You are here
Home > SPECIAL > 時を超え、IMSA Z32フェアレディZが復活へ

時を超え、IMSA Z32フェアレディZが復活へ

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX

日本ではバブル景気が最高潮だった1990年台。

北米では、IMSAと呼ばれた耐久レースシリーズが大人気だった。
世界三大耐久レースの一つに数えられるデイトナ24時間がシリーズに組み込まれていたIMSAには、世界の自動車メーカーが注目。
スポーツプロトタイプカークラス(グループCカー、IMSA GTPカー、SWCカー)を頂点に、市販車のシルエットを貴重としたGTカークラスのマシンが非常に多く参戦しており、大変な活況だったという。

北米マーケットを重要視する日本の自動車メーカーも、そんな人気のレースを見逃すわけにはいかない。
現地法人が現地レーシングチームと組む、レース活動を委託して参戦する等、各々様々な体制でIMSAに挑んでいった。

今回紹介するのは、そんなマシンの一台だ。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_03

日産フェアレディZ(Z32) – 300ZX。
1989年、アメリカでの過去のフェアレディZ人気を背景に登場したこのZ32型も、瞬く間にアメリカのスポーツカー好きを虜にしていったという。

そんなZ32がIMSAに登場したのが、翌年の1990年。
制作は、アメリカ インディアナポリスに拠点を構えているFabcar Engineering
レーシングチームであるクレイトン・カニンガム・レーシング(CCR)だ。
当初は熟成に手間取っていたものの、ベースを2by2仕様へ変更する等、全面的な見直しを図りつつマシンを煮詰めていった結果、1992年、1994年に見事シリーズチャンピオンを獲得した。

その後、このマシンはSuper GTの前身である全日本GT選手権(JGTC)に上陸。
1996-1997年、日本のレーシングチーム”チーム・ルマン”の手でレースを戦っていたことは、熱心なモータースポーツファンならばご存知の事だろう。

今回紹介するこの車体は、まさに1996-1997年にJGTCを戦ったマシンそのもの。
しばらくチーム・ルマンのガレージ隅で眠っていたそうだが、現在のオーナーさんがその車体を購入。
リビルドの末、現在の状態まで復元したという。

そのオーナーさんとは、御殿場で自動車やレースカーといった部品設計、製造業を営む(株)PEAKS代表のH氏。
小さい頃からグループCカーといったレーシングマシンが大好きで、富士スピードウェイ、そしてレース村が身近にあった事もあり、若い頃から様々なレーシングカーに触れ合ってきた。
ある日、とあるベテランレースエンジニアの方と居酒屋で昔のレーシングマシンの話を酒のつまみにしていたところ、このZ32購入の打診を受けたそうだ。
興味を覚えて”チーム・ルマン”に問い合わせみたところ、かなりの好条件で購入できる事がわかり、憧れていたレーシングマシンを所有できるまたとない機会だからと、購入を決意したという。

購入当初の車体は埃を被っており、一部フェンダーの欠損や車体側のサビがいくつか見られたらしい。
その他はエンジン、タイヤまで当時のまま。
これをどうやってリビルドしていこうかと思案したところ、以前から交流のあった御殿場のトランジットエンジニアリングジャパンから、ぜひ一緒にやろうと協力を持ちかけられた。
トランジットエンジニアリングジャパンは、新旧フォーミュラカーやツーリングカーといった各種レーシングマシンの販売・整備等といった事業を手掛けており、レーシングマシンの扱いには多くの実績がある。
断る理由は全くない。

さっそくZ32をトランジットエンジニアリングジャパンへ持ち込み、リビルド作業が開始された。

素人目からすると、昔のレーシングマシンをリビルドするというのはかなり大変な作業に感じる。

まず部品はあるのか?

そこは心配はない。
富士スピードウェイ周辺には、いわゆるレース村と呼ばれるエリアがある。
昔からレーシングマシンを製造、メンテナンスできる規模のガレージや、(株)PEAKSのようにレース用部品を作るのに長けた会社が多く存在する。

そういったところに依頼すれば、例え海外製のパーツであったとしても、たいていの部品は作ってもらえるのだとか。

レースエンジニアリング業界、チューニング・カスタムカー、旧車リビルド業界に多く言える事だが、”無い物は作る”という発想が根底にある。
そのため多くのところで、一から部品を作る高い知識と技術を持っている。

それより問題なのが、IMSAへ参戦していたZ32のレース資料が少ない事。
その時の状態を再現しようとスポンサーステッカー類の作成を試みているのだが、当初はかなり苦戦していたそうだ。
細部まで拘ろうにも写真ではわからない箇所もあったり、いざ出来上がったもののデザインが若干違っていたりとかあったりと試行錯誤の連続。
幸いにも、国内外のZ32ファンからSNSを通して情報が寄せられ、なんとか形になってきたそうだ。

そうした多くの方々の支援、応援を受け、ようやくリビルド完成となったこのZ32。
その細部を見ていきたい。


20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_01

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_0220181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_04

市販車の大柄なボディがかすんでしまうほど、よりワイドで、より低く感じるこのボディ。
テールランプ周りがなければ、別の車かと思ってしまうほど。
それもそのはずで、車体は鋼管パイプを組み合わせて構築されたスペースフレーム構造。
そこにエンジン、ギア、トランスミッション、そしてZ32市販車を模したグラスファイバー製ボディパネルを載せてレーシングマシンとしているのだ。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_04

リアのアンダーパネル部アップ。
洗練しきっていないところが、アメリカ式を感じさせる。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_06

エアジャッキ導入口も健在だ。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_08

一体式フロントボディパネルを取り外した状態。
車体のスペースフレーム構造がよくわかるショットだ。

サスペンションは、Z32市販車ではマルチリンクだが、こちらはダブルウィッシュボーン形式。

上下に分かれた大型フロンントダクトとブレーキダクトが目立つ。
フロントから導入したエアが、どのようなルートを通ってエンジン、ラジエター、ブレーキへ導かれているかがわかるだろう。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_14

真横からダクトを覗いてみる。
フロントダクトの一番下側から、ラジエターへ大量にエアを導入しようと試みた構造となっている。
ラジエターを通過したエアは真横へ排出されるようだが、排出速度をあげるような工夫は特にやっていなさそう。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_15

エンジンは、IMSA初年度からしばらく搭載していた3リッターV6ツインターボ(VG30DETT)ではなく、インフィニティ向け4リッターV8(VK45DE)NAエンジンに換装されてる。
これは1995年のIMSAレギュレーションに合わせての対応だとか。
JGTCを走ったのもこの仕様だ。
JGTCではパワー不足が嘆かれていたが、もしツインターボ仕様が導入されていたら、また違った結果となっていたかもしれない。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_16

アームやボールジョイント類まで綺麗にレストアされている。
このあたりもかなり状態がひどかったそうだ。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_12 20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_11

運転席周りを覗いてみる。
鋼管パイプの上にカーボンファイバーのパネルを貼りつけ。
そこに、PIリサーチ製メーターパネルやポンプ類の起動スイッチ群、キルスイッチが設置されている。
ペダルは珍しい吊り下げ式だ。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_13 20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_09

ミッションはHパターン。
シフトリンケージがリアに伸びているのがおわかりいただけるだろう。
これは、一体となったデフとミッションをリアに置く、トランスアクスル方式となっているからだ
若い方には、R35GT-Rと同じ方式だと言えば理解できるはず。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_10

車体後部へも冷却用エアが導入できるよう、運転席真横にこのようなエアダクトが設置されている。
その奥には、ヘッドサポートのない簡素なバケットシートも見える。
こうして見ると、まるでミッドシップカーのようなインテリアだ。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_27 20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_1720181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_20

リア周り。
縦横無尽に張り巡らされた冷却ダクトが目につく。
スペースフレーム構造、サスペンション構成、ミッションとデフの配置がわかりやすい。
ダンパーのスプリングなどにもサビが見受けられたが、東京発条(Swift)に依頼して修復して頂いたとか。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_28

燃料給油口をアップで見てみる。
V字形に左右に配置されており、ピットインの際、状況に応じてどちらからでも給油ができるような配慮がなされている。
このあたりは、現代のレーシングカーとそれほど大きな違いはないようだ。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_18 20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_19

オイルラインやフィルター部、シャフト基部に至るまで、手抜かりなく見事に仕上げられている。

20181003_PEAKS_IMSA_日産フェアレディZ_Z32_300ZX_26

タイヤは当時のまま。
ちなみにこれはレインタイヤだ。
最後にレースで使用してから年数がかなり経っているため、さすがにこのままでは使いものにならない。
ヨコハマタイヤに供給の打診をしてみたのですが、既に型がなく作れないという。
そのため今も、各方面にあたりながら検討を進めているそうだ。


このZ32、毎年 鈴鹿サーキットで開催されているサウンドオブエンジンで出走する事を目標に、現在もトランジットエンジニアリングジャパンで作業が進められている。
これまでの模様は、ぜひこちらのTwitterをチェックしてみてほしい。

それまで多くの方に見てもらえたらと、イベントへの展示が計画されている。
まず一つが、10月6-7日に富士スピードウェイで開催されるインタープロトレースだ。
19番ピット裏パドックエリアへ展示するとの事なので、興味のある方はぜひ足を運んでみてほしい。

また、このZ32と愛車のツーショット写真を希望する方が多いなら、そういった企画も考えたいとのこと。
ぜひにという方は、こちらのTwitterへ要望のリプライをあげたり、相互フォローの暁にはDMを送ってみるといいだろう。


昔のレースマシンに憧れを持つオーナーさんの思いが叶ったと言える、このZ32のレストア。
だが一個人だけでは、ここまでの形にはならなかっただろう。
これは、レーシングカーのノウハウを多く持つトランジットエンジニアリングジャパンを始め、多くの部品製造を手掛けてきた各会社の協力と技術力あってこそ。
日本の物作りは廃れてきたと言われているが、なかなかどうして、優れた技術を持つ会社はまだまだあると感じた。
こうした会社が結集すると、世界に誇れる何かが作れそうでは?
そんな感じがしてならない。

このZ32を起爆剤に、日本のモータースポーツ文化に大きな動きが出来上がること、日本の物作り自体が見直される事を願ってやまない。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
PEAKS RACING(オーナー)

【取材協力】
トランジットエンジニアリングジャパン(レストア作業、サーキット走行マネジメントを担当)
業務内容:レース参戦プランニング、レースサービス、レース車両のレンタル – 保守 – 運搬、レーシングカー販売など

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top