名古屋オートトレンド_20170307_02

廃盤自動車部品も製造する555三恵工業


自動車イベント「名古屋オートトレンド2017」で興味深いブースを見つけた。
それは「三恵工業」という滋賀県の自動車部品製造メーカーで、555という自社ブランドから、ラック&ピニオンとリンケージ周りのステアリングパーツ、サスペンションアームといった自動車補修部品を製造している。

名古屋オートトレンド_20170307_01

所狭しと並べられた、ランサーEXなど古い車の部品群。
その種類も、タイロットエンド、ラックエンド、アームシャフト、アイドラーアーム、サイドロッド、コントロールアーム、ピットマンアーム、ボールジョイント、スタビライザーリンク、クロスロッドとなっている。
もちろん新品だ。

お話を伺ってみたところ、ここ数年の旧車人気の高まりを受け、こういった古い車に使われていた部品の問い合わせが増えてきたため、自社でまだ型が残っている部品に限り、車種と数を絞っての再生産を始めたという。

名古屋オートトレンド_20170307_03

そして今回の自動車イベント「名古屋オートトレンド2017」。
こちらでは旧車だけの展示スペースが用意されており、トヨタ・セリカLB(通称ダルマセリカ)といった個人所有の旧車が数多く展示されていた。
そういった場がある事を知った「三恵工業」では、旧車部品を製造している事を広くPRできればと、こちらへブース出展を決めたという。

国内自動車メーカーが軒並み古い車部品を廃盤にしていく昨今。
部品再生産は旧車オーナーにはありがたい話だろう。
特にステアリングや足回りは、経年劣化でくたびれやすい箇所の一つ。
そこがシャキッとするだけでも見違えてくる。

最後に「三恵工業」担当者にこんな質問をしてみた。

”どんな車の補修部品でも再生産してくれるのか?”と。

回答はこうだ。

”あくまで自社で型が残っている車種に限られる。しかし、何百名かのバックオーダーが確約されるのなら、新規に型を制作して生産することは可能。まずは問い合わせてみて欲しい”。

【取材–文―写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力・お問い合わせ】
三恵工業

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。