20210327_フジツボ_マフラー_エキマニ

フジツボマフラーが長年支持されてきた理由とは?


マフラー、エキマニといった排気系チューニングパーツの老舗専門メーカー藤壺技研工業株式会社(FUJITSUBO)
多くの変化と激動に晒されてきた日本の車社会において、FUJITSUBOの製品は今でも多くのチューニングカーファンに親しまれ続けている。
それほどファンに支持される理由はなんなのか?
オンライン開催となった国際オートアフターマーケットEXPO2021での取材を通し、その秘密を探ってみた。

藤壺技研工業株式会社(FUJITSUBO)の創業は、第二次世界対戦が始まる前の1931年に遡る。
当時は福岡のバイクメーカーとしてスタート。
戦後の混乱期の中では2輪の車体やエンジン開発を手掛けており、様々な苦難の中にあってもひたむきに技術を磨き続けてきた。
そして紆余曲折を経て、横浜に進出してレース専門のチューニングショップを開業。
それが発展して、自動車部品製造を行う藤壺技研工業株式会社が設立された。

当初はレース用部品の開発を行っていたものの、市場のニーズや時代の変化に合わせてマフラーといった排気系部品の開発に一本化。
以来、時代の要求に合わせて様々な製品と多くの車種ラインナップを開発し続けてきた。

20210327_フジツボ_マフラー_エキマニ_05

そんなFUJITSUBOでは、昔から”音質に妥協しない”、”車種ごとに合わせた細やかな機械加工”、”人の手による確かな組み立てや溶接”、”しっかりした検査と出荷作業”という拘りの元、開発から生産、出荷に至るまで一貫して行われており、我々が安心して高性能な製品を楽しめるよう、日々取り組まれている。
2021年3月現在での商品ラインナップは約27種類(※オプションメニュー、グッズ類は含めず)。
それぞれに多種多様な車、チューニングレベルに合わせたモデルが豊富に設定されている。
もちろん全製品車検対応なので、街乗りでも安心して装着が可能。
さらにその多くには3年、60,000kmのメーカー保証まで付けられている、
例えば同じ車でも、ユーザーが違えば状態も使用環境も違うだけに、それだけの保証が備えられている事自体に驚きがある。
それも、これまで磨きあげてきた品質に対する自信の表れから来ているのだろう。

20210327_フジツボ_マフラー_エキマニ_0220210327_フジツボ_マフラー_エキマニ_01

昨今の厳しい音量規制にもいち早く対応できるようにと、FUJITSUBO構内には、加速騒音や近接騒音が法令の基準内に収まっているか計測を行える専用のテストコースが存在する。
このような設備を持つメーカーは日本でも数少なく、高性能なマフラーをいち早く製品化できるのもこうした環境あっての事のようだ。
というのも、自社内で開発中のプロトタイプや量産モデルの品質をテストする事で、その場で得たデータを即座に現場にフィードバックする事ができるからだ。
その結果、開発や生産に要するスピードを上げる事ができるため、確かな製品をいち早くお客様へお届けする事が可能となってくる。

20210327_フジツボ_R33_スカイライン_GT-R 20210327_フジツボ_スバル_WRX_ニュル24

技術や品質への拘りは、FUJITSUBOのモータースポーツへの関わりにも見てとれる。
技術の向上には、厳しいモータースポーツの現場で鍛えられる事が一番と理解されての事だろう。
昔から、耐久レースやラリー競技などといったモータースポーツへも積極的に携わっており、ここからフィードバックされたノウハウが、製品開発にも存分に生かされているという。
高性能、高品質な製品が生み出されるのも納得。
お客様にとっても、自分が装着する製品のメーカーがモータースポーツを戦っているのを見れるのは誇らしく思うに違いない。

20210327_フジツボ_マフラー_エキマニ_03 20210327_フジツボ_マフラー_エキマニ_04

そして数年前から始められたBeSpoke(ビスポーク)と呼ばれるサービス。
これはオーダーメイド(ワンオフ)でマフラーを制作するもので、お客様の要望により保安基準適合品、競技用、マテリアル、サイレンサー、レイアウト、デザインなど好みに合わせながら、世界に一つだけのオリジナルマフラーを制作してくれる。
他にも純正・スポーツマフラー問わず破損個所の修理を行ってくれるメニューもあり、愛車のパーツ不足に悩むオーナーさんには嬉しい内容となっている。
もちろん既製品同様にメーカー保証付き。
制作にあたってもFUJITSUBOの職人がアドバイスをしてくれるため、機能性についても心配はないようだ。

ただし、車種は問わないものの、ナンバー付き車両にも関わらず車検に通らない車についてはお断りされてるとの事。
あとこの記事を書いている現在、あまりの人気ぶりに制作作業が追い付かず、オーダーを一時停止しているという。
一刻も早い再開を心待ちにしておこう。

20210327_フジツボ_マフラー_エキマニ_07

一連の取り組みやサービスを見て感じた事がある。

”出来るだけ多くのお客様の要望に沿いたい。”
”お客様に諦めと妥協を選ばせたくはない。”
”安心して末永く使ってもらいたい。”

という強い思いだ。
この思いからくる企業姿勢が、FUJITSUBOが長年支持されてきた理由なのだろう。
まさにお客様ファースト。
そうしてファンとなった方は日本国内だけでなく海外にも数多く存在し、SNS上で検索すると多くの喜びの声が見られる。

今後、車社会はさらに激動の時代を迎える事が予想されるが、これまでと変わらずFUJITSUBOでは、車のチューニングやカスタマイズを楽しみたいファンの方のための製品を送り出してくるに違いない。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【写真・取材協力 – 問い合わせ先】
藤壺技研工業株式会社(FUJITSUBO)

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。