20200108_ワークス_トヨタ86_1JZ86_1JZ_GTE

1JZエンジン載せ替えのトヨタ86を提言 – 東京オートサロン2020

東京オートサロン2020ピックアップ

迫力のローダウンとワイドボディ、そしてネガティブキャンバースタイルでキメてきたこのトヨタ86。
制作は横浜市都筑区のカー・チューニングショップ”WORKS”
エンジンはなんと1JZ-GTEをスワップしており、スタイルだけでなくその走りも気になるところ。

20200108_ワークス_トヨタ86_1JZ86_1JZ_GTE_0720200108_ワークス_トヨタ86_1JZ86_1JZ_GTE_01 20200108_ワークス_トヨタ86_1JZ86_1JZ_GTE_03

JZ86という名称が与えられたこのトヨタ86。
外装は全体的にPANDEM/Rocket Bunnyのフルエアロでまとめ、ホイールはオーダーカラーのワーク製マイスターS1をインストール。
そしてこの車高を実現させている足回りだが、BLITZ製車高調に運転席からでも自在に車高調整を行えるAIR LIFTERを組み合わせた。
今回はイベント用車高で展示されていたが、通常時はAIR LIFTERで車高を上げて車高9センチメートル以下NGという法規制もクリアできるようになっている。
これだけワイドかつボリューム感たっぷりながら、ハミタイ(はみ出しタイヤ)ではない点にも注目だ。

20200108_ワークス_トヨタ86_1JZ86_1JZ_GTE_04 20200108_ワークス_トヨタ86_1JZ86_1JZ_GTE_05

内装に見えるは、WORKSとアフターパーツメーカーGOODGUNがコラボしたワンオフのフルバケットシート。
カラーはボディと統一しつつ、そこにはロゴの刺繍も施されている。
そしてそこに装着されているのは、同じくGOODGUN製の4点式シートベルトだ。
ステリングもGOODGUN製でかためられている。

20200108_ワークス_トヨタ86_1JZ86_1JZ_GTE_06

エンジンは既報の通り、1JZ-GTEエンジンでVVT-i(可変バルブタイミング機構)付へスワップ。
これはマーク2、チェイサー、クレスタ系列のスポーツグレード向けエンジンであり、パワーを出しやすく経験豊富な事もあってか、チューニングベースエンジンとして無類の人気を誇っている。
エンジンマウントはそのままでは使えないので、オリジナルのものを作成。
ミッションも同じくマーク2、チェイサー、クレスタ系のR154純正へ変更している。
さらにノーマルコンピュータのCAN通信を解析して、トヨタ86の持つ全機能は正常動作するそうで、それによりメーター、パワステ、エアコンも問題なく使えるそうだ。

20200108_ワークス_トヨタ86_1JZ86_1JZ_GTE_02

これだけ手が入ったトヨタ86ながら、制作したWORKSでは公認取得を目標としてさらなる調整を進めていくという。
本来なら公認を取得してからの東京オートサロン展示といきたかったが、時間の関係で断念。
その後どうなっているかは、開設したばかりの公式Twitterをぜひチェックして頂きたい。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【写真協力】
T’s photograph
RiPict
NightVisonみつ

【取材協力 – 問い合わせ】
WORKS
NightVisonみつ
東京オートサロン事務局

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。