱・ランサーエボリューション。
ハイウェイでのスピンターンからのバック走行はかなり衝撃だった。
当時エアロパーツを供給していたDAMDでは、映画に登場したエボ7用だけでなく、エボ8用の”ワイルドスピード”エアロパーツもリリースしている。

20181012_ウルトラモーターフェスティバル_ワイルドスピード_05

ワイルドスピードシリーズの3作目。
ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT(原題:The Fast and the Furious: Tokyo Drift)で、主人公ショーン・ボズウェルをサポートするハンが駆ったマツダ・RX-7。
渋谷ストリートでのチェイス、そして最後のシーンでは、その後のワイルドスピードシリーズで語られたハンのストーリーを知るにつれ、とても重たいものとなった。
この仕様の人気は特に高いようで、カラーパターンを変えたものも含め、全国各地でこのRX-7を見る事が出来る。
今でも、エアロキット販売と施工を行うヴェイルサイドには、問い合わせが多く入っているとか。

20181012_ウルトラモーターフェスティバル_ワイルドスピード_07

ワイルドスピードシリーズの3作目。
ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT(原題:The Fast and the Furious: Tokyo Drift)で、主人公ショーン・ボズウェルが、ハンから借り受けた日産・シルビア。
立体駐車場でのバトルでは、「ドリフト界のモナリザ」が主人公ショーンの不慣れな運転でボロボロになり、当時はもったいなぁと思って観ていたものだ。

20181012_ウルトラモーターフェスティバル_ワイルドスピード_06

ワイルドスピードシリーズの3作目。
ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT(原題:The Fast and the Furious: Tokyo Drift)で、主人公ショーン・ボズウェルとハンと敵対する事になるタカシが駆った日産・フェアレディZ。
立体駐車場でのレースを始め、様々なシーンで主人公達と命がけのバトルを展開。
渋谷ストリートでのRX-7やランエボとのチェイスを思い起こす方が多いと思うが、個人的には、クライマックスでのフォード・マスタングとの峠バトルが印象に強く残っている。

20181012_ウルトラモーターフェスティバル_ワイルドスピード_01

ワイルドスピードシリーズの3作目。
ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT(原題:The Fast and the Furious: Tokyo Drift)で、タカシの子分であるモリモトが駆った日産・フェアレディZ。
とても綺麗で印象的なカラーとバイナルグラフィックが施されており、やはり渋谷ストリートでのチェイスシーンでクラッシュした際は、思わず顔をしかめてしまった。

20181012_ウルトラモーターフェスティバル_ワイルドスピード_04

ワイルドスピードシリーズの4作目。
ワイルドスピードMAX(原題:Fast and Furious)で、久々登場のブライアン・オコナーが駆ったスバルWRX STI。
なんでこの車がFBI押収品にあったのかはさておき、クライマックスではラリーのスバルらしく、ラフロードで豪快なカーチェイスを繰り広げてくれた。
最後のTボーンクラッシュまで本当に激しかった。。。

20181012_ウルトラモーターフェスティバル_ワイルドスピード_02

ウルトラモーターフェスティバル一番のサプライズ。
ワイルドスピードシリーズの8作目。
ワイルドスピード アイスブレイク(原題:The Fate of the Furious / Fast & Furious 8)で、ドミニク・トレットが駆ったあのダッヂ・アイスチャージャーが登場。
映画で見ていた以上に、その巨体ぶりには圧倒された。
劇中でのクライマックス、ミサイルに追われる中、潜水艦とのスレスレを狙ったあのシーンは、ワイルドスピード第1作目のクライマックスを彷彿とさせた。

20181012_ウルトラモーターフェスティバル_ワイルドスピード_10

当日は若者や子供たちに特に人気だった、これら”ワイルドスピード”ファミリーな車達。
オーナーさんも運転席に座らせてあげたり、一緒に記念撮影に応じるなど、様々なサービスで来場者を出迎えてくれた。
これでまた多くの車好きが増え、自動車カスタムファンがもっと盛り上がってくれるだろう。

オーナーさん達には大事に維持してくれる事を切に願うとともに、これからももっと多くの方に触れさせてあげて欲しいと思う。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top