You are here
Home > OWNER'S > ワンボックスカードリフトに見るオンリーワンの車の楽しみ方

ワンボックスカードリフトに見るオンリーワンの車の楽しみ方

20180828_セレナ_ハイエース_ドリフト

ドリフトはFRスポーツカーだけのものではない。

マーク2やローレルといったハイパワーセダンはシルビア系と二分するほどだし、シビックやアルトワークス、マーチといったライトウェイトFF車で派手なスライドを決めるチームもいる。
近年は、純粋な4WD仕様でFRスポーツカー顔負けの飛距離を決めてくるランサーエボリューションも現れるほどで、車種バラエティといった面でも、ドリフト界隈は実に見応えがある。

ただ、今回紹介するようなワンボックスカーでドリフトを楽しむ方が現れるとは、正直思ってもみなかった。

20180828_セレナ_ハイエース_ドリフト_02 20180828_セレナ_ハイエース_ドリフト_01

D1GP2018筑波サーキット
D1マシンから主役を奪うかのごとく、その巨体を豪快にスライドさせていく2台のワンボックスカー。
日産・セレナ(C23)とトヨタ・ハイエース(200)だ。

セレナのほうは、数年前にうちでもご紹介した車
以来、いくつかのドリフトイベントでその走りを楽しませてもらっているが、今回も、最後まで色々な意味でネタを提供してくれた(笑)

ハイエースは今回が初めて。
ぴょこぴょこ跳ねながらも、各コーナーをとても楽しそうに走りぬけていった。
写真を撮るほうとしては、色々な意味で気が気でなかったが(笑)

そんな2台のワンボックスカーによる走りの競演。
恐らく世界初。
その記念すべきドリフトランは、ぜひこちらの動画でチェックしてみてほしい。

それにしても、ワンボックスカーをドリ車にする。。。なかなかない発想だ。

お目立ち度はとても高いが、当然そのままではカッコいいドリフトなんて出来ない。
エンジンや足回り、ボディなど至る箇所に手を入れる必要があるが、当然マニュアルやお手本は皆無。
全て自分自身で試行錯誤、トライアンドエラーを繰り返していくしかない。
それは、人気ドリフトベース車に比べたら長い道乗りとなる。

だがオーナーさん達の笑顔から、そうした未知への車弄りや試行錯誤自体が楽しそうに見えた。
自分で考えたセッティングやアイディアが外れる事もあれば、ズバリ当たってとても気持ちよく走れる事もあるだろう。
そうした過程までも楽しみつつ、自分だけの車を自分のアイディアで仕上げていく。
その結果、他のFRドリ車と遜色なく走れるようになれば最高じゃなかろうか。

20180828_セレナ_ハイエース_ドリフト_03

ことサーキットタイムアタック(グリップラン)において、誰よりも速い最速タイムを狙おうとすると、車種もセッティングもどうしても似通ってくる。
ドリフトでも、D1 LIGHTSなどで大会上位を狙おうとした場合では、タイムアタックと同じ傾向が見られる。

だがエンジョイ・ドリフトという観点で見れば、やる気と努力とアイディア次第でどんな車でも目立つ事ができる。

自分もドリフトをやってみたい、でもマイカーだとドリフト出来ないから。。。というネガティブ発想は一旦捨てよう。
本当にドリフトをやりたいなら、出来ないではなく、マイカーでどうやったらドリフトが出来るか?
そこに考えを持っていこう。
そして即実行だ。
異色の車で有名になった方々も、最初からその考えでやってきたのだから。

【文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力】
ケースケ

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top