You are here
Home > SPECIAL > 東京モーターショー2015ピックアップ – 部品メーカー編

東京モーターショー2015ピックアップ – 部品メーカー編

東京モーターショー2015_3

本日まで開催中の東京モーターショー2015(記事執筆時点)。各主要メディアでも報じられている通り、全国から多くの来場者が毎日訪れて大盛況をおさめている。

華やかなコンセプトカー、美人コンパニオンに目を奪われがちな本イベントだが、今回はあえて、縁の下の力持ちたる部品メーカーやタイヤメーカーを中心にまわり、今の自動車技術や今後の自動車開発の動向を素人なりに探ってみた。中には主要メディアや自動車メーカーから伝えられている事とは異なる内容もあったりして、深い知見を得ることが出来た。いくつかご紹介していきたいと思う。

東京モーターショー2015_4

まずは駆動系、操舵系、懸架装置、ベアリング、シール類などを開発するメーカーをまわってみた。全体的に次のようなテーマで開発を推し進めているようだ。

高効率、低摩擦、省電力化”、”工数、部品点数削減”、”低コスト”、”環境対策”、”自動運転

特に”環境対策”、”自動運転”は、メーカーや政府が強く推し進めているだけに、どこの部品メーカーもより力をいれている様子が伺えた。EV車用に洗練されたバッテリーや各部品など、数年前から比べると格段にコンパクトで性能が向上している。

”自動運転”についても、超小型カメラ等を使った自動視認システムなど、部品単体で見れば驚かされる技術を多く目の当たりにした。ただ、完全自動運転車の商品化実現については、まだまだ先になりそうだとも思えてきた。先ごろ日産自動車のカルロス・ゴーン社長が公式発表した”2020年の自動運転システムの商品化計画”について、こちらも懐疑的に感じるようになってきた。

これまで人間がやってきた動作を全て肩代わりする”自動運転”システム。それの実現には、車自体から発せられる情報、外部から発せられる情報など、それこそ走行中に発生する無数の情報を一秒の遅れもなくコンピュータ処理して、次の動作を瞬時に行うようにしなければならない。

車そのものの特性や走らせ方、走行条件や走行環境によっても当然要求される情報は変わってくるし、部品単体はよくても、他メーカーの部品との連動や車体側との結合、ソフトウェアのインストールで想定外の問題が発生する事だって当然ありえる。

自車だけでなく、他車からの情報や道路などのインフラ側からの情報もリアルタイムで得る必要だってある。ドライバーが外部の様子を見て判断するのと同じように、自車に対して外部の情報を教えてやる必要があるわけだ。
これの実現には、行政やメーカー間での協力が必要不可欠。専用の通信規格の整備も急務となってくるが、当然、他社に知られたくない技術もあるわけで、独自セキュリティの構築だって必要だろう。また自動車オーナーさん自身のプライバシーにも配慮しなければならなくなるはず。

部品メーカーも含めた関係メーカー全てとの間での密接な協力体制の構築、行政側の対応や法整備など、技術だけでは達成できないハードルがいくつも存在する。これをたった5年で達成できるものだろうか?様々な要素を考慮すればするほど、正直厳しいのではと思えてしょうがない。
例え実現できたとしても、それは”自動運転”ではなく”優れた運転サポートシステム”となりそうで、あくまで運転の主体はドライバーが行う状況がまだまだ続くのではないかと編者は予想している。

東京モーターショー2015_9 東京モーターショー2015_11

こちらはブリジストンとファルケンのランフラットタイヤ。ご存知の方も多い事と思うが、ランフラットタイヤとは、パンクをして空気が抜けても、タイヤ自体がしばらく形状を維持させる事で、一定距離をそのまま走れる事が可能なタイヤの事だ。高級外車で広く使われており、最近では対応サイズも増えて徐々にシェアを伸ばしつつある。

驚いたのが、縁がないと思われていたスポーツカー用タイヤでもランフラット技術が使われ始めている事だ。一般的に通常タイヤに比べ、ランフラットタイヤは重いのが難点。そのため操縦性を犠牲しがちで敬遠されていた。しかし現在はかなりの軽量化が図られている様子。通常タイヤと同等とまではいかないものの、ストリートタイヤとしては申し分のないパフォーマンスを発揮するそうだ。一部スポーツカーでは、ランフラットタイヤが公式タイヤとして正式採用されているほど。もちろん、サーキット走行のように限定した環境での用途となれば、やはりランフラットではなく専用開発のスポーツラジアルに部があることをお伝えしておく。

東京モーターショー2015_12 東京モーターショー2015_10 東京モーターショー2015_8 東京モーターショー2015_1

他にもユニークなタイヤが多く展示されていた。走行条件に合わせてタイヤ自身がトレッド形状を可変させていくタイヤ。タイヤ自身が電気を発生するタイヤ、空気や窒素などの気体が全く必要のないタイヤ。空力性能をを持たせたタイヤ。などなど

タイヤ自身により多くの要求、柔軟性を求められているのだろう、単純なグリップやウェット性能だけではない点において、タイヤメーカー各社とも前面に出してPRをしていた。もちろんイベントの目玉的な意味合いで展示された実験的なものばかりだろうが、機会があればぜひ体感してみたいところ。特に気体不要のタイヤやトレッド面を可変するタイヤなど、実現したら単純なタイヤ性能とか以前に、流通や販売面でも大きな激変が起こり得るだろう。

東京モーターショー2015_7 東京モーターショー2015_6

こちらはカヤバブースで見つけた展示品。ファッション性の高いショックアブソーバやスプリングが展示してあり興味を引いた。失礼ながら、質実剛健でお堅いイメージのあったカヤバが、なぜこのようなファッション性の強い商品を展示しているのか?
その理由は、人材育成の一環で”どうやったら自社商品が売れるか?”という独自プロジェクトを自社の若手社員達に託してスタート、その成果なのだそうだ。なるほど、若者らしい発想だ。

最近は、ファッション性や見た目重視のドレスアップが若者の間で広く流行っている。機能部品であるホイールやブレーキキャリパー、ホイールナットでも色々なカラーが選択できる。一時はカラータイヤもあったほどだ。ならばスプリングやショックも様々な色が選択できれば、多くの若者の関心を引くだろう。それもショックアブソーバー開発の実績豊富なカヤバがやったとあらば性能面は保証済み。安心してドレスアップにいそしむ事ができる。

残念ながら塗装は職人による手塗りだそうで、一つを仕上げるのにとても時間がかかっているとか。コスト面も含め、商品化に向けてのハードルがかなりありそうだ。個人的にはぜひ商品化してほしい一品なのだが。。。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top