You are here
Home > SHOP > 足回りにビルシュタインを選ぶ理由

足回りにビルシュタインを選ぶ理由

20190122_ダンパー_ショック_車高調_ビルシュタイン

REVOLT-IS視点な東京オートサロン2019ピックアップ。

ビルシュタインほど世代を超えて馴染みあるメーカーはないだろう。
1954年にドイツで操業したこのダンパーメーカーは、長年、世界中のモータースポーツ車両や純正採用された新車達の足回りを支え続け、そこで得られたノウハウをストリートカー向けアフターパーツ開発に生かしてきた。
そんな背景が多くの自動車愛好家の心を揺さぶり続け、ビルシュタインを付けることが一種のステータスとまで言い切る方もいるほど。

そんなビルシュタインの日本総代理店 “阿部商会”のブースを見ていきながら、最近の傾向、商品展開をご紹介していきたい。

20190122_ダンパー_ショック_車高調_ビルシュタイン_01 20190122_ダンパー_ショック_車高調_ビルシュタイン_02

多くの競合他社が車高調整ショックアブソーバーを出展する中で、ここビルシュタインブースでは、純正形状のスポーツサスペンションやショックアブソーバー、車高調と幅広いラインナップを展示。
一部のチューニングカー愛好家やスポーツドライブ好きのためだけでなく、より多くの自動車オーナーからの要望に応えられる事をアピールしている。

例えば純正形状タイプは一般向けで、純正の補修部品といったポジション。
そして車高調は、足回りセッティングに強い拘りのある方向けといったところか。
もちろん、どのダンパーもビルシュタインで入念にテストしてセッティング出ししているが、要望とあらばオーナー好みのセッティング変更にも応じてくれる。

車高調整でネジ式を採用しているのも、ビルシュタインならでは。
ネジ式は車高調整時のプリロード変化が起こるデメリットがあるが、ダンパー剛性を高められる、ダンパー内のオイル室容量アップ、構造をシンプルにできるため故障が少ない、軽い、価格を抑えられる、といったメリットも豊富にある。
ビルシュタインとしてダンパーの機能追求、理想形を追い求めた結果、ネジ式に落ち着いたのかもしれない。
プリロード変化のデメリットも、車種別専用設計で最初から最適な車高、減衰、バネレートを合わせていくことで、影響を最小限にとどめている。

例えば、シャコタン車やドレスアップカーにビルシュタインのネジ式車高調は不向きかもしれない。
とんでもなく固い足回りになりそうだ。

20190122_ダンパー_ショック_車高調_ビルシュタイン_05

ネジ式と言えば、ビルシュタインとレーシングドライバー”山内英輝”選手がコラボレーションして、新たな車高調開発を行っている。
対象車種はスバル・WRX S4 STIで用途は街乗り。
レーシングドライバーが、街乗り向けとしてどのような乗り味に仕上げてくるか興味深いところだ。

20190122_ダンパー_ショック_車高調_ビルシュタイン_04 20190122_ダンパー_ショック_車高調_ビルシュタイン_03

今年の東京オートサロンの傾向がここにも見える。
昨年までは、ハイエースといったワンボックス向けのダンパー需要が多かったというビルシュタイン

そこへ今度は、RVのシェアも探っていこうという狙いか?
他ブースでも人気のスズキ・ジムニーと、専用開発の純正形状ダンパーも展示されていた。
RV車は車高も高く、ダンパーストロークの長さ、剛性など高い要求値が求められるが、ダンパー本来の理想を追求するビルシュタインの考え方なら、上手く合わせてくるかもしれない。
ノーマルジムニーとの比較インプレが非常に楽しみだ。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – お問合せ】
ビルシュタイン
阿部商会

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top