20200225_GT-R_アテーサ_ニスモ_修理

GTRのアテーサETS故障を修理したい

人気の第二世代スカイラインGT-Rの純正部品復刻プロジェクト”NISMOヘリテージパーツ”が話題だ。
プロジェクト発足当初は取り扱い品目は限られていたが、今日ではその部品点数がかなりのものとなっている。
そして昨年2019年9月からは、満を持してアテーサET-Sの修理受付も開始された。

20200225_GT-R_アテーサ_ニスモ_修理_01 20200225_GT-R_アテーサ_ニスモ_修理_0320200225_GT-R_アテーサ_ニスモ_修理_0220200225_GT-R_アテーサ_ニスモ_修理_05

BNR32の販売終了から今年で26年が経過。
廃版や価格高騰などで部品が手に入りづらくなり、年々修理も困難になってきている。
その状況は第二世代GT-Rの特徴とも言える電子制御トルクスプリット4WD、通称「アテーサET-S」でも同じ事で、特にこういった駆動系が死ねばまず走行は不可能。
例え外装や車体が綺麗に仕上がっても、手放さざるを得なくなってくる。

今回”NISMOヘリテージパーツ”が打ち出したアテーサET-Sの修理プランは、GT-Rを長く大事に維持したいオーナーさんや、これからGT-Rオーナーになろうとする方にとって、今後の安心保障を得た感じだろう。
具体的な修理メニューはこちらをご覧頂きたい。

20200225_GT-R_アテーサ_ニスモ_修理_04

今回、ノスタルジック2Days会場でお話を伺ったのだが、その時点でNISMOではアテーサET-S修理を12機請け負っているという。
その修理内容も、なんでも請け負っているのかと思えば少し違うようで、修理しないと全く機能しない状態のもののみに限定している。
そしてユニット単体の持ち込みではなく、あくまで車ごとによる修理依頼でとなっている。

NISMOとはいえ、量産自動車メーカーでもなく大規模工場を構えているわけではない。
採算ベースで考えても、まず大量のユニット修理を行える常設の体制作りは困難。
ユニット自体も部品によっては交換が必要な物、既に廃版の物、まだ使えそうな物をその都度吟味しながら修理を行っていくため、その一つ一つにかなりの手間暇がかけられる。

現状の体制では、修理受付から完了までの期間は約二ヶ月。
これが長いか短いかは個々の判断に委ねるが、この中にはメーカーの生産ラインを使っての検査も含まれている。
もちろん、品質が悪ければ組み直しもありえる。
採算も考慮しつつ、一機一機を大事にしっかり組み上げていくなら、今の体制と二ヶ月という期間はベストなのかもしれない。

長年のレース活動や、日産系チューニングカー開発で技術を積み重ねてきたNISMO
そのNISMOの手で、信頼性向上と最適化がなされたアテーサET-Sが手に入るこの修理プラン。
修理受付は、全国のNISMOパフォーマンスセンターで行っている。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ】
NISMO

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。