You are here
Home > SPECIAL > 黒船来航に思う – 学生フォーミュラ2018

黒船来航に思う – 学生フォーミュラ2018

20190512_学生フォーミュラ2018

今年も、物作りを学ぶ学生達が覇を競う季節がやってくる。

学生フォーミュラ
学生達が一定のレギュレーションに沿った小型レーシングマシンを作り競う大会なのだが、走りだけでなくデザイン面、そのレーシングマシンを販売するうえでのコスト管理、企業向けのプレゼンテーションといった能力も問われる、非常に複雑で様々な能力が要求される大会だ。

今年の開催期間は8月27日~31日。
場所はお馴染み、静岡県の小笠山総合運動公園

残り約3カ月に迫った中、参加する学校の多くはシェイクダウン走行を済ませているか、マシン制作が最終段階といった状況のようだ。
果たしてどのようなマシンを見る事になるのか?

そこで今回から不定期に分けて、去年気になったマシン、チームや競技の模様を振り返ってみたいと思う。
まず最初は、往年のF1ファンが懐かしんだオーストリアのU.A.S. Grazチームをピックアップしてみた。

20190512_学生フォーミュラ2018_03

まるでプロのモータースポーツチーム。
そんな雰囲気を醸し出していたのがこのU.A.S. Graz
オーストリアのグラーツ市で自動車工学を学ぶスクール”Joanneum Racing Graz”が母体のようだ。

デザインもカッコよく、細部の完成度も非常に高い。
そのせいか当時も多くのギャラリーが詰めかけ、他校の学生も熱心に話を聞きに来ていた。

車体の多くでカーボン素材をふんだんに使用しておりこれでは高コストマシンなのでは?と危惧したのだが、このマシンで使われているパーツの多くが独自開発に独自製造したとの事なので、カーボンパーツもそうなのかもしれない。

20190512_学生フォーミュラ2018_01

往年のF1ファンなら、インディーを走ったシャパラル、F1でニキ・ラウダが勝ったブラバムBT46Bを思いだすだろう。
車体下面から強制的に空気を吸い出して負圧を作りその効果で車体を地面に押し付けようというあのコンセプトだが、この車のファンとアンダートレイの配置を見る限りでは違うコンセプトのようだ。
どちらかと言えば、ラジエターやインタークーラーに籠る熱を強制的に吸い出して後方へ流しているように見て取れる。
もちろん空力効果も狙っているだろうが、前者の割合が高いように感じる。

この車のエンジンは2気筒ターボエンジン。
現地オーストリアのエンジンメーカーであるBPRロータックスから提供されているもので、ターボチャージャーはなんと独自開発。
ミッションも独自開発の3速シーケンシャルミッションで、ギアボックスはカーボン(CFRP)製。
オートマで専用の電磁クラッチが動力を伝達している。

20190512_学生フォーミュラ2018_04

サスペンションは、フォーミュラカーでよく用いられるプッシュロッド方式ではなくプルロッド方式を選択。
アーム類はカーボン製で独自に設計したトライアングルタイプ。
ダンパーはチューニングカーパーツでもお馴染みのザックス製で、剥き出しで縦にレイアウトされているのが特徴だ。
プルロッド方式だと重たいパーツを低い位置に配置できるメリットがあるが、上部アームに多大な負荷がかかるというデメリットもある。
そのせいかアーム自体、大型な印象を受ける。
ダンパーが剥き出しなのは空力デメリットもあるが、これなら整備性は良さそうだ。
なによりダンパーユニットも容量が大きく見えるので、より足回りの動きを良くしようという考え方なのかもしれない。

20190512_学生フォーミュラ2018_02

ホイールはワンピースの7J x 13インチでカーボン(CFRP)製。
これも独自開発、製造なのか?
競技車両でよく使われるマグネシウムホイールと違い、どの程度の剛性、軽量に仕上がっているのか大変興味がある。

それに履かせるタイヤは、ドイツ コンチネンタル社が提供する13インチのスリックタイヤだ。
多くの学校で採用実績のあるフージアタイヤと比べ、どの程度の性能差があるか気になるところ。

20190512_学生フォーミュラ2018_05

車体下面。
一見すると往年のウイングカーのよう。
複雑なアンダーフロア、パネル類で構成されているが、それらが綺麗に配置されているのがわかるだろう。
F3やスーパーフォーミュラのマシンと比べてみると、そのレベルの高さがわかるかもしれない。
これだけ洗練されていると、下面の気流の流れはかなり良さそうだ。

車体自体もカーボンモノコック(CFRP)とスチール製パイプフレームのハイブリッド構造。
さすがにカーボンモノコック単体では開発コストが上がってしまったからだろうか、ここは手堅く製造した感がある。
とはいえ、かなりの軽量高剛性に仕上がっているに違いないが。。。

20190512_学生フォーミュラ2018_06

素人ながら、過去に得た知識と照らし合わせながら見たままの感想を書いてみた。

当時はこれが学生のレベルか?プロの仕事なんじゃないか?本当に出場させてよかったのか?学生フォーミュラの目的、存在意義、理念を壊しているんじゃないか?、と疑念を抱いてしまったが、今にして考えると、実は海外ではこれが普通であり、これが海外の学生で作れるレベルなんじゃないだろうか?と思っている。

海外はモータースポーツ文化が日本より古くからあり、しかも根強い。
多くの企業の理解があり、モータースポーツへの支援や人材育成に積極的と聞く。
であれば、こんな事が出来る環境も意外とありそうだし、このレベルも案外出来てしまうんじゃないだろうか?
カーボンパーツやターボチャージャーなどの独自開発、独自製造なども、企業の積極的な支援あってこそなら納得がいく。

もしそうなら、日本も物作り大国と言われていた過去の栄光にばかりすがってはいれらない。
国内企業はより危機感を持って今後の決断をしていかなければならないし、この学生フォーミュラへ支援している企業も単なる自社アピールだけに留めず、今後の未来を見据えてよりいっそう取り組んでいく必要があるだろう。

だが光明もある。
2018年の総合結果だがこのようになっている。

1位:大阪大学
2位:京都工芸繊維大学
3位:名古屋大学EV

U.A.S. Grazは総合5位となっている。

デザイン部門は1位だったものの、その他の部門では得点が伸び悩んでたりと成績のバラツキも見られる。
気になるコストの面でも、やはり大きく順位を落としていた。
そして最軽量部門でトップ3に入らなかったのも意外な感じだった。
もちろん慣れない国外イベントへの参加でデータ不足というハンデもあっただろうし、悪天候下で競技の短縮があるなど不足の事態にも直面したはず。
それらを差し引いてもこの結果は逆に興味が沸いてきた。

これが学生フォーミュラの難しいところ。
マシンだけが良くても総合優勝は狙えない。
金をかけて良いパーツを開発、装着しても勝てるとは限らないという事か。

限られた資産を活用して進化させ、全体をバランスよくまとめあげていく能力はまだまだ日本人が上のようだ。

これまでにない技術を閃く人材育成か?
既存技術を使い新たなクリエイティブを生み出す人材育成か?
コスト管理も含めたプロデュース能力が抜群に長けた人材育成か?

今後、全日本学生フォーミュラ主催がどのような舵取りをしていくかが、とても重要になってくるだろう。

あと、今年参戦する学生達には単なる勝ち負けに捕らわれず、

誰にも負けない技術者になりたいのか?
レースメカニックで一番になりたいのか?
ビジネスマンとして様々な案件で活躍したいのか?

こんな感じで、自分が将来どうなっていたいかを見据えて本大会に臨んでもらいたいところ。
主催や企業が本当に優れていると思うなら、勝敗はおのずとついてくるはず。
健闘を祈ります。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
全日本学生フォーミュラ

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top