You are here
Home > OWNER'S > 伝説と共にドリフトを楽しみたい – トヨタ・マーク2

伝説と共にドリフトを楽しみたい – トヨタ・マーク2

20191022_マーク2_90_テンション_ドリフト_ブーストアップ

チームTENSION
神奈川、静岡を中心としたメンバーで構成されたドリフトチームの一つで、結成から25年近くのキャリアを持つ。
今回紹介するのはそのチームメンバーの一人。
90マーク2を駆るGOさんだ。

20191022_マーク2_90_テンション_ドリフト_ブーストアップ_11 20191022_マーク2_90_テンション_ドリフト_ブーストアップ_12

お話を伺ったのはバリドリ天国のイベント会場。
本イベントは2輪、4輪の走りの祭典で、茂原ツインサーキットを舞台に年2回開催されている。
チームTENSIONも、今回の主役であるGOさんをはじめ毎回多くのメンバーが参加しており、熱いドリフトで観客を沸かせてくれている。

20191022_マーク2_90_テンション_ドリフト_ブーストアップ_2

そして今回の主役であるGOさんは以前ピンクの100系トヨタ・チェイサーで参加していたのだが、その走りの感想を一言で言うと技巧派。
例えば、フリー走行前半は車の調子を見たりセッティング変更の確認に徹しながら比較的に抑えめに走るものの、良いバランスに仕上がったり感触が掴めてくると後半は徐々にペースをあげ、アクションも派手になってくる。
そうなってくると角度もスピードも大迫力になってくるのだが、それでいて車に無理を強いているようにも見えず、走りは毎周安定している。
そして事前の危機回避能力もかなりのもので、編者がGOさんを見始めてからクラッシュ現場を見た事がない。
いつも安心して観ていられた。

そんなGOさん。
なんと昨年にこの90系のトヨタ・マーク2に乗り換えていた。
これには編者も含め多くの方が驚いたのだが、その理由と言うのがこれぞエンジョイドリフト、車を長く楽しむための秘訣だなと言えるものだった。

話はGOさんが免許取りたての頃に遡る。
ドリフトをやりたくて最初に選択したのが4ドアのR32スカイラインだった。
当時はシルビア、180SXが主流だったそうだが、自分もその中で同じように走れるようになりたいと頑張っていたという。

そんな時、雑誌に掲載されていたあるドリフトチームの姿が目にとまった。
現在も走ってて多くのドリフト好きに慕われ、みんなからはレジェンドと尊敬されているそのチーム。
当時から走りだけでなく車体も鬼キャン仕様などでバッチリきめており、そのスタイルにGOさんはすっかり惚れ込んでしまった。
その中でもチームの90チェイサーに強い憧れを抱いたそうで、ちょうど32スカイラインが調子悪かった事もあり、どうせなら憧れに近づきたいと同じ90系でも自分好みの90マーク2に乗り換える事を決意した。

だが当時の90マーク2は中古相場価格が270万ほど。
これは難しい金額だなと悩んでいたところに、モデルチェンジで100系のマーク2/チェイサー/クレスタが発売開始された。
そんな時に憧れの90チェイサーのオーナーさんが100チェイサーに乗り換えたという話を聞きつけ、100チェイサーの新車価格が90マーク2の中古相場価格とそれ程大差がなかった事から、なら自分も憧れと同じ車でと100チェイサーへの乗り換えを決めた。

余談だがGOさんと編者が知り合った頃は100チェイサーを2台所有してて、この時に新車購入したチェイサーがその内に1台。
現在は赤色で塗られており、今でもメインカーとしてドリフトから街乗りまで乗られているそうだ。

話を戻そう。

現在も所属するドリフトチームTENSIONに入りさらに腕を磨き続けてきたGOさん。
走りも認められるようになり、団体ドリフトやツインドリフトでもレジェンドや多くの方々と走り合えるようになってきた。
そんな時、レジェンド達がブーストアップ仕様という条件で作った90/100系の車による団体ドリフトを見る機会があった。
コンセプトは、お金をかけなくともブーストアップでこれだけ走れる事を見せたいというものだったが、その走る姿がとてもカッコよく、それでいて皆がとても楽しそうに見えたという。
なんであんなに楽しく走れるのだろ?それなら自分も90系のブーストアップ仕様に乗ってみたいと、そんな思いがフツフツと沸き始めた。
そして、ちょうどピンクの100チェイサーの車検切れが迫っていた事も後押しとなり乗り換えを決意。
希望する玉がなかなか見つからなかったものの、偶然良い話が舞い込み、念願の90マーク2を手に入れることとなった。

20191022_マーク2_90_テンション_ドリフト_ブーストアップ_1 20191022_マーク2_90_テンション_ドリフト_ブーストアップ_4 20191022_マーク2_90_テンション_ドリフト_ブーストアップ_3

さてこの90マーク2。
徹底的に拘りぬいてやろうと外装、特にフェンダー周りなどレジェンドの方々のサポートも受けて仕上げられており、色もレジェンドの駆る車に近い色をと赤系統でまとめられている。

20191022_マーク2_90_テンション_ドリフト_ブーストアップ_10

そしてブーストアップ仕様のエンジン。
以前のピンクの100チェイサーはフルタービン車両だったが、その違いはどうだったか?
基本的にパワーが低下したような感じはなく、以前の100チェイサーより運転に余裕が出てきたのとの事。
何より横に飛ばした時の飛距離も出ているようでとてもコントローラブル。
走っててとても楽しく、その事に嬉しい衝撃を受けたそうだ。

以前あるところで、90系から100系に乗り換えた方がまた90系に戻ったなんて話がいくつかあったが、意外と上述の理由も関係しているかもしれない。

20191022_マーク2_90_テンション_ドリフト_ブーストアップ_5

乗り換えた当初はセッティングと走り方に試行錯誤していたようだが、今では理想とする走りのイメージに近づきつつあるようだ。
ここバリドリ天国でも、一緒に入るレジェンド達の胸を借りるとばかりに団体ドリフトの一翼を担っている。

自分の拘りの車で憧れの人、憧れの車と一緒に走れるのが本当に嬉しい。
そう笑顔で話してくれるGOさん。
ドリフトを心から楽しんでいる様子が伝わってきた。


ドリフト、そしてタイムアタックなどでは、上を目指せば目指すほど車にもそれ相応の改造が求められてくる。
レギュレーションのあるモータースポーツ競技ならともかく、一般のフリー走行会では最低限の安全装備があれば基本的に改造の幅は自由だ。
そんな中で常に誰よりも速く、凄く、カッコよくありたいならお金も湯水のように注ぎこまなければならなくなる。
せっかく趣味で始めたのにそんな事になってはお金が続かなくなるし、最初は楽しかったのに段々と気持ちがギスギスしてきて、しまいには萎えてくる。
車で走る趣味をやめた方の中には、意外とこういう人もいるのだ。

自分の出来る範囲で末永く走る趣味を楽しみたい。
そんな思いを抱いた方の中には、自らにレギュレーションを課している方もいる。
例えばこんな感じだ。
・最低限の安全装備だけつけてあとはノーマルに留めておく。
・Sタイヤ禁止。インチアップ禁止。
・エンジンチューニングとタービン交換の禁止。
・普通に街乗り出来る仕様のままとする。
・月に車に使えるお金の上限を決める。

そして今回紹介したブーストアップ仕様もこういった考えから来ている。
長く走りを楽しんでいきたい方は、ぜひ参考にしてみて欲しい。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力】
GOさん
チームTENSION

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top