You are here
Home > EVENT > 【名古屋オートトレンド2017】AE86-EVに見る楽しみの可能性

【名古屋オートトレンド2017】AE86-EVに見る楽しみの可能性

名古屋オートトレンド_ae86_20170309

ここは、未来の自動車業界を担う若者を育成する専門学校「トヨタ名古屋自動車大学校」、通称TTCNの卒業研究の成果を発表するブース。

そこに鎮座する一見「頭文字D」等でもおなじみのAE86、白黒のパンダトレノ。どんな仕様なのかとエンジンルームを覗くと、見慣れた4AGエンジンではなく、銀色の巨大なボックスと一般でよく見られる自動車バッテリーが配置されているのみ。

名古屋オートトレンド_ae86_20170309_01

実はこのAE86は電気自動車。いわゆるEVカーへ改造されたものだとか。先ほどの銀色のボックス内には、走行用バッテリーを配置しているらしい。人気車種のAE86をここまで大胆に改造する気合いにかなり驚いたが、それとともに、どのような仕様なのかとても興味を引かれた。

応対してくれた学生さんの話を聞きながら、各部に迫ってみた。

名古屋オートトレンド_ae86_20170309_02

一般に市販されているハイブリッドカーEVカーでは走行用バッテリーには「リチウムイオン」が使われているが、このAE86は、ガソリンスタンドやカー用品ショップで市販されているような鉛蓄電池タイプの自動車バッテリーを複数個使っているそうだ。

これは、コストと作りやすさの関係でそのような選択になったらしい。「リチウムイオン」のほうが蓄える容量も段違いであり重量も軽減されるなどメリットは多い。半面、鉛蓄電池タイプの自動車バッテリーでは、複数個繋げないと走れるパワーも容量も稼げず、それでも「リチウムイオン」に比べ航続距離が稼げないのだとか。このAE86も、航続距離はせいぜい40kmほどだという。

もちろん市販化を前提としない研究車両なのでこれで十分だろうが、ぜひとも「リチウムイオン」仕様も見てみたいところである。

名古屋オートトレンド_ae86_20170309_03

トランクの中を覗いてみる。AE86の雰囲気を壊さないよう、内装はかなり残されている。タワーバーも装着されているあたりに、AE86に対する製作チームの拘りを感じられる。モーターとそれに絡む周辺ユニットを配置するため、リアシート周辺が犠牲にはなっているが、言わなければ何か荷物を載せているようにしか見えない。見事なレイアウトだ。

名古屋オートトレンド_ae86_20170309_04

トランク内部に配置されたモーター周りのユニットのアップ。編者、電気知識には疎いのだが、発熱による冷却ファンの数や大きさが小さいのがちょっと気になった。駆動系との連動や走行抵抗などを考えるとモーターにはかなりの負荷がかかるように思えたのだが、担当者曰くこれで普通に走れるらしい。見えないところで対策が施されているのかもしれない。

名古屋オートトレンド_ae86_20170309_05

運転席。BRIDのフルバケットシートはお約束だが、こちらもノーマルのAE86の雰囲気を大事にしている。

よく見たらおわかりかと思うがこのAE86、実はMT車なのだ。一般的にEVカーというと、合ってもAT車が当たり前。モーターの回転だけで全ての走行域を賄えるEVカーなのだからクラッチも必要がなく、極端な話、ギアチェンジ自体もまず必要がない。モーター自体の出力特性で全て決まるわけだ。

そこへあえてMTをチョイスするあたり、さらにここの研究に興味が沸いてきた。ゼロ発進時ではモーターも止まっているため半クラッチの必要はないが、走行中のギアチェンジでは当然モーターは回っているわけで半クラッチは必須となるはず。いきなりクラッチを繋ぐとモーターへの負荷が増大するからだ。

現状は大きな問題は発生していないようだが、さらに高い高速域ではどうだろう?他にもモーターの出力特性、駆動系との連携、走行抵抗など、検討しなければいけないパラメータはたくさんある。今後の研究の展開に期待したいところである。

トヨタ本社も関心を持っているというこのAE86-EVEVカーでもドライビングの楽しさをさらに高める研究は必須事項だろう。このAE86をステップに、運転の楽しいEVカーが市場に出てくれる事を願うばかりだ。

【取材–文―写真】
編者(REVOLT-IS)

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。
サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。

Top