20200606_grヤリス_レース_grスープラ_スーパー耐久_トヨタ_物作り

トヨタ社長が知ったお客様目線、プライベーター目線

新型コロナ(COVID-19)による世界的な感染発生により、仕事や生活の様々なところで打撃を受けた今日。
緊急事態宣言の発令もあり、車業界も自動車の生産休止となったり、モータースポーツも延期や中止に追い込まれるなど深刻な影響が続いていた。
しかしその宣言も5月25日で解除され、新規の感染被害も収まりつつあったせいか、車業界も今の状況下で少しでも元に戻せるよう前へ進み始めている。
モータースポーツも、F1が7月5日にオーストリアでの開幕を宣言。
他のカテゴリーでも無観客試合を前提に開催に向けて調整が進められており、我々ファンにとっても明るいニュースが出始めてきた。

ここで、今年の東京オートサロン2020での話題をピックアップ。
トヨタガズーレーシングブースで発表された謎のレーシングチーム”ルーキーレーシング”と、そのチームを通じて行うトヨタの車作りに対する取り組みについて振り返ってみたい。
スーパー耐久レース2020にGRスープラとGRヤリスの2台体制で参戦する”ルーキーレーシング”とはいったい?
トヨタのアプローチとはなんなのか?

20200606_grヤリス_レース_grスープラ_スーパー耐久_トヨタ_物作り_01
東京オートサロンで披露されたスーパー耐久仕様のGRヤリス
20200606_grヤリス_レース_grスープラ_スーパー耐久_トヨタ_物作り_07
スーパー耐久を戦うGRスープラとルーキーレーシング監督の片岡龍也さんとモリゾウ。GRヤリスの開発を担ってきた大嶋和也選手の姿も

”ルーキレーシング”とは、レーシングドライバーの片岡龍也選手が監督として采配を振るうレーシングチーム”ティーズコンセプト”が母体。
”ティーズコンセプト”は、自動車部品メーカー”小倉クラッチ”のサポートを受けてスーパー耐久レースに参戦しているチームだが、そこにトヨタの次世代マスタードライバー(トヨタのテストドライバーの頂点を担う役割)の育成を目的に、数年前からモリゾウ(トヨタの豊田章男社長)のご子息である豊田大輔氏が加入しており腕を磨き続けてきた。
この事はモリゾウ選手の預かり知らぬところであったが、ある日、息子の様子やその活動がどのようなものなのか見てみよう、どうせなら同じ目線で体験してみようという事になり、紆余曲折を経てその年のスーパー耐久レース最終戦に”ティーズコンセプト”の新たな選手としてスポット参戦を決意。
一応、スーパー耐久レースでは新人のレーシングドライバーという事で、モリゾウ選手自らの提案で”ルーキーレーシング”の名前でエントリーする事が決定。
これは、これまで息子が世話になった御礼としてポケットマネーで新たにマシンを提供した事、トヨタ本社の活動ではなく、あくまで個人として参戦するという背景からも来ているようだ。
それがこの”ルーキーレーシング”誕生の起源。
とは言え、2020年の体制を見るかぎり、同じ名前でも目指す方向、目的がかなり変わっているようだ。

例えば、トヨタ支援の元、現在、様々なモータースポーツでトヨタ86が使われているが、プライベーターが使うトヨタ86のレースでは、市販車をレース用に一部改造しただけの車両を使用している。
街乗りとは違い車に多くの負荷がかかるモータースポーツでは、車自体に想定外の不具合が発生する事もある。
だがこれを車自体の不具合だと伝えても、現場担当からは、”街乗りではまず起こり得ない不具合ですから”と、それについての対応を請け負わなかったという。
実際、編者も数年前から同様の話を聞いていたのだが、対応してくれないからと泣く泣くレースを諦めたり、チーム側で走らせ方で妥協をしようと涙ぐましい努力を強いられていた。
車体を改造すればなんとかなる場合もあるが、これらのレースで使うトヨタ86の多くは大幅な改造を認めていない。
市販車の性能そのもので勝負するしかないのだ。
この状況をスーパー耐久レースなどでモリゾウ選手は知ったようで、トヨタとしてモータースポーツでもトヨタ86を使ってほしいと言っているのに、対応を請け負わないとはありえないんじゃないか?と思い改革に着手。
そしてプライベーターとして参加するレースこそ市販車の開発、テストに最適なんじゃないかと考え、GRヤリスともう一台GRスープラを使ったスーパー耐久レースへ、”ルーキーレーシング”として参戦する事を計画された。

20200606_grヤリス_レース_grスープラ_スーパー耐久_トヨタ_物作り_04 20200606_grヤリス_レース_grスープラ_スーパー耐久_トヨタ_物作り_03

チームの主な陣容として、モリゾウ選手をはじめ、トヨタの豊田大輔氏、矢吹久氏、北川文雄氏、チーム監督の片岡龍也選手、レーシングドライバーの蒲生尚弥選手、井口卓人選手、佐々木雅弘選手、小倉クラッチ社長の小倉康宏氏が紹介された。

今回の”ルーキレーシング”計画。
あくまでイチプライベーターに参戦を依頼する点がポイントで、プライベーター目線で様々な不具合、トラブルに遭遇した場合、それをトヨタにあげてもらう事でスピーディーに、タイムリーに対応を行い市販車開発にフィードバックする環境を作りあげようというもの。
とは言え、ただの丸投げではない。
この環境作りには、レーシングドライバーやプライベーターチームと開発エンジニアを仲介する人材が必要不可欠で、それもレーシングドライバーやプライベーターと同じ気持ちになれ、それでいて最先端の車開発を担う者でなければならない。

20200606_grヤリス_レース_grスープラ_スーパー耐久_トヨタ_物作り_02
スーパー耐久はじめ、多くのモータースポーツでの活躍が期待されるGRヤリス
20200606_grヤリス_レース_grスープラ_スーパー耐久_トヨタ_物作り_06
GRヤリスの開発を担ってきた石浦宏明選手、大嶋和也選手も登壇された。

ここで先のマスタードライバー育成にも繋がってくる。
レーシングドライバーが市販車開発に携わることはあるが、ただ車の開発部署全員がレーシングドライバーの運転に対するスキルや理解が
トヨタのテストドライバーがプライベーターと一緒になってレースを戦い、時に一緒に走ったり手を汚していきながらレースに対する姿勢や走らせる車に対して理解を深めていくことで、実際の市販車テストの場でもユーザー目線でより適切な情報提供が出来るようになるのでは?と人材育成の面でも期待されている。

日本の自動車メーカーに限って言えば過去に市販車PRの一環で独自にチームを組んでの参戦事例はあったが、レースはあくまでプライベーターに任せ、そこで発生した様々な事象を市販車開発に取り込もうという”ルーキーレーシング”計画は、これまでにない画期的なニュースと言える。
将来的に、プライベーターにレース参戦車両としてGRヤリスやGRスープラを安心して選択してもらおうという考えもあるようで、ワークスとしての活動とは別に、より多くの人に対してモータースポーツ支援を強化していくようだ。

本来ならこの時期、富士24時間レース含めスーパー耐久シリーズも数戦消化していたはずなのだが、ご承知のように新型コロナ(COVID-19)の影響で延期、中止が相次ぎ、市販車開発、生産でも大きなダメージを被る事態となっている。
GRヤリスの市販車販売に向けても佳境を迎えていたはずで、今回の事態は本当に残念でならない。
東京オートサロンでは冗談を交えつつ、多くの人に車を楽しんでもらう様々な提言をしてくれたモリゾウも、トヨタグループの全責任を担う豊田章男社長として前代未聞の苦難に立ち向かっている。
その心中は計り知れない。

こういう状況だからこそ、日本のファンにはぜひモリゾウを応援して欲しいと思う。
賛否両論はあるが、この方の尽力で多くの環境が良い方向に変わり始めているのは事実。
我々と同じ車好き、モータースポーツ好きの気持ちがわかるこの方の存在は、もはや日本の車社会に無くてはならないものとなっている。
もしモリゾウの名前がレースのエントリーに記載されていたら、精一杯の声援を送ろう。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ】
TOYOTA GAZOO RACING
TOYOTA
東京オートサロン事務局

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。