You are here
Home > SPECIAL > 規制下におけるマフラー製造メーカーのやる気

規制下におけるマフラー製造メーカーのやる気

20181008_イエローハット_GPスポーツ_マフラー

特に近年生産の車においては、チューニング系マフラー、エキゾーストパーツの規制が色々厳しくなりつつある。
編者のように古い車、規制対象外の車なら大きな問題はないが、今後を考えると、チューニングカーファンやエキゾーストサウンドファンの方にはちょっと悩ましそうだ。

そんな状況下を、実際にアフターパーツとしてのチューニング系マフラーやエキゾースト系パーツを製造、販売しているメーカーはどんな思いを抱いているのか?

イエローハット新山下店で開催されていたオートフェスティバル
たまたまそこにブース出展していたGPスポーツに、少しだけお話を伺ってみた。

20181008_イエローハット_GPスポーツ_マフラー

GPスポーツは、ドリフト系を中心とした自動車チューニングパーツを、数多く製造、販売している。
現在、新潟本社と神奈川厚木の店舗を基点とし、全国各地のチューニングカー乗りの要望に応えようと、日夜奮闘されている。
上述イベントでは、自慢のマフラーだけでなく、車高長やアーム類といったパーツ類まで取り揃え、パーツ説明やセッティングの相談まで、多くのお客様と楽しく交流されていた。

20181008_イエローハット_GPスポーツ_マフラー 20181008_イエローハット_GPスポーツ_マフラー

主題のマフラーを見ていこう。
今回、事前認証マフラーに注目した。

事前認証とはその名の通り、販売前に国が登録した専門機関で検査を受け、その性能が規制内であるか確認する制度のこと。
対象は2010年(平成22年)4月1日以降に生産された車となっており、近年定められた保安基準に合致するよう、厳しくチェックされる。
確認できたら”性能等確認済み表示”の表記がなされ、晴れて事前認証マフラーとして販売が出来る事になる。

上述の通り、2010年(平成22年)3月31日以前に生産された車については、事前認証とは対象外。
規制のほうは販売当時の基準でいいそうで、従来の車検対応品や保安基準適合マフラーを買えば問題はないようだ。

そんな状況になっているチューニング系マフラー事情。
どちらかと言えば、年々メーカー側の手間暇が増しつつあるような気がしてならない。
さぞや苦労しているか、モチベーションを下げてやしないかと危惧していたのだが、実際に話を聞いてみると全くそんな事はなかった。

現場には、良い製品を作ろうとする気概に溢れたプロ技術集団がおり、規制が掛かったなら別の方法、別の構造、別の素材を用いる等して、なんとしてでもクリアしてやろう、規制前のマフラーより良い物を作ろうと、逆に燃えているという。
理想のマフラーを作るには規制がないほうが考えやすいように思えたが、実はその逆で、規制が多いほど、マフラー開発に強いやりがいを感じるそうだ。

そんな開発者魂に満ちているこれらのマフラー。
ドリフト系ばかりでなく、SUVやセダン、コンパクトハッチ系までラインナップを豊富に取り揃えており、多くのユーザーに、GPスポーツのマフラーの良さを感じてもらいたいという。
気になった方は、ぜひWEBサイトでチェックしてみてほしい。

最後に、一点動画を貼りつけておく。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
GP Sports

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top