20210326_ルッチーニ_タイヤ_カスタムカー

カスタムカー乗りに選ばれるルッチーニタイヤ

台湾(中国)のタイヤメーカー”ナンカン”が製造するルッチーニ
日本では2013年頃から販売が開始され、今日まで、主に多くのカスタムカーオーナーに選択され続けている。
多分、東京オートサロンや各地のカスタムカーショーでこのタイヤを履いた展示車を見かけた方も多い事だろう。

今回、総代理店である”中村オートパーツ・タイヤ事業部“が、オンライン開催された国際オートアフターマーケットEXPO 2021へ出展を果たし様々なPRを展開されていた。
そこで、現在のラインナップや人気タイヤについて伺ってみた。

20210326_ルッチーニ_タイヤ_カスタムカー_01

日本国内では、”中村オートパーツ・タイヤ事業部”が専売を行っており、現在は以下の製品ラインナップとなっている。

Buono Sport…スポーティータイヤ
Buono Drive…スタンダードタイヤ
ECOPATH…低燃費タイヤ
Buono Sport ULTIMA…軽自動車向けスポーティータイヤ
TORMENTA X…スタッドレスタイヤ
Buono CUV…CUV専用タイヤ
JOB PRO JP100…ビジネスバン用ドレスアップタイヤ

カスタムカー乗りの間では、サイズが豊富で引っ張りなどのカスタムスタイルにもマッチしやすいとしてBuono Sportが人気という。
特に19~20インチの35・30扁平サイズが好評で、その中でも205/35ZR19 82Yサイズはルッチーニのみの設定として注目されている。
そして軽自動車向けのBuono Sport ULTIMAでは、165/35R17、165/40R17、165/40R16、165/45R16といったサイズが定番商品として多く親しまれているようだ。

20210326_ルッチーニ_タイヤ_カスタムカー_02

もちろん、見た目だけでなくタイヤ性能そのものも磨きこまれている。
中でもスタッドレスタイヤは、冬の北海道で様々な条件下の元に開発テストを繰り返している。
また低燃費タイヤについては、アジアンタイヤでは珍しく社団法人日本自動車タイヤ協会(JATAMA)のラベリング制度による表示も行っており、日本の消費者に対してルッチーニの低燃費タイヤを安心して買ってもらえるよう取り組んでいる。

これまで履いたタイヤが物足りないと感じた方、どうも合わないなと感じていた方は、ルッチーニのタイヤを一度チェックして見るのもいいかもしれない。

【取材 – 文】
編者(REVOLT-IS

【写真・取材協力 – 問い合わせ先】
ルッチーニジャパン

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。