You are here
Home > EVENT > 【国際オートアフターマーケット2017】- 板バネの中野スプリング

【国際オートアフターマーケット2017】- 板バネの中野スプリング

オートアフターマーケット_中野スプリング_20170316

自動車メーカーの下請けという立場ではなく、独自にマーケットを開拓して活躍されている国内部品メーカーが元気だ。今回、国際オートアフターマーケット2017を見て歩いていると、そういった活気に溢れた国内部品メーカーが多い印象を受けた。

そんな出展企業の一つ、「中野スプリング」ブースに展示されていた青とオレンジに彩られた板バネ群が目に飛び込んできた。

板バネと言えば、リーフ式サスペンションを形成するうえでお馴染みのもの。安価で頑丈という理由から1970年代から1980年代には様々な乗用車、商用車に採用されてきたが、現在は一部のSUVやトラックなどの商用車で使われているのみとなっている。

そんな状況下、「中野スプリング」が板バネをビジネスとして推進する理由にとても興味が沸いた。

オートアフターマーケット_中野スプリング_20170316_01

その「中野スプリング」。創業は昭和23年と古い。当時、早い段階から自社製造によるバネスプリングの開発、生産を行ってきており、やはり早い段階から、国内だけに拘らず海外にも積極的にマーケットを広げてきたのそうだ。
その後、時代のニーズに合わせて企業努力を重ね、自社製品を地道に育てあげてきた事が会社沿革から読み取れる。

長年、景気やビジネスの流行りに惑わされず、自社ビジネスを貫き通して来ている企業は強い。

そんな背景からなのか、海外の板バネの需要も非常に多いのだそうだ。
確かに、中東や東南アジア、発展途上国などでは古い車やトラックなどが走っている光景を多く見かけるし、そういった地域は悪路がかなりある。リーフ式サスペンションを持つ堅牢な車が有用であり、部品点数の少なく整備性の高い板バネのほうが良いのは十分に納得できる。

オートアフターマーケット_中野スプリング_20170316_02

もちろん国内も、今でも需要はたくさんあるそうだ。

こと車に限って言えば、商用で使われているトラックや車の修理で多くの要望があり、その補修パーツとして「中野スプリング」の板バネが選ばれているのだとか。
運送系などで使われているトラック商用車にはエアサスコイルスプリングといったサスペンション形式のものも出回っているが、板バネを使うリーフ式サスペンショントラック商用車もまだまだ多いらしい。そういった層に「中野スプリング」の板バネが上手くマッチングしているようだ。

また「中野スプリング」からは、旧車ファン自動車カスタマイズ向けのオーダーも受けるという興味深いお話も伺った。純正相当のものから、ショップやオーナーさん好みの板バネチューニングまで出来るそうで、当日のブースでも、旧車や古いランドクルーザージープジムニーといったリーフ式サスペンション形式の車を例に、自社ビジネスの一つとして強く推されていた。

旧車ファンからすれば、これは嬉しい限りだろう。また若い車好き世代の間では、ジムニー軽トラチューニングカスタマイズを楽しんでいる層もあると聞く。そういった人達には「中野スプリング」が提供する板バネが良い選択肢になるに違いない。
時間の関係でこれ以上の詳しい話は聞けなかったが、少量多品種短納期を謳っていたので、小ロット生産も問題はなさそうだ。OEM供給も実績は豊富のようなので、例えばショップやディーラーオリジナルの板バネを制作してもらい、販売するのもありかもしれない。

興味を持たれた方は、「中野スプリング」へぜひ問い合わせてみてほしい。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力】
中野スプリング

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。
サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。

Top