You are here
Home > SHOP > S660の可能性

S660の可能性

ショップ_S660COM_3

首都圏を中心としたカー用品店”イエローハット“で、近年盛んに開催されているイベント”オートフェスティバル”。
50ほどのメーカー、ショップが一同に介し、様々なカスタムパーツの展示や即売会に、デモカー試乗やカスタマイズについての相談、アドバイス等をしてくれるとあって、毎回多くの来場客で賑わっている。

そんな中、現在人気の軽スポーツの一台と言える”ホンダ・S660”を持ち込んだ、その名も”S660.COM“を紹介させて頂く。

ショップ_S660COM_2
S660を専門に取り扱うメーカーで、製品ラインナップがドレスアップ系を中心にかなり充実している。当日展示していたS660も、カーボンフードと新型NSXを意識したエアロパーツで固められており、外観をよりスポーティーに仕立てていた。
ライバルと目されるアルト・ワークスと比べて車重が重いS660だが、これらのパーツを付けることで、車両重量の軽減とトラクションアップ等の効果が期待できそうだ。

ショップ_S660COM_1
リア回りも新型NSXS660のデザインを上手く調和させたフォルムとなっている。リアフードもカーボン化する事で、どれだけ操縦性が変わるのか興味深いところである。
ハードトップも開発したい所ではあるが、マウント部分に純正部品を使用しなければならないそうで、それを使うと高価になってしまうらしい。お客様に手の届きやすくかつ高品質なパーツを作りたいという思いもあって、今だ検討段階から脱し切れていないのだとか。

ショップ_S660COM_5
こちらが新開発のS660専用マフラー。2本出口のセンター出しというレイアウト。ちょうどナンバープレートの下側に配置されるらしい。ブルーのカラーがなかなかそそられる。もちろん車検対応だ。
純正バンパーに対応させ、なおかつ自社エアロパーツにも対応させるようにというコンセプトだったため、エキゾーストの取り回しにかなり苦労させられたそうだ。しかしその結果、パワー&トルクが向上してとても気持ちの良いフィーリングになったとの事。軽自動車の車格において、僅かでもこの恩恵を得られる事は大きい。ドライビングがより楽しくなるはずだ。

ショップ_S660COM_4
先ほどのマフラーは、ここのナンバープレートの下側に配置される。現在のナンバープレート横の出口をどうするのかはまだわからない。塞ぐオプションパーツをリリースするのか?マイナーチェンジした新型リアバンパーを制作するのか?今後が気になる箇所である。

センスよくまとめあげられた S660.COMS660。開発に時間をかけすぎたパーツもあって…と苦笑されていた担当者であったが、それだけ品質や性能に拘っていたとも言える。S660を購入されるオーナーは40代以上の世代に多いと聞くが、それらの要素を強く求めてくる方が多いのも、この世代なのだから。
個人的に見ても、ホンダ・ディーラーの正式取り扱いパーツにしても言いんじゃないかと思えるくらいのクオリティを感じた。機会があれば、次回はぜひ試乗を申し込んでみたいと思う。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – お問い合わせ】
S660.COM

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top