You are here
Home > SPECIAL > 旧車レストアに向けた廃盤部品の製造 – レストアパーツ.COM

旧車レストアに向けた廃盤部品の製造 – レストアパーツ.COM

20180327_レストアパーツcom_ノスタルジック2Days

昨今の20代の車好きでも、憧れる方が多いという日本の旧車。
特にAE86は、チューニングカータイムアタックやドリフトで現役であり、車漫画”頭文字D”の影響もあってか、中古車人気は今でもかなり高い。

また、箱スカやS30フェアレディZといった名車を大事に維持されているオーナーさんは全国に点在しており、イベントや全国ミーティングに行くと、今までどこにいたのかと驚くほどたくさんの旧車が集結する。

そんな旧車達だが、やはり生産終了になって30~40年以上立っているため、純正部品の多くは廃盤、欠品状態。
特にボディパーツは、穴が開いていたり大きく歪んでいたとしても、その多くは板金やフレーム修正で修理していくしかない状況。

そんな中、旧車のボディパーツを新規に製造、販売をするというメーカーが現れた。
旧車イベントであるノスタルジック2Daysにブース出展をしていたところへ伺い、お話しを聞いてみた。

20180327_レストアパーツcom_ノスタルジック2Days_01

その名も”レストアパーツ.COM
岐阜のまんさく自動車台湾のMuscle Car GTのコラボプロジェクトによる通販サイトで、旧車ボディーパーツを、新規に製造、販売してくれるという。
そのブース内には、独自に製造したであろうバックパネルやクオーターパネル、ドア、バンパー、ボンネット、フェンダー類が整然と展示されていた。

そのどれもが、純正部品の補修用としてそのまま扱えるよう設計がなされており、可能な限り当時の素材、当時の工法で製造しているという。

対象車種は人気のものに絞られており、国産に限っては、AE86のレビン、トレノを始め、ハコスカ、ケンメリ、S30フェアレディZ、510ブルーバードとなっている。
当面は、これらの車種だけで製造、販売をするという。

どういったボディパーツがあるか?価格はいくらなのか?
気になる方は、細かい詳細をこちらのWEBサイトでチェックのうえ、ぜひ問い合わせてみてほしい。

尚、製造自体は、台湾のMuscle Car GTが受け持つ様子。
この会社は旧車のボディパーツ製造で高い実績を持っており、これまでに古いアメ車を始め、海外の旧車向けボディパーツを数多くリリースしているという。
品質についても自信を持って勧められるそうだ。

20180327_レストアパーツcom_ノスタルジック2Days_ae86_03

ちなみに通販サイトの母体たるまんぞく自動車は、AE86でチューニングカータイムアタック”Attack”に参戦している。
先日、筑波サーキットで1分切りを果たしたこのAE86にも、レストアパーツ.COMで扱っているボディパーツが使われているという。
そんなところでも、ボディパーツに問題は出ていないという。
サーキットのようなボディに過大な負荷がかかる場所で問題が出ていないのなら、街乗りなら十分に使えそうだ。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
レストアパーツ.COM

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top