20200320_テイン_ダンパー_車_ワンオフ_サスペンション_車高調

どんな車種の車高調でも制作する

国内外のモータースポーツシーンでも活躍中の国内サスペンション・ダンパーメーカー”テイン(TEIN)”。
チューニングカー好きの間でも選択肢の一つとして入れられるくらい人気のチューニングパーツブランドだが、自分の愛車に適応する車高調やダンパーの設定がない事も多く、泣く泣く諦めているオーナーさんも多かったと聞く。
そんな声に応えてなのかわからないが、テインではフルオーダーメイド、つまりワンオフでダンパーを制作する”スペシャライズド・ダンパー”サービスを開始している。

20200320_テイン_ダンパー_車_ワンオフ_サスペンション_車高調_01 20200320_テイン_ダンパー_車_ワンオフ_サスペンション_車高調_02

ここNostalgic 2Days 会場のテインブースに展示されていたこのアウディ・クアトロの足回りにも、今回の”スペシャライズド・ダンパー”サービスで制作された車高調が備わっていた。

このサービスの特徴は記事タイトルにもある通り、どんな車種向けダンパーの制作でも可としている点にある。
もちろんスプリングレートや減衰力、車高調整機能やアッパーマウント有無の指定は可能。
さらに純正形状のノーマルダンパーの外側だけ流用し、中身をTEIN製にする事も出来る。
そして品質は市販品と変わらないクオリティを持たせてるとかで、塗装も防錆コーティングも市販品と同じものとしているそうだ。
他にも、過去にTEINで制作していた車高調、ダンパー、スプリングのオーダーも可能、市販品に対して設定していた後付けオプションパーツの装着も可能としているそうで、その充実ぶりはかなりのものだ。

価格はワンオフ品というだけあって市販品に比べると高めだが、他と同じランクの競合サービスと比較すると、車によっては三分の二か半分くらいまでに抑えられている。
少し頑張れば手が届くかもしれない。

パーツ不足が問題となっている昨今なだけに、オーナーさんにとっては朗報だろう。
他にも箱スカや2000GT、ランサーターボ、ファミリアといった過去の名車の制作事例があるようで、既に多くの実績を積まれているようで、余程のレアな作りの車でない限りは、どの車用でも制作に問題はないだろう。
気になった方はぜひ問い合わせて頂きたい。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ】
TEIN

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。