You are here
Home > SPECIAL > 86/BRZレースに見るタイヤ戦争とその恩恵

86/BRZレースに見るタイヤ戦争とその恩恵

20181004_86_BRZ_レース_茂木_タイヤ

トヨタも強力に推進する、ナンバー付き車両によるレースカテゴリ”86/BRZ レース”
全国の主要サーキットを周る全8戦で争われ、獲得したポイントでシリーズチャンピオンを決める本レース。
その名の通りトヨタ86とスバルBRZが対象で、年々参加台数も増え、活況を見せている。

20181004_86_BRZ_レース_茂木_タイヤ_01

20181004_86_BRZ_レース_茂木_タイヤ_02

さて、このレースでは多くのタイヤメーカーが参戦している。
昨今、コスト面や性能均衡化の流れもあり、世界のモータースポーツではワンメイクタイヤ化の流れが目立つ。
だが、このようなカテゴリは少し様子が違うようだ。

20181004_86_BRZ_レース_茂木_タイヤ_04 20181004_86_BRZ_レース_茂木_タイヤ_05

使用タイヤはストリートラジアルで、我々が普段乗っている車に履かせているものと基本構造は同じ。
事前に登録、承認されたメーカーのタイヤしか使えないものの、それらさえクリアすれば、自分達の好むタイヤが使える事になる。

2018年のレギュレーションに記載されているメーカーとタイヤを列挙してみた。

ブリジストンポテンザRE12DRE07D
ダンロップDIREZZA β02
ヨコハマゴムA052
グッドイヤーRS-SPORT V-SPEC

どれもスポーツカー乗りには馴染みのあるタイヤばかりだ。
もちろんサイズさえ合うなら、自分達の愛車に装着して走るのになんら問題はない。

20181004_86_BRZ_レース_茂木_タイヤ_03

また、取材当日に訪れた86/BRZレースのパドックには、こちらのハンコックやネクソンといった、海外のアジア系タイヤメーカーのブースやノボリも目についた。
そのままでは装着してのレース参加は認められないが、あらためての追加承認が可能であり、認められれば使用する事ができる。

これだけ多くのタイヤメーカーが注目している86/BRZレース
レース自体も白熱した戦いが展開されており、ナンバー付き車両が前提で車体の改造が制限されている事もあり、そのぶんタイヤにかかる期待も大きくなっている。

それだけにタイヤ開発競争も過熱。
実際市販されているタイヤを供給しているだけに、悪い結果ではメーカーのイメージダウンに繋がる。
そのため、少しで良いタイヤを供給しようと、どこのメーカーも奮闘しているという。
ワンメイクタイヤ化が著しい世界のモータースポーツだが、やはり競争がある事が技術進歩の早さに繋がる。
各メーカーとも、非常にやりがいがありそうだ。

そしてここでのタイヤ戦争は、ラジアルタイヤを使う我々一般ユーザーも大いに注目すべき。
特にスポーツドライブやサーキット走行を楽しむユーザーからすれば、自らが使用するタイヤ購入の参考になるだろう。
例えば、常勝の86/BRZに履かれていたものと同じタイヤを履かせてみたら、ラップタイムがポンと上がるなんて事もあるかもしれない。
また空気圧管理の面でも、レースでのエア圧設定と同じにしてみたら、かなり乗りやすくなる事もありそうだ。
ウェットグリップの面でも、雨のレースでの勝率の高い車のタイヤを見てみると、思わぬ発見があるかもしれない。

タイヤに悩んでいるユーザーは、今回の86/BRZレースのようなストリートラジアルタイヤを使うレースに、ぜひ注目してみてほしい。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top