20190629_カーボンテクノロジー_エコ_モータースポーツ

天然繊維のレーシングパーツ – 人とくるまのテクノロジー展 2019

日本を代表とするレーシングカーコンストラクターと言えば、童夢の名前をあげるファンが多い事だろう。
古くは童夢-零、ジオット・キャスピタといったスーパーカー開発に国産F3000やF1、ルマン24時間などの耐久レース向けマシン開発などを手掛けけてきており、現在もSuper-GTやフォーミュラマシン開発などでその活躍を見る事ができる。

20190629_カーボンテクノロジー_エコ_モータースポーツ_01

ここ 人とくるまのテクノロジー展日本自動車レース工業会(JIMA)ブースでは、童夢で開発、製造を行っているFIA-F4カテゴリのマシンが展示されていた。
カテゴリの詳細はリンク先をご覧頂くとして、普段なかなか見ることのないフォーミュラマシンが鎮座していた事もあってか、多くのビジネスマンが足を止めてそれを眺めていった。
そこで、リアウイングに置かれたある物に注目してみた。

20190629_カーボンテクノロジー_エコ_モータースポーツ_02 20190629_カーボンテクノロジー_エコ_モータースポーツ_03

見るからにカーボン素材なのだが、普段我々が見かけるものとかなり違うようだ。

これは亜麻を使った天然繊維を用いたコンポジット(複合材)素材のサンプル。
ざっくり言えば、軽くて軽量、高剛性な部品が作れ、なおかつ自然に投棄すると分解され土に換えるという新発想の素材なんだとか。
カーボンコンポジットが炭素繊維を織り込んで作られているが、こちらの素材は炭素繊維を天然繊維に置き換えたものと思えばいいだろう。

この天然繊維による素材を開発したのはスイスのBcomp社。
自動車やモータースポーツ、そしてスポーツ用品に航空機、宇宙産業向けとして環境に考慮した天然繊維の素材を開発、供給をしている。
既にスウェーデンの自動車メーカー”ボルボ”とも密接な協力関係を築いており、従来部品から50%の重量軽減と高いリサイクル率を達成したとか。
そんなBcomp社の天然繊維素材を童夢でも研究、開発をしており、今回は日本の企業に提案してみようと持ち込まれた。

ヨーロッパで実績ある天然繊維素材だけに、その強度、剛性、そして軽さは高いレベルにある。
さらに、炭素や木の繊維とのハイブリッド品など応用を効かせたコンポジット製品も開発されており、カーボンファイバー単体で作られたものより高い性能を誇るものもあるという。

カーボン製品と言えば、リサイクルが難しい素材としても知られる。
モータースポーツでは様々なクラッシュでバラバラのカーボン部品を見かけるが、だいたいは専門の機関に依頼して適切な処理をして廃棄するとか。
一般家庭でも燃えないゴミとして扱われている。
こうした問題は、天然繊維の素材に置換する事でその心配もなくなってくる。

今現在でのこの天然繊維素材の応用先については、車やモータースポーツではボディ外装や内装部品だが、最近、その外装にLEDディスプレイを搭載した電気自動車のレーシングカー開発にも行われたらしい。
様々な技術革新が、今も着々と進行中のようだ。

社会的にも貢献度の高いこの天然繊維素材を童夢がどう料理していくか、今後が非常に楽しみだ。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ先】
人とくるまのテクノロジー展事務局
日本自動車レース工業会(JIMA)
(株)童夢

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。