20181012_スーパー耐久_ラブドライブ_マツダ_ロードスター

【スーパー耐久】モータースポーツにおける女性の躍進


先日FIA(国際自動車連盟)から、女性ドライバーだけの新たなフォーミュラカー(シングルシーター)シリーズの立ち上げが発表された。
F1テストドライバーへの女性ドライバー就任、インディカーやGTレースでの女性ドライバーの活躍を見てみると、女性ドライバーのポジション、ステータスが世界的にも高まりつつあるようだ。
そして国内でも、各カテゴリーで多くの女性ドライバーの活躍が目立ち始め、2017年から女性ドライバーだけの新シリーズ”競争女子選手権”がスタート。
さらに今年の2018年はFIA Women in motorsport commission アジア代表委員でレーシングドライバーの井原慶子さんとLoveDrive株式会社NATS – 日本自動車大学校が手を組み、”LOVE DRIVE RACING with NATS”というチームを結成。
スーパー耐久レースへの参戦を開始した。

取材で訪れたスーパー耐久レース第5戦もてぎ
そこで”LOVE DRIVE RACING with NATS”の様子を見てきた。

20181012_スーパー耐久_ラブドライブ_マツダ_ロードスター_02

車両はマツダ・ロードスター(ND)。
これは、チーム監督である井原慶子さんのマイカーを耐久レース仕様にしたもの。
そして車両制作、メンテナンスの多くは、NATSの学生達の手で行われている。
ちょうどこの時、ゲストを前に、井原慶子さんが力強く挨拶をされていた。

20181012_スーパー耐久_ラブドライブ_マツダ_ロードスター_03

ドライバーは、岩岡万梨恵さん、猪⽖杏奈さん、⼩松寛⼦さん、関崎祐美⼦さんが年間登録されており、この第5戦もてぎでは、Aドライバーを岩岡万梨恵さん、Bドライバーを猪⽖杏奈さん、Cドライバーを⼩松寛⼦さんがそれぞれ担当されていた。

そして予選では、ST-5クラスで2分22秒959をたたき出し見事クラスポールポジションを獲得。
ピットウォークでは、ドライバーの皆さんが満面の笑みでファンを出迎えてくれた。

20181012_スーパー耐久_ラブドライブ_マツダ_ロードスター_03

そして決勝レース。
ピットイン時でのミスも重なりポジションを落としたものの、マシンを労りながらペースを落とさず、落ち着いた走りでゴールまでマシンを運んでいた。
残念ながら表彰台は逃したものの、レース中のベストタイムを見ると、表彰台は十分狙えたパフォーマンスを発揮している事がわかる。
もてぎでの経験を生かせば、最終戦岡山国際サーキットでは大化けも十分期待できそうだ。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ先】
スーパー耐久

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。