20210726_海老名SA_トイレ_疲労度測定

サービスエリアのトイレでドライバーの疲労度測定


半年ぶりの編集後記です(^^;
ある日、取材に行く道すがら立ち寄った海老名サービスエリア(下り)のトイレで天国へ行く気分を味わっていたところ、そのトイレから”あなたは疲れてますよ”と警告を受けてしまいました。。。

20210726_海老名SA_トイレ_疲労度測定_01

近年、ドライバー疲労からくる事故が多発しているからか、車載機器などにも休憩を促す警告やアナウンスをするものが増えてきました。
そんな背景もあったんでしょうね。
立ち寄った海老名サービスエリア(下り)のトイレには、利用者の疲労度を測定する機能まで付いてきました。

20210726_海老名SA_トイレ_疲労度測定_02

最初にいくつか選択肢のボタンを押し、いよいよ測定開始。
便座にセンサーが付いており、お尻から脈拍を測定し、得られたデータを解析して疲労の度合いを数値化するようです。
測定中は安静が必要なので、天国に行く気分を味わったあとで測定するのが良さそうですね。

実はこの時、車を走り始めて15分少々で眠気もなく、測定中も安静にしていたつもりでしたが、それでも冒頭の通り”疲れている”と。。。
どうも普段から蓄積されていた疲労が出てしまったようです(--;
結果は参考程度という事でしたがさすがに警告は気分良くないので、時間に余裕もあったのでベンチで15分くらい休憩してから目的地へ向かい、翌日は休養を取りました(苦笑)

いやはや、最近のトイレは凄いですね。
いずれ疲労度だけでなく、利用者の健康チェックまでやってくれる時代になるかもです。
今回は海老名サービスエリアですが、他県のサービスエリアでもこのような機能付きトイレが設置されているか気になりますね~。
機会があれば調べてみようと思います。

【文】
編者(REVOLT-IS

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。