You are here
Home > EVENT > 【東京オートサロン2017】演出も必須なチューニングメーター

【東京オートサロン2017】演出も必須なチューニングメーター

東京オートサロン_トラスト_シリウス_20170308

今、チューニングカーファンの間で注目のメーターとも言えるトラストのチューニングメーター「シリウス」。
戦闘機のヘッドアップディスプレイを思わせるような未来的なデザインと演出が、「東京オートサロン2017」で多くの人の関心を惹きつけていた。当時聞いた話とその後聞いた話を交えながら、あらためて紹介してみたいと思う。

東京オートサロン_トラスト_シリウス_20170308_01

メータ―システム自体は、他車の某システムと基本的に同じようなものと考えていいだろう。コントロールユニットを基点にメーターを増設していく感じ。もちろんどの車でも装着可能だ。昨今、ODBC対応の電装パーツが増えつつある中でのこのような製品のリリースは嬉しい限りだ。

東京オートサロン_トラスト_シリウス_20170308_02

透過表示板に突如として表示されるメーター情報。ビジュアルが一番派手だったモデルである「シリウスビジョン」。運転席のドレスアップにも効果的な感じで、戦闘機感覚を備える事が出来るだろう。
肝心のメーターとしての性能だが、視認性の面で若干の不安を感じる。担当者は問題ないと語っていたが、実際に装着したオーナーさんの換装を聞いてみたいところである。メーターである以上、どんな時でも正確な情報をドライバーに送る必要があるのだから。

東京オートサロン_トラスト_シリウス_20170308_03

こちらは従来からのデザインを受け継いだかのような「シリウスメーター」。昔からのファンからすれば一番馴染みやすいメーターではないだろうか?とはいえ全く同じデザインというわけでなく、メーター板が立体的に見えるような工夫がこらされている。
また、事前に定めた規定数値に達したらメーター板色が変わるのもいい。いちいちメーターを見なくても瞬時に判断して適切な対応へ移行できるからだ。

東京オートサロン_トラスト_シリウス_20170308_04

シリウスユニファイ」。前述の「シリウスヴィジョン」と「シリウスメーター」を組み合わせたモデルだ。双方で役割を分担して一つのメーター内表示できる事が最大のメリット。例えばブースト計と油温計を組み合わせて一つのメーター内に表示させる事だってできる。
もちろん、最初に「シリウスヴィジョン」か「シリウスメーター」のいずれかを買い、後々にもう一つを買ってシステムアップする事も可能だ。
個人的には、狭いメーター内に複数の情報を表示させる事による見づらさが懸念されるが、これも実際に購入したオーナーの感想を見てみたいところだ。

機能部品も演出の時代、そう感じさせる「トラスト」の「シリウス」だが、ストリートで使うぶんにはカッコいいメーターである事は間違いない。ドライバーもやる気にさせてくれるだろう。あとは価格面。他車の同型のメーターシステムと比べても割高であるのが気になるところ。
どれだけユーザーの心を掴み購入に至らせるまでになるか?もうしばらく待ってみたいと思う。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。
サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。

コメントを残す

Top