You are here
Home > EVENT > ランプを通した車からのアプローチ – KOITOの取り組み

ランプを通した車からのアプローチ – KOITOの取り組み

20191029_東京モーターショー_小糸製作所_ランプ_安全性

東京モーターショー2019の取材記事。
老舗ランプメーカーの小糸製作所ブースでは、車自身が外部に様々な情報を発信していく新発想のランプモジュールを展示していた。
そのいくつかをご紹介していく。

20191029_東京モーターショー_小糸製作所_ランプ_安全性_1

20191029_東京モーターショー_小糸製作所_ランプ_安全性_2 20191029_東京モーターショー_小糸製作所_ランプ_安全性_3 20191029_東京モーターショー_小糸製作所_ランプ_安全性_4

こちらは、ヘッドランプから照射される光を制御して路面に文字を投影しようというもの。
例えばGPS、ナビと連動させる事で現在走行中の車線での道路標識や直進、右左折案内を路面へ投影したり、歩行者に対して車が接近中である事、接近中の車の状態をアピールしたりするなどに活用できるという。

なるほど、夜間は道路標識が見えづらいところもあるため、ヘッドランプが示す先に現在の状況やナビゲーションの情報を示してくれると見落としが防げそう。
なにより前方視線を崩す事がないため、前方不注意による事故を減らす事にも役立ちそうだ。

またスマホ歩きが問題視される現代社会において、視線が下向きな歩行者に対し、車が接近中である事を路面にアピールできれば、飛び出し事故防止にも効果的と思われる。
ただ残念ながら日本の法規上、このままでは一般公道で使えないという。
法規と照らし合わせつつ、場合によっては法改正、環境整備を働きかけるなどしながら、実用化に向けてこれからも開発を続けていくそうだ。

ところで、これを見てあるカーテシーランプのカスタマイズを思いついた。
カーテシーランプはドアを開けたときに足元を照らしてくれるものだが、近年は”バットマンサイン”よろしくメーカーロゴを投影してくれるお洒落なランプカスタマイズが出てきている。
これに上述の文字情報を路面に投影する技術を応用すれば、カーテシーランプから表示される字体をその時に状況や好みに応じて変えれたら楽しそう。
自分好みなデザインを表示できるなら、愛車カスタマイズの幅がもっと広がるかもしれない。
そんな話をブース担当者としていたところ、次に紹介する展示品に案内された。

20191029_東京モーターショー_小糸製作所_ランプ_安全性_5 20191029_東京モーターショー_小糸製作所_ランプ_安全性_6 20191029_東京モーターショー_小糸製作所_ランプ_安全性_7

こちらは顔認証をする事で、車から人に対し様々なサインを路面に投影させるもの。
例えば写真のように、足元に”Welcome”と表示させたりできる。

これは、先ほどの編者の考えた応用例に非常に近い展示品と言える。
日本語はもちろんお洒落な字体にしたり、さらに文字だけじゃなくお気に入りの芸能人やアニメキャラクター、Vtuberとかを表示させて出迎えさせるなんてのも面白そうだ。
また顔認証NGの場合、赤い警告メッセージを出すようにすると盗難の抑止力にもなりそうだ。

アイディア次第で様々な用途に使えそうなこれらの展示品。
あくまでメーカーが開発する車への純正採用、もしくはオプション採用を目指して開発中のものだが、アフターパーツとして出てきたら高い関心を集めそうに思われる。
モジュール制御も専用機器を使うだけでなく、スマホを使っての顔認証や表示情報を制御するアプリを専用開発して連動させてみるのもいいかもしれない。

今後の開発にぜひ期待したいところだ。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
小糸製作所
東京モーターショー事務局

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top