2021_車_素材_超軽量_マグネシウムリチウム合金_サンワトレーディング

ホイール等の車部品への応用が期待される超軽量合金


人とくるまのテクノロジー展2021の取材記事。
今回はサンワトレーディング株式会社の「LZ91マグネシウムリチウム(Mg-Li)合金」を紹介する。
※本記事中の情報、画像の商用利用、無断転載を禁じます。

この合金は超軽量、高強度、小異方性、延伸性、EMI特性、優れた成型性や機械特性、熱放射性が良い、振動吸収力に優れる等といった特性を持っており、自動車ホイールをはじめ2次構造部品への応用が期待されている。

2021_車_素材_超軽量_マグネシウムリチウム合金_サンワトレーディング_01
(C) Sanwa Trading
商用利用、無断転載を禁じます。

その名の通り、マグネシウムにリチウムを加えて生成された「LZ91マグネシウムリチウム(Mg-Li)合金」。
製造するのは台湾のAmli Materials Technology社で、特筆すべきはやはりその軽さ。
従来のアルミニウムに対して約45%の軽量化となっており、比重も従来のマグネシウム合金(AZ31やAZ91)が1.8なのに対し、「LZ91マグネシウムリチウム(Mg-Li)合金」は1.5と小さくなっている。
さらに、軽さだけでなく引張強度も従来のマグネシウム合金に近い数値が出ており、現在、さらなる強度向上を目指して開発が進められているという。
ちなみに成形法は鍛造、圧延、スタンピング、鋳造、射出など、用途に合わせて対応可能との事。
材料の供給形状もスラブ、プレート、ビレット、チップと各種ある

要望に合わせた材料設計から加工までフォローできるサービスもあるので、お考えの企業様はぜひお問い合わせ頂きたいそうだ。

軽さは燃費や加速性能、車体性能などに好影響を与えるため、EV車両をはじめ多くの車に採用されれば、さらなるパフォーマンスアップが図られるだろう。
それだけでなくモータースポーツやチューニングパーツ、クラシックカーのレストア部品の開発素材としても検討の余地がありそうだ。

【文】
編者(REVOLT-IS

【オンライン取材協力 – 写真協力 – お問合せ】
サンワトレーディング株式会社
人とくるまのテクノロジー展事務局

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。