You are here
Home > EVENT > 新型NSXの人気と販売状況

新型NSXの人気と販売状況

20191116_Honda_NSX_販売台数

東京モーターショー2019の取材記事。
ホンダのフラグシップスポーツカー「NSX」。
新世代モデルとなってからもその人気の衰えぶりは陰りを見せない。
それはこの東京モーターショー会場のホンダブースを見ても一目瞭然だ。

20191116_Honda_NSX_販売台数_03

東京モーターショーではどこのメーカーも一般来場者が展示車両へ乗り込めるようになっていたが、それはここホンダも同様。
現在販売中の車両を自由に体感できるようになっていたが、その中でもこのNSXだけは別格。
まるでそこにセクシーなキャンギャルがいるかのごとく人が詰めかけ、ぜひ間近で見てみたい、その運転席を体感してみたいとばかりに行列と人垣が出来ていた。
車両価格が2400万円以上と初代モデルに比べて大きく跳ね上がり、もはやフェラーリやランボルギーニと言ったプレミアムスポーツと同等と言えるポジション。
こうして集まった人たちの羨望も納得だ。
やはり車のショーはこうでなければ。

20191116_Honda_NSX_販売台数_01

先にも書いたようにプレミアムスポーツとも言える存在となったこのホンダ・NSX
ではその販売台数はどうなのだろ?
こうした車の場合、あえてプレミアムイメージを持たせるため高値少量生産だったり、販売する国ごとに車の割り当て台数が決まっていたりするが、この日本ではどうなのだろ?

20191116_Honda_NSX_販売台数_02

東京モーターショーの取材日(2019年10月24日)時点、国内では40台ほど販売されているという。
またこれに加え、海外では400台ほどの受注があったそうだ。
これは当初の想定を遥かに上回る数字らしく、現在はなんと生産を一時止めているという。

普通の量産車ならここぞとばかりに増産となるところだろうが、こういったプレミアムで特殊な車の場合はそうはいかない。
生産ラインの都合もあれば、人、関われる時間、材料、技術も段違いのこの車は、開発コストがかかっているだけにきっちり販売して回収する必要がある。
大量に余らせるような事になったら、特にホンダのような大衆車メーカーなど屋台骨を揺るがす事態になってしまうし、それこそ安売りセールなどしようものなら、せっかく積み上げてきたNSXの価値を大きく下げてしまうことにもなる。
需要とのバランスをしっかり見極め、慎重に適切なタイミングでの生産と販売を行っていく必要があるわけだ。

それだけ世界の注目を浴びていると言えるこの新世代ホンダ・NSX
一時は一部ジャーナリストに酷評もされていたが、こうして広く一般に受け入れられている事実がその現実的な評価を物語っている。
機会があれば編者も一度、そのステアリングを握ってドライブしてみたいものだ。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
ホンダ
東京モーターショー事務局

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top