20210611_HKS_増速機付き電動過給機(スーパーチャージャー)

高回転モーターを使わず高い空気圧力が得られる電動スーパーチャージャー


人とくるまのテクノロジー展2021の取材記事。
今回は株式会社エッチ・ケー・エス(HKS)の「増速機付き電動過給機」を紹介する。
※本記事中の情報、画像の商用利用、無断転載を禁じます。

「増速機付き電動過給機」とは、以前、電動スーパーチャージャーとして開発が進められていたもので、エンジンの駆動力を使わず電気モーターの力でタービンを回転させて過給するシステム。
今回は、新たにトラクションドライブ式増速機付きとした事で、高回転モーターを使わずとも同等以上のブレード回転数が得られるようになった。
電動スーパーチャージャーの動作状況はこちらの動画でご覧頂ける。

20210611_HKS_増速機付き電動過給機(スーパーチャージャー)_01
(C) HKS
商用利用、無断転載を禁じます。

この開発の背景には、近年のアウディやメルセデス・ベンツの車で採用されている48V電動スーパーチャージャーと、FCV(燃料電池)分野で需要がある空気用電動コンプレッサ―の存在がある。
これらに求められる要件は空気圧力を高める事。
それには、コンプレッサーのブレードを高い回転数で回す必要があるが、それには特殊な高回転モーターが必要となる。
だがHKSではトラクションドライブ式増速機を採用した事で、モーターを変えずとも、特殊な高回転モーターを使ったのと同じくらいの空気圧力を得る事に成功した。
その実力は以下の通り。

【電動スーパーチャージャー例】
[アウディ、メルセデス・ベンツ]
モーター回転数:7~8万rpm ⇒ コンプレッサーのブレード回転数:7~8万rpm相当

[HKSの増速機付き電動過給機]
モーター回転数:1万rpm ⇒ コンプレッサーのブレード回転数:10万rpm相当

今回の展示システムは、トラクションドライブ式増速機+モータ+リア・アシストホイール一体型となっており、今回初めての発表との事。
HKSでは過給機の受託開発を行っており、これまでに機械型、遠心式翼・トラクションドライブ、スーパーチャージャー製品にモータ別体駆動の電動過給システムをオーダーメイドで開発しており、多くの企業への納入実績を持っている。
今回の展示システムは、そうした実績、経験を生かしたものとなっているようだ。

コストや重さ、モーターやシステムの信頼性の面でも興味深い「増速機付き電動過給機」。
ポイントを抑えたメリットが提示されているだけに、採用された車両が我々一般の前に登場する日は、そう遠くないかもしれない。

【文】
編者(REVOLT-IS

【オンライン取材協力 – 写真協力 – お問合せ】
株式会社エッチ・ケー・エス(HKS)
人とくるまのテクノロジー展事務局

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。