20180818_オートモビルカウンシル_ネッツトヨタ富山_レストア

旧車レストアまで行える自動車ディーラー

自動車ディーラーにも様々な形態があるようで、こちらのネッツトヨタ富山では、モータースポーツ活動から旧車レストアまで行っている。
今回開催されたオートモビルカウンシルのブースには、ネッツトヨタ富山が50周年記念事業車としてレストアされた初代チェイサー(MX41)が、誇らしげに展示されていた。
今回そのチェイサーを見ながら、ネッツトヨタ富山の取り組みについて紹介していく。

20180818_オートモビルカウンシル_ネッツトヨタ富山_レストア_03

ネッツトヨタ富山の創業は昭和43年。
従業員数は約270名。
富山県内に8店舗を構える老舗自動車ディーラーだ。

そんな老舗ディーラーがレストアを始めるキッカケとなったのが、創業40周年記念の社内事業として始めたトヨタ・パブリカのレストア。
自社技術の集大成として仕上げられたそのパブリカが思いのほか好評だったのと、また以前から旧車をレストアしてほしいという要望も多かった事から、それならばと始めてみたという。

そのレストアサービスを行うのは、ネッツトヨタ富山のスポーツ部門を担うGR Garage富山新庄店
これまでにトヨタ・パブリカやトヨタ・スポーツ800、他メーカーでも、カルマンギアやMG-B、オールドポルシェ911といった往年の名車レストアも請け負ってきており、その完成度の高さはディーラークオリティと、どのお客様も大変満足されているとか。

20180818_オートモビルカウンシル_ネッツトヨタ富山_レストア_02

一口に旧車レストアと言っても、ただ部品交換をするだけで終わるものではない。
新品部品はまず手に入らない。
そうなると、ヤフオクやお客様が独自に入手した中古部品を修理して使うしかなくなってくる。
また不具合が発生したときも、最新のOBD2対応テスターなんてもちろん使えず、各部を一つ一つ、直に触りながら不具合箇所を特定していくしかない。
それらは高いエンジニアスキルと豊富な経験が必要となってくる作業であり、若いエンジニアにはなかなか骨が折れるところ。
だが、こうしたレストア作業で経験を積んでいく事が自社技術の向上とメカニックの育成に効果的であり、ここで得た経験は一般整備の場でも生かされているという。

20180818_オートモビルカウンシル_ネッツトヨタ富山_レストア_01

レストア事業だけでなく、モータースポーツ活動にも力をいれているネッツトヨタ富山
その範囲も、サーキットからラリーと実に幅広い。
そういった現場へ自社メカニックを携わらせる事で経験を積ませていきながら、自社技術の向上と、より質の高いサービス提供を目指している。

20180818_オートモビルカウンシル_ネッツトヨタ富山_チーム轟_01 20180818_オートモビルカウンシル_ネッツトヨタ富山_チーム轟_02
※写真提供:チーム轟 広報(写真の無断転載を禁じます)

さらに自社だけでなく外部支援、特に未来の自動車業界を担う若者の応援にも、ネッツトヨタ富山は力を入れている。
つい先日も、モンテカルロ・ラリー・ヒストリック2019への参戦を目指しているチーム轟 所属の学生達を整備合宿として受け入れ、旧車整備の指導を行ってきたばかりという。

他にも、富山県内で車と触れ合える様々なイベントを開催するなど、より多くの方々に自動車の楽しみ方を伝えていこうと奮闘されている。
ブログを見ると、車と触れ合っている様子や車と関わっている仕事の事が楽しく書かれており、とても親近感が沸いてきた。
Staff Blog
Club Activity Blog
GR Garage Blog

こんな自動車ディーラーはなかなか珍しい。
機会があれば、一度足を運んでみたいと思う。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ先】
ネッツトヨタ富山
チーム轟

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。