You are here
Home > EVENT > EJ20ファイナルエディションとスバルがスバルであるために

EJ20ファイナルエディションとスバルがスバルであるために

20191102_スバル_EJ20_エンジン_ファイナル_東京モーターショー

東京モーターショー2019の取材記事。
先ごろトヨタとの資本提携強化が発表されたばかりのスバルブースでは、歴代主力車種の心臓部を担ってきたエンジン”EJ20”最終仕様を搭載したモデル”WRX STI EJ20 ファイナルエディション”のプロトタイプモデルが展示されていた。

20191102_スバル_EJ20_エンジン_ファイナル_東京モーターショー_0320191102_スバル_EJ20_エンジン_ファイナル_東京モーターショー_02

このモデルを眺めていたところ、運よく開発部署の方と邂逅。
その時の話を交えながらEJ20の事、スバルの今後についてまとめてみた。

EJ20の誕生は1988年。
初代レガシィに搭載されて以降、実に30年近く開発、生産されてきた。
10万km連続走行による世界最高速度記録の樹立、WRC世界ラリー選手権での連続タイトル獲得、ニュルブルクリンク24時間レースでのクラス連覇。スーパーGTでの活躍などなど。
それらの活躍には常にEJ20の存在あり。
様々なステージで鍛えられたその技術は、スバルが送り出す多くの車達に生かされている。
まさに今のスバルという存在、歴史を作ってきたエンジンと言ってもいいだろう。

しかしその道程は簡単ではなかったはず。

振り返ってみてほしい。
この30年で自動車社会は大きく変化してきた。
それにより法令も変化し続け、車やエンジンに対する要求も厳しさを増してきた。

パワーやトルクを出し放題、乱暴に言えばオイルやガソリンを使い放題できた時代から、環境に有害な排ガス成分の除去、無駄に燃料やオイルといった資源消費を抑え、効率と最適化を最優先する時代へ。
多くのメーカーがこの流れに対応していく事になる。
そして次世代エンジンや環境にやさしい車の開発にシフトしていくその陰で、対応困難と判断された名車、名エンジンを生産終了させるという苦渋の決断が下されてきた。

だがスバルはEJ20を継続開発する事を決めた。
EJ20の設計者も、まさかこんな厳しい時代に対応させる事になるとは夢にも思わなかっただろう。

基本設計は30年以上前とほとんど変わらないというエンジン。
それに対し、パワーやトルク特性、振動、静粛性、低燃費、排ガス濃度の低下といった相反する要素を、今の時代に合わせて最適化していかなければならない。
なにより水平対向エンジンはスバルと、あとはポルシェくらいしか製造していないため、他メーカーのエンジンを参考、お手本とする事も出来ず、全て自分達の知恵と努力で難題を解決するしかないわけで。
これらの課題を突き付けられてからの苦闘は想像に難くない。
本当によくここまで開発、進化させてきたと思う。

そうしてモデルチェンジ、マイナーチェンジ毎に重箱の隅をつつくような改良がなされてきたEJ20だったが、ここにきてそれも限界に。
これ以上、時代に合わせて改良していくのは困難と判断され、今回の”WRX STI EJ20 ファイナルエディション”へ搭載されるエンジンを最後のEJ20とした。

これまでのスバルの集大成が詰め込まれた究極のEJ20エンジン。
プレミアがつくことは必至だろう。
これからオーナーになる方は、ぜひ大事に乗ってもらいたいところだ。

20191102_スバル_EJ20_エンジン_ファイナル_東京モーターショー_01

さてそんなスバルだが、ファンにとって不安を感じる話題がある。
先に書いたトヨタとの資本提携強化がそれだ。

トヨタ傘下となった事で多くのファンからは”スバルらしさ”が無くなると嘆きの反応が見られるが、まぁ”スバルらしさ”とは何かは置いといて、個人的にスバルと言えば”水平対向エンジン+AWD”だったり箱型のデザイン、”質実剛健”な車体作りをイメージしている。
そういった要素がトヨタ傘下となったことでスポイルされてしまうのだろうか?

いや、その問いには胸を張ってNoと答えたい。
その一番の理由は、フルラインナップメーカーのポジションに拘る理由がなくなった事だ。

開発現場ではこう認識されているという。
”これでウチはスバルのプリウスを開発しなくてもよくなるだろう”。。。と。

つまりこういう事だ。
例えば、これまで他社のEV、ハイブリッドカーに対抗するためスバルも同じ物を独自開発してきたが、これからは無理に開発せずともそのポジションはトヨタに委ねるか、OEM供給で販売するだけでいい。
そのぶん、スバルは得意の水平対向エンジン+AWDを生かしたスバルらしい車開発だけに注力すればいい。

イメージとしては、FIATグループのフェラーリ、アルファロメオ、マセラッティ、ランチア。
フォルクスワーゲングループのポルシェ、アウディ、ベントレー、ランボルギーニ。
といったところか。

グループ内のメーカー同士が喧嘩しあう事はせず、それぞれのメーカーがそれぞれの得意な分野、築き上げてきたブランドを生かした車を開発していくスタイルになるだろう。。。と。

20191102_スバル_EJ20_エンジン_ファイナル_東京モーターショー_04

ちなみにお話を伺った開発部署の方はスバルがWRCで活躍していた頃に入社され、それ以来一貫して水平対向エンジンを開発されてきたという。
トヨタ傘下になった事もマイナスと考えておらず、”これでより水平対向エンジン車開発に絞っていくことが出来るはず”と、ワクワク楽しそうに話されていた。
またチューニングカーファンの存在にも理解を示してくださり、WRCの話題も振ってみると、”そうなんですよ!トヨタさんがあれだけ盛り上げて下さっているのでウチもいずれはやりたいですよねぇ”と笑顔でおっしゃってくれた。

近年のトヨタを見るとウチがウチがではなく、メーカー間で力を合わせて自動車業界全体で盛り上げていこうという姿勢が感じられる。
そういう意味では今回のトヨタ傘下という話もあくまで形式上であり、実際は誰が上で下ではなく、お互いの良い所を生かしながら協力して良い車を作ろうという関係に思えてくる。
そう考えると、スバルはこれからもスバルであり続けてくれるだろうとなんだか安心してきた。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
スバル
東京モーターショー事務局

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top