20210603_自動車整備_サポート_アイアンハンド_ティー・アイ・トレーディング

自動車整備作業等で把持力を長時間維持するアイアンハンド

人とくるまのテクノロジー展2021の取材記事。
今回は、ティー・アイ・トレーディング株式会社の「アイアンハンド」を紹介していく。
これは、作業者の把持力(物を手で握った時に離さないようにする力)の長時間維持をサポートするもので、それにより長時間作業での疲労と作業ミスの軽減、作業効率や生産性の向上に繋げられるという。
※本記事中の情報、画像の商用利用、無断転載を禁じます。

20210603_自動車整備_サポート_アイアンハンド_ティー・アイ・トレーディング_04
(C) T. I. Trading
無断転載を禁じます。

この製品は、パワーパック付きバックパック(ヒップキャリータイプもある)と肩部ショルダーベルトに装着するリモコンユニット、専用強化グローブとそれを保持するアームストラップという構成。
バックパックタイプ、ヒップキャリータイプとも様々なサイズがラインナップされているため、自分の体にフィットした製品を選ぶ事ができる。

20210603_自動車整備_サポート_アイアンハンド_ティー・アイ・トレーディング_02
(C) T. I. Trading
無断転載を禁じます。

また専用スマホアプリが用意されており、指単位での細かな把持力の調整も可能となっている。

20210603_自動車整備_サポート_アイアンハンド_ティー・アイ・トレーディング_03
(C) T. I. Trading
無断転載を禁じます。

装着はバックパックを背負いながら各ベルトで体に固定していき、強化グローブを嵌めていく。
(ヒップキャリータイプは腰ベルトで装着するが、ショルダーベルトでの固定は同じ)。
強化グローブは指の感触に近づけたものとなっており、実際にはその上に作業用グローブを嵌めて作業する事になる。

20210603_自動車整備_サポート_アイアンハンド_ティー・アイ・トレーディング_01
(C) T. I. Trading
無断転載を禁じます。

長時間、同じ姿勢を保つのが苦しくなるのは誰もが体験している事だが、それは物をずっと掴んだままなのも同じ事。
疲労からくる握力の低下で握る力が弱まり、物を落としたり正確な作業がしづらくなってしまう。
さらに日本生活習慣病予防協会(JPALD)やイギリスのUK Biobankからは、握力の低下で心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まり死亡率が上昇するという発表もなされている。
他にも筋骨格不調や手根管症候群の発症もあるため、職場環境の改善や労働災害の低減は急務となっている。

そこへ登場したこの「アイアンハンド」。
こうした問題の改善になると、自動車メーカーやゼネコンなど世界中の企業で導入が進んでいるようだ。

【文】
編者(REVOLT-IS

【オンライン取材協力 – 写真協力 – お問合せ】
ティー・アイ・トレーディング株式会社
人とくるまのテクノロジー展事務局

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。