You are here
Home > SPECIAL > 愛車に似合うファッションを提案したい

愛車に似合うファッションを提案したい

20190503_ファッションと車_アパレル_コーディネート

どこでも愛車とドライブしたい方。
中にはこれなら愛車に似合うだろうと、ご自身の服装、ファッションに拘る方も多いのではないだろうか?

そんなカーオーナーさんの嗜好を応援したいと、ドラマなどへの撮影用車両レンタルも手掛けるスクーデリア46は、車に似合うファッションを提案するオリジナルレディースブランドを手掛けるそうだ。

スクーデリア46がブース出展していたオートモビルカウンシル2019内でお話を伺った。

20190503_ファッションと車_アパレル_コーディネート_03

当初、黒山の人だかりでいったいどんな凄い車が置いてあるのかと思いきや、まさかの本物のランチアストラトス。

もちろん本物と言っても、いくつかは現代で手に入るパーツを使って修理、レストアが行われている。
この車はスクーデリア46が所有するもので、撮影用車両レンタル事業で希望すれば貸し出されるそうだ。
本来は、ブースを訪れた方に主役であるレディースブランドのほうを見てもらいたかったそうなのだが、さすがにこの伝説の車を目の前にしてはこちらを注目せざるえない。
実際、編者も最初はそうだった(苦笑)

20190503_ファッションと車_アパレル_コーディネート_05

メインのレディースブランドの話に戻ろう。
こちらでは、愛車に似合うファッションをオーダーメイドで仕立ててくれるという。
それもファッションデザイナーの一方的なお仕着せではなく、まずはオーナーさんから専属デザイナーがじっくり話を聞き、ライフスタイルも考慮したうえで最適なファッションイメージを作りだすという。
それも納得がいくまで何回も打ち合わせを重ね、決まった段階で採寸、縫製作業にかかるのだとか。

やはり世界に一つだけのファッションを作りだすだけに、それなりの手間暇をかける必要はありそう。
だがそれだけに、完成した際の満足感は他では味わえない事だろう。

このオーダーメイドサービスの開始予定は2019年の秋口。
それまでに様々な場所でブース出展を行いながら市場の反応を拾い上げ、このサービスをより進化させていくそうだ。

もちろん車は問わない。
国内外の車、旧車、新車、スーパーカーなんでも受け付けてくれる。

20190503_ファッションと車_アパレル_コーディネート_01

ブース内には、この車ならこういった服装が似合うのではと、専属のファッションデザイナーが考えぬいたデザイン画が展示されていた。
ここ、オートモビルカウンシルに出展の多くが海外の昔の名車ばかりなので、今回展示のファッションイメージも、その車が誕生した当時の流行を反映させたものとなっている。

20190503_ファッションと車_アパレル_コーディネート_04

こちらは今回のイベントのため、ランチアストラトスに似合う服装をイメージしたサンプルとして実際に制作されたもの。
このチェック柄はイギリス、スコットランド発のタータンチェックのようだ。

ランチアストラトスが生まれた1970年代ぐらいから現地で親しまれてきたタータンチェック。
日本でも、昭和後記の時代にこのような要素を取り入れたファッションが誕生しており、近年でもファッショントレンドの一つとして紹介されるほど。

さすがプロのファッションデザイナー。
これなら車に乗るだけでなく、都会をショッピングや仕事で歩く際も十分映えそうだ。

20190503_ファッションと車_アパレル_コーディネート_06 20190503_ファッションと車_アパレル_コーディネート_07

実際にモデルさんに服を着ていただいてのショットをいくつか。
TOPの画像と合わせて見比べてほしい。
編者はファッションに疎いのだが、当時感もよく出ててランチアストラトスとよくマッチしていると思う。
いやストラトスだけではない。
オールドフィアットやオールドミニなんかも似合いそうだ。

こんな車でこのようなドライバーが降り立った日には、周囲の注目を浴びることは間違いないだろう。

20190503_ファッションと車_アパレル_コーディネート_02

今は若い車好きも増えており、なによりマニュアルのスポーツカーを乗り回す女性も目立ってきているだけに、このファッションのオーダーメイドサービスは注目を集めそうだ。
なによりインスタ映えの効果もあってか、自分と愛車との記念撮影を楽しむ層も非常に増えている。

個人的には、若いオーナーさん向けやメンズファッションもぜひ検討してもらいたいところだが、まだ開始前という事もあるので、まだあまり多くを求めず順調にサービス展開される事を願おう。

愛車に似合う服装、それもオーダーメイドの服を着こなし色々なところへのドライブを楽しむ。
この楽しみは何者にも代え難いかもしれない。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – お問合せ】
スクーデリア46

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top