20201118_リベラル_スバル_チューニング

独創的なリベラルのエアロキット – スバル・WRX


スビフェス2020取材記事。
今回はスバル車向けのエアロパーツやチューニングパーツを開発、販売する(株)リベラルのデモカー「スバル・WRX」と「トヨタ86」を紹介する。

20201118_リベラル_スバル_チューニング_01

いかつさを前面に推し出したような、このスバル・WRXのフロントビュー。
これはリベラルが展開するADDICTIONブランドのエアロキットで、今回で愛知初のお披露目となる。
全体的に、ノーマルのボディラインを攻撃的な形へ昇華させている印象。
エンジンの冷却系や空力といった機能面も考慮されている。
コンセプトモデルの発表は東京オートサロン2020で行われたが、それ以来、あちこちからの問い合わせが絶えないという。

20201118_リベラル_スバル_チューニング_02 20201118_リベラル_スバル_チューニング_03

リベラルデザインの独創性はリアビューからも感じとれる。
大胆に抉ったバンパーと大型のダックテールスポイラーは、昨今のGTウイングやスワンウイング装着車とは違ったストリートスタイルが感じられる。
さらにアンダースポイラーには、他ではあまり見られないバーティカルフィンが備わっている。
WRCで見られるバーティカルフィンだが、ウイングに備わっているのが一般的。
その役割はリアスライドを抑制してトラクションをあげるためだが、アンダースポイラー部に装着される事でどのような役割を果たすのか興味深い。

20201118_リベラル_スバル_チューニング_10 20201118_リベラル_スバル_チューニング_11

ところでリベラルでは他にも、スポーツ車全般を扱うバルタブランドのエアロキット開発、販売も展開している。
今回はその代表として、こちらのトヨタ86が展示されていた。
先に紹介したWRXとは違い、こちらはその性能をあえて隠すかのような大人な雰囲気。
とはいえリベラルデザインの根幹は継承されているようで、特にバンパーダクトの形状やリアウイングの拘り具合にその傾向が感じられる。
あくまでストリートカーの域を超えず、その中で個性を上手く出していきたいと思う方には、良い選択肢になりそうだ。

【文・写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ】
(株)リベラル
Subie Fes Japan

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。