You are here
Home > EVENT > より軽量なホイールへの追求 – 人とくるまのテクノロジー展 2019

より軽量なホイールへの追求 – 人とくるまのテクノロジー展 2019

20190529_カーボンホイール_ラピート_軽量

冒頭の写真は、本記事の主役であるカーボンホイールと一般のアルミホイールとの重さの差だ。
数値を信じるなら、アルミホイールに比べおよそ約半分の軽量化が達成できた事になる。

チューニングやモータースポーツ界隈だと軽量ホイールと言えばマグネシウム製が真っ先に思いつくところだが、時代の要求と技術の進化により、いよいよカーボン製ホイールが登場するまでになった。

その実物を、ここ人とくるまのテクノロジー展で見ることができたので紹介していく。

20190529_カーボンホイール_ラピート_軽量_0120190529_カーボンホイール_ラピート_軽量_03 20190529_カーボンホイール_ラピート_軽量_04

そのカーボンホイールを展示していたのは、岡山の素材加工、部品製作メーカーである株式会社ラピート
金属加工やカーボンを使ったCFRP、ガラス製品を使ったGFRPといった素材の扱いに長けており、自動車メーカーや提携部品メーカーと一緒に様々な質の高い製品を送り出している。
人とくるまのテクノロジー展会場でも、写真にあるような自慢の製品群が展示されていた。
軽量シート部品はレクサスLS500へも採用実績があるだけに、その品質は折り紙付き。
そんな会社が送り出すカーボンホイールとはどのようなものだろう?

20190529_カーボンホイール_ラピート_軽量_02

正確に言えば、このホイールはCFRTP製。
一般的によく聞くCFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics)と違い、CFRTP(Carbon Fiber Reinforced Thermo Plastics)は日本語で言うところの熱可塑性炭素繊維強化プラスティックという。

航空業界、F1などではCFRPが広く活用されているが、これらはカーボン繊維をエポキシ樹脂で挟み込み成形していくもの。
より軽量で強度の高い製品に仕上げることができる反面、熱を加えて硬化させていく特性のため、一度硬化すると元に戻せなくなってしまう。

CFRPTはそれとは違い、加熱すると軟化し冷やすと硬化する特性を持っている。
そのため加工が容易で量産性に優れているそうだ。
なにより製造コストも安価でリサイクル可能(CFRPはリサイクルが困難とされる)というメリットも合わせもっているため、今の時代の要求にマッチした素材と言える。
CFRPに比べ若干強度は劣るものの、そこは加工技術を磨くことで、従来のアルミやマグネシウム素材と同等の強度を手に入れているようだ。
さらに技術が進めば、よりデザイン自由度のあるカーボンホイールが誕生してくるかもしれない。

さて、今回のこのCFRPT素材を使ったカーボンホイール。
今現在で、車に装着して実走行できるレベルまでになっているという。
その品質は、アルミホイール等の安全基準の一つJWL規格相当にまで高めているとか。
そして3年後くらいでの商品化を目標に、日常の使用で発生する腐食やヤレに至るまで細かく試験や改良を重ねていき、各種安全基準をクリアしていきたいそうだ。

ちなみに予想販売価格を聞いてみたが…かなり驚いてしまった。
これは待ってみる価値あるかもしれない。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
人とくるまのテクノロジー展事務局
ラピート

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top