You are here
Home > EVENT > 軽量にパンクレスに空力まで攻めていく – YOKOHAMAタイヤ

軽量にパンクレスに空力まで攻めていく – YOKOHAMAタイヤ

20191117_横浜タイヤ_アドバン_パンクしない_パンクレス_空力

東京モーターショー2019の取材記事。
走り屋やスポーツカー好きには憧れのブランドの一つであるADVANを擁するYOKOHAMAタイヤ
今さら語るまでもないくらい日本を始め世界の車、モータースポーツ車両の足を支えてきたタイヤメーカーだ。
そのYOKOHAMAタイヤのブースを見ると、軽量化や空力といった言葉が並んでたり、ランフラットタイヤとは違う新発想のパンクレスタイヤまで展示されていた。
一つずつ見ていこう。

20191117_横浜タイヤ_アドバン_パンクしない_パンクレス_空力_04 20191117_横浜タイヤ_アドバン_パンクしない_パンクレス_空力_05

部品だけでなくタイヤにまで軽量化の波が押し寄せる昨今。
車体性能を向上させるだけでなく省資源化にも役立つとあってか、YOKOHAMAタイヤだけでなく各タイヤメーカーも積極的に開発を進めている。
その開発状況をより体感してもらおうとしてか、こちらのブースでは従来のタイヤと軽量化したコンセプトモデルを実際に持ってその差を体感できるようになっていた。
さっそく持ち比べてみたところ、従来モデルは力を使わないと持ち上がらなかったが軽量モデルはほとんど力がいらず、思わず「えっ。。。なにこれ。。。」という言葉を漏らしてしまった。
これなら、女性でもタイヤを運んだりタイヤ交換をするのとか楽勝かもしれない。
ほとんど疲れないはずだ。

20191117_横浜タイヤ_アドバン_パンクしない_パンクレス_空力_03 20191117_横浜タイヤ_アドバン_パンクしない_パンクレス_空力_01

先ほど持ち上げた軽量タイヤ。
よく見るとヒダのようなものが付いている。
当初これを見たときは生産時に出来るバリのようなものかと勘繰ってしまったが、そうではなく空力効果を考えたサイドフィンとのこと。
一部のモータースポーツカテゴリーでは試験的に導入されている技術で、このフィンを付けたタイヤが回転する事で空気の渦を作り、車体サイドの空気の流れを適正化して空気抵抗を低減させる効果を狙っている。
空気抵抗が低ければ、少ない力で車をより前に進める事が出来るため、燃費にも良い影響を与えそうだ。
今の省資源、効率を求めた車開発にぴったりと言えるだろう。

それにしても。。。まさかタイヤ自身にも空力性能を持たせる時代がくるとは。
もちろんまだ開発段階ではあるし、空力はタイヤだけでなく車両全体とのバランスを考える必要がある。
デザインや装着するエアロパーツ、車高ひとつでも空力バランスは大きく変化するので、それらに対しどこまで許容できるかがポイントとなってきそうだ。

20191117_横浜タイヤ_アドバン_パンクしない_パンクレス_空力_06 20191117_横浜タイヤ_アドバン_パンクしない_パンクレス_空力_07

パンクをしないタイヤは車に乗っている方全ての願望と言える。
新世代の自動運転車に合わせ、所謂”エアレスタイヤ”開発が各メーカーで盛んに行われているが、我々一般からすればまだ遠い話。
現実的には、パンクをしても一時的に低速で走る事が可能なランフラットタイヤの選択となるだろう。

ブースには新技術のランフラットタイヤが展示されていたが、その隣にはもう一つのコンセプトで作られたタイヤが。
これはセルフ・シール・コンセプトタイヤと言って、タイヤの裏側一面に粘着性の強いシーリング材が塗布されているのが特徴。
例えば釘が刺さった場合、それを抜くと内側のシーリング材が外へ飛び出す方向で噴出し、そのまま穴を塞いでいくという。
言葉よりも動画のほうが仕組みがわかりやすいと思うので、以下にYOKOHAMAタイヤの公式動画も貼りつけておく。

ランフラットタイヤはゴム部分自体でしばらく走れるよう剛性をより高める必要があるため、従来のタイヤと比べて重くなってしまうのが欠点。
スポーツカー乗りでも走りに拘る方は、例え純正採用されたランフラットタイヤでもそれを通常タイヤに付け替える人がいるほどで、重さは無視できない要素なのだ。
だがこのセルフ・シール・コンセプトタイヤなら、シーリング材を塗布する以外は通常タイヤと変わらないので重さは気にならないはず。
価格もランフラットタイヤより落とせるだろう。

現在はまだまだ開発の域を出ず、実用化に向けて超えなければいけない課題をいくつも抱えているという。
個人的にはぜひとも、真っ先に商品化して頂きたいが。。。

あっ、念のため書いておくが、セルフ・シール・コンセプトタイヤもパンクした時に一時的に低速で走行可能なようにしたものなので、パンクした際は早急に新品タイヤへの交換をお願いしたいそうだ。

【取材協力 – 問い合わせ先】
横浜ゴム株式会社
東京モーターショー事務局

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top