20181004_1JZドリフトミーティング_チェイサー_アリスト_団地組

アリストの顔面移植したチェイサーが魅せるドリフト


トヨタ1JZ系エンジン搭載車の祭典である”1JZドリフトミーティング”
今年も多くのチューニング・カスタムカーが集結し、ここ富士SWドリフトコースを舞台に、カスタムやドリフトの競演を見せてくれた。
今回はその中で、栃木のドリフトチーム団地組のメンバー車である、アリスト顔へ顔面移植したチェイサーを紹介する。

20181004_1JZドリフトミーティング_チェイサー_アリスト_団地組_02

20181004_1JZドリフトミーティング_チェイサー_アリスト_団地組_01

正面から見るとアリストだが、それ以外ではチェイサー。
100系チェイサーの車体に14系アリストのフロントフェイスを移植したもので、オーナーは”あ~り~ち~ぇ~”さん。
制作や日々のメンテナンスまでご自身でやられており、このチェイサーも、他より目立つドリ車が作れないかと思案したところ、思いついたのがこのアリスト顔というわけだ。
顔面移植で有名なところでは、180SXの車体に13シルビアのフロント周りを移植した通称”シルエイティ”に、その逆で13シルビアの車体に180SXのフロント周りを移植した通称”ワンビア”がある。
その他では、80スープラにZZT23系セリカ、マーク2ブリットにヴェロッサやレクサス等、これまでに様々な顔面移植した車両が生まれてきている。
そこへ今回のアリスト顔チェイサーの誕生。
もちろん初めてのケースで、SNSやドリフトイベントでもかなり注目されている。

20181004_1JZドリフトミーティング_チェイサー_アリスト_団地組_04 20181004_1JZドリフトミーティング_チェイサー_アリスト_団地組_05

ここまで目立つ以上、走りがお粗末ではいけない。
そんな思いもあってか、”あ~り~ち~ぇ~”さんは暇があれば、ドリフトに繰り出して腕を磨いている。
”団地組”メンバーとも、色々なドリフト練習会やイベントへ参加しながら、楽しみつつ競い合っているという。

普段は地元の日光サーキットを主に走りこんでいるが、今回は初めての富士SWドリフトコース
最初のセッションでは探り探りの走行で不安定な周回が続いていたものの、常連組の走りを見学したり直接話を聞きながら徐々に合わせていった結果、段々と普段通りの豪快で迫力のあるドリフトを見せるようになってきた。

周囲のギャラリーからも、”あのアリストすげー!!….えっ?チェイサー???”なんて声も聞こえてくるほどで、まさに”あ~り~ち~ぇ~”さんの狙い通り。

20181004_1JZドリフトミーティング_チェイサー_アリスト_団地組_03

結果、初コースにも関わらず、見事クラス優勝を達成。
これまでの頑張りが報われたと本人もとても喜んでおり、今後が益々期待できる。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力】
”あ~り~ち~ぇ~”さん

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。