You are here
Home > SPECIAL > より見やすく便利にビジュアライズな自動車メーターへ – 日本精機

より見やすく便利にビジュアライズな自動車メーターへ – 日本精機

20180621_人とくるまのテクノロジー展_日本精機_メーター_HUD

半円のプラスチック版に刻まれた数値とメモリ上を、ステッピングモーターの動きに合わせて縦横無尽に動くスチールな針。昭和世代では普通だった、所謂アナログメーターはさらに希少な存在になってくるかもしれない。

人とくるまのテクノロジー展2018
自動車系メーター開発の老舗メーカーであり、人気アフターパーツブランドDefiも手掛ける”日本精機”ブースを見て、そう思わずにはいられなかった。

これまでメーターユニットが整然と配置されていた所には大型カラー液晶モニターのみがマウントされ、各部センサーから得られた情報をコンピュータプログラムで処理して、映像情報として乗員に通知する仕組み。

アナログメーターだと、見た目や仕様を変えるにはメーターユニットといったハードウェアを丸々交換するしかなかったわけだが、これらはプログラムソフトを変更するだけで、表示情報を自由に変える事が出来る。
情報の伝達速度もコンピュータ技術の発達により問題のないレベルになり、ドライバーが求めるなら、さらに表示情報を増やす事もプログラムソフトの変更だけで可能となってくる。

もちろんメーカー純正メーターでは、外部の人間がそう簡単に手を入れる事はできない。
重大なトラブルを避けるためにも、そういった個所はブラックボックス扱いが普通だろう。
だが、プログラムソフトを変えてのメーターチューニングという、新たな可能性が出てきたのは興味深いと言える。
例えば、メーターデザインやアニメーション演出をパソコン上で自由にプログラムできるチューニングキットがあると、カスタマイズの楽しさもより広がりそうに思うのだが。

20180621_人とくるまのテクノロジー展_日本精機_メーター_HUD_01 20180621_人とくるまのテクノロジー展_日本精機_メーター_HUD_02

HUD(ヘッドアップディスプレイ)もよりホットになりつつある。
フロントウィンドウに各種情報を直接投影し、ドライバーの視線移動を少なくして安全運転に貢献しようというこの技術。

昔、アフターパーツとして販売されていたものはあったが、近年は技術の向上、海外のアフターパーツが手に入りやすくなった事もあってか人気が再燃。
さらにカーナビではAR技術と併用、ナビゲーション映像をフロントウィンドウに投影するものまで登場するようになってきた。

そんなホットなHUDに対して、日本精機も積極的に開発を進めている。
ユニット自体のコンパクト化、低コスト、どんな構造の車、どんな条件でも鮮明な映像をレスポンスよくドライバーに提供できるよう、様々なトライアルがなされているという。
過去、自動車用HUDのアフターパーツをリリースしていた実績を持つ日本精機だけに、今後どんな製品を出してくるのか注目してみたい。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
日本精機

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top