You are here
Home > EVENT > 大阪発のリアルワイスピナイト – 06BASE

大阪発のリアルワイスピナイト – 06BASE

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント

“06BASE”というカスタムカーとミュージック、ダンス、クラブ、ライブがミックスしたような野外イベントが開催される噂を耳にした。
それも、まるで映画ワイルドスピード劇中のストリートの雰囲気を醸し出しているという。

車好きな若者の間で今でも熱狂的な支持を受けるワイルドスピード。
過去、劇中に登場した車のレプリカやカスタムカーが登場するようなイベントはあったが、映画の雰囲気そのものをメインテーマに沿えたイベントは恐らく初ではないだろうか?
これはぜひ現地で見てみなければと主催者にコンタクト。
取材OKの返事をもらったので、さっそく開催地である大阪、名村造船所跡/クリエイティブセンター大阪まで飛ぶことにした。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_14

さて、白々しい前置きはこのくらいにして、あらためて”06BASE”の紹介をしておこう。
主催者は、以前記事で紹介した34スカイライン乗りの玄さんだ。
今や、ブライアン・オコナー仕様の日産・スカイラインオーナーでは日本の第一人者と言っても過言ではない玄さん。
その人柄からか、全国に多くの仲間やファンがいる。
なにより音楽やDJプレイ好きなライフスタイル、ファッションセンスとも相まってか、映画に登場するキャラクターとダブらせている方もいるとか。
Twitterフォロワー数は驚愕の2万人超え
へたな芸能人も真っ青な人気っぷりなのだ。

そんな玄さん。
何年も前から、カスタムカーとミュージックライブをミックスしたような皆で騒げるイベントを開催したいと強く思っていたという。
そんな思いに全国の仲間達が賛同。
多くの協力やサポートを得られたことで、今回、満を持して”06BASE”として開催する運びとなった。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_16 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_08

会場はクリエイティブセンター大阪
経済産業省の文化遺産にも認定されている名村造船所跡地を基盤に運営されている複合イベントスペースだ。
ここの屋外エリアを貸切って”06BASE”は開催された。
まるで工場跡地のような廃墟のような雰囲気は、ワイルドスピードのストリートな雰囲気を作りだすのに打ってつけと言える。
昼間はこのような感じだが、あの雰囲気を味わうならやはり夜だろう。
そこまで考えてなのか、通常の車イベントとは違い”06BASE”は15時開演の21時終演となっていた。
果たして、昼間の景色が夜になるとどう映ってみえるか?

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_12 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_06 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_05 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_03

そうこうしてるうちに続々と集結するカスタムカー達。
こちらには特別に招待された車が並べられる事になっている。
スポーツカーからセダン、トラックまでジャンルは多彩。
どれも、カスタムカーコンテストで入賞を果たすほどの名車だったりSNSで勇名を轟かす車ばかりで、ここだけでもかなり見応えがある。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_10

お客さんも待ちきれないとばかりに続々と会場入り。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_40 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_0720190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_09

ライブスペースとなるエリアの周りも、四輪から二輪まで個性的なカスタマイズ車両が場の雰囲気を盛り上げるべく鎮座してくれている。
早くも車談義や写真撮影に熱心な方々もちらほら。
どれも綺麗に磨き抜かれているが、これが雨だったらと思うと。。。
幸い当日は真夏のような快晴で薄着がちょうどいいくらい。
まさに“06BASE”日和。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_18

入場ゲート前では”06BASE”ロゴをスプレーでストリートアート風に仕上げる実演も。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_0420190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_15

場を盛り上げるには音楽は欠かせない。
DJの皆さんも、開幕と同時にフル回転で場を盛り上げ始めた。
ただ昼間はまだお客さんも暖まっていないようで、この時はまだライブのような熱い空気にはなってこない。
やはり本番は暗くなってからか。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_0220190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_01

今回の”06BASE”で画期的だったのが、一般駐車場と会場との橋渡し方法。
一般駐車場はインテックス大阪の臨時駐車場にセッティングされたのだが、会場までは徒歩で1時間半もかかる。
そこで送迎バスを数台用意したが、それだけでなく写真のような有名カスタムカーによる送迎サービスまで始めてしまった。
これには、運よく乗る事が出来たお客さんは大喜びだっただろう。

大変多くのお客さんが来場した事で一般駐車場も一時満車になるほど。
あまりのお客さんの多さに当初予定していた送迎バスやカスタムカーだけでなく、メイン会場に展示のカスタムカーオーナー達が、率先して送迎役に名乗りをあげてくれたそうだ。
そのためか、近隣の道路を一時ワイルドスピードな車が走りまわる光景が展開されることに。
観れた方はかなりのラッキーだ。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_2020190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_3720190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_33

そして日もとっぷり暮れ、いよいよ本番となる夜を迎えた。
心なしか昼間よりお客さんの数も多く密度も高いように思える。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_38 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_3220190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_3420190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_23 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_2620190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_21

これぞストリート。
これぞワイルドスピードの世界。
昼間見た光景が一転。
あの映画の雰囲気が醸し出す場所に変化していった。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_27 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_28

普通の自動車イベントやオフ会にはない空気感。
どちらかと言えば、野外ライブかクラブに踊りにきたような感じだろうか。
ファッションも、ワイルドスピードの世界観に合わせたドレスコードに身を包んだ方が多く見られる。
あの世界観にどっぷり浸かって楽しもうというノリなのだろう。
結果的にそれがイベント全体の雰囲気作りに繋がるわけで、そこには主催側とお客さんとの良い連帯感が生まれていた。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_22

model: HANA

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_35

【06BASE公式モデル】
Maya
Ai
Ryona

特別出演のモデルさん達による撮影会も盛んに行われた。
セクシーでクールな女性達は、ワイルドスピードの世界を作るうえで欠かすことが出来ない存在だ。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_25 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_29 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_39

そしてイベントはクライマックスへ。
自慢のオーディオカスタムが施されたトヨタ・bBからテンション爆上げなミュージックが繰り出される。
DJも場を盛り上げ、お客さんも最後までノリノリで応えてくる。

20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_36

そしてフィナーレはあの曲で。
誰もがあの伝説の映画俳優、あのドライバーを思い起こした事だろう。
最高潮のテンションから繋がったあのスローバラードは、”06BASE”が終焉間近なのを感じるには十分だった。

”とても興奮した!!”
”凄かった!!”
”思い切り発散できた!!”
”興奮しすぎて疲れた”
”帰りたくないよねー”

そんな事を笑顔で語りながら帰路に着くお客さん達。

記念すべき第一回目の”06BASE”は、こうして幕を閉じた。

【06BASE公式フォト&ビデオグラファー】
@Runabout_Heroes
@sh_ccfam
@kohei_kurose_jp
@RunnerF2
@lang_s15
@kenta_zc6
@cutekorochin
※ 素敵な写真がSNSに数多くアップされているので、ハッシュタグ #06BASE でぜひチェックを。

【06BASE動画】



20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_11 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_13 20190922_06BASE_ワイルドスピード_イベント_19

最後に、今回の“06BASE”を玄さんと一緒に作りあげ、運営スタッフとして大活躍してくれたスタッフの奮闘ぶりを紹介して終わりとしたい。

彼ら彼女らは私たちと同じ普通の車好きな一般人であり、イベント運営会社の人達ではない。
普段は別に仕事を持っており空いた時間に打ち合わせを重ねながら、この日のために準備を進めてきたという。
その陣容も関西圏だけでなく、四国や関東からも駆けつけた方がいるほど。
本当ならお客さんとしてイベントを楽しみたかっただろうに、“06BASE”をなんとしても成功させたいとサポート役に徹してくれた方々の気概には本当に頭が下がる思いだ。

どんなイベントも、こうした方々の影の尽力がなければ成功しない。
近年はイベント参加者のマナーの悪さで中止に追い込まれるケースも少なくなく、”06BASE”スタッフも周辺に配慮し、警察ざたにならないよう、考えられるあらゆる可能性について打ち合わせを重ねてきた。
”06BASE”開催当日も想定外の事態がいくつかあったそうだが、それでも仲間を信頼し、力を合わせて対応してきたという。

おかげでイベントを思いっきり楽しむことが出来た。
運営スタッフの方々に本当に感謝したいと思う。

”06BASE”閉幕から数日経ってもお客さん達の反応はとても良く、参加できなかった方からも”次回は絶対に参加したい!!”という声が多く聞かれた。
果たして第2回の開催は実現するか?
再び参加したい方も次こそ参加したい方も、ぜひ玄さん達に熱いメッセージを送ってみてほしい。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
06BASE実行委員会
MONNALiSA
ランナバウトヒーローズ
OnFleek
PUBLIC OUT
CHIRO軍団
Trappin Glow brother’s

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top