20180526_人と車のテクノロジー展_信越電装_リビルド_オルタネータ

オルタネーター等リビルドした自動車製品を販売 – 信越電装


長野の信越電装では、オルタネータ―(発電機)やスターター(セルモーター)、パワステポンプ、エアコンのコンプレッサーを中心とした自動車部品、パーツのリビルド、販売を手掛けている。
人とくるまのテクノロジー展2018でお話しを伺ってみた。

20180526_人と車のテクノロジー展_信越電装_リビルド_オルタネータ_03

並べられている製品は全てリビルドされたもので、どれも新品と見紛うばかりの物ばかり。
これらは長野の工場へ運び込まれた中古部品を修理、再生して仕上げたもの。
現在もかなり在庫があようで、その内97%がいつでも即日出荷できるよう管理されている。
これに付く保証は、走行距離にして約2万4000kmほど。
以前は1万kmくらいだったが、あまりに壊れないので、先ごろ倍以上に引き上げたという。
信越電装の品質の確かさがわかるエピソードだ。

20180526_人と車のテクノロジー展_信越電装_リビルド_オルタネータ

ブースの一角には、素人目で見ても使えそうに思えないオルタネーターとセルモーターの山が。
だが信越電装にとっては、これらは大事な資産の山。
こうした部品が、全国から集められる。

まず始まるのが分解とチェック。
どの部分がどこまで使えそうかを入念に調査、検証していく。

そうして分解、吟味された結果、再生できると判断されたものはリビルト工程に回される。
リビルドが不可能と判断された場合でも、他から程度の良い箇所を集めて組み合わせる、いわゆるニコイチ、サンコイチにしてリビルト工程に回す事もあるそうだ。

20180526_人と車のテクノロジー展_信越電装_リビルド_オルタネータ_01

そのリビルト工程では、事前調査、検証を経て揃えられた各パーツを入念に組み上げて元通りにしていく。
基本は手作業で、熟練工員の手で確実に作業を行っていく。
その後、自動車メーカーで行っている量産車試験と同様の品質試験を経て、合格を得られたものから順次市場へ送り出している。

その市場は海外にも広がっており、それに合わせて対応する車種ラインナップも広げているようだ。

尚、信越電装が手掛けるこれらのリビルト製品は、部品卸業者だけでなく、個人でも購入対応に応じてくれる。
興味がある方はぜひ問い合わせを。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ先】
信越電装

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。