20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト

GT500、GT300マシンを比較 – Super GT 2018


先日、数年ぶりにSuper GTを見に行ってきた。
と言っても、富士スピードウェイで開催された合同公式テストだが、今時のSuper GT車両をじっくり体感させてもらうにはまたとない機会。
様々な角度、様々な場所でGTレーシングカーを眺めさせてもらった。

さて、現在のSuper GTは、ドイツツーリングカー選手権(DTM)との統一を見越した共通シャシー、JAF GTにFIA GT3、マザーシャシーといった様々な車種が入り乱れており、エンジンやウェイトハンディのレギュレーションも含めると、初心者にはそれなりの理解が要求されそう。

特に、同じ車名のマシンがGT500クラス、GT300クラスそれぞれにエントリーしている事もあり、理解により複雑さが増しているように思える。

そこであえて細かい車両規則、レギュレーションは脇へ置き、単純に見た目で各クラスのGTレーシングカーの第一印象を比較、考察してみたいと思う。
今回は日産GT-R、レクサスLC500(RCF)、ホンダNSXに絞ってみた。

20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_日産GT-R_01 20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_日産GT-R_02

日産・GT-R。
1枚目がGT500クラス、2枚目がGT300(FIA GT3)クラスの車両だ。

GT500はもはや別のGT-Rという車になっている印象を受ける。
エンジンが違うか搭載方法を変えたからなのか、フロントオーバーハングも低く見える。

市販チューニングカーの外観に近いのはGT300のほう。
フロントバンパーに開けられたダクト穴の多さも興味深い。
冷却とエンジンへの新気吸入だろうか?
夏場ではここを塞ぐ事もあるのかもしれない。

20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_日産GT-R_03 20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_日産GT-R_04

リアから眺めてみる。
GT500のほうが平べったく、それでいて無駄なぜい肉をそぎ落とし絞りこんだ印象を受ける。

マフラー出口の位置が違うのも興味深い。
サイド出しはわかるが、GT300はサイドスポイラー(サイドフェンス?)側、GT500はドアから出しているように見える。

20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_ホンダNSX_05 20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_ホンダNSX_06

次はホンダ・NSX。
1枚目がGT500クラス、2枚目がGT300(FIA GT3)クラスの車両だ。

このアングルでは、一見するとGT500はズングリしてて、GT300はすっきりした印象。
ただ、他メーカーと比べてシルエットがそんなにかけ離れているようには見えない。
ミッドシップ車であるNSXをよく表しているリアダクトも、同じ形状に見える。

ドライバーポジションも、GT500のほうがセンター寄りにオフセットしてる?
ミッドシップでセンターポジション、シート自体もかなり下げているはずなので、フォーミュラカーに近い乗り味になっていそうだ。

20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_ホンダNSX_07 20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_ホンダNSX_08

リアから眺めてみる。
マフラー出口はよくある一般的な個所に近い位置となっているが、これはリアエンジンだからだろう。
GT500には、マフラー出口に触媒らしきものも見える。

他のGTマシンに比べ比較的ダクトも多く大き目な印象を受けるが、エンジン内部からの排熱も考慮しての事かもしれない。
GT300にはルーバーまで備わっている。

20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_レクサス_LC_10 20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_レクサス_LC_09

次はレクサス。
1枚目がGT500クラスのLC500、右側がGT300(FIA GT3)クラスのRCFだ。
車種名は違うが、今回は敢えて比較対象にした。
ピットでの写真が上手く撮れなかったので、走行中の写真でチェックしてみる。

RCFはずんぐりしてて、LC500はエアロデバイスでゴテゴテしてるように見える。
他のGT300マシンのリアウイングはGTウイング形状だが、こちらのRCFはスワンネックウイングを採用している。

マフラー出口も両クラスともGT-Rと同じような個所に配されている。

20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_レクサス_LC_12 20180326_スーパーGT2018_富士公式テスト_レクサス_LC_11

リアから眺めてみる。
LC500はすっきりしている。
リアフェンダー後端のボックス形状のところも、GT-Rでさえダクトが空いていたのにこちらは見られない。

どちらかというとRCFのほうがダクトが多め。
フロントフェンダー後端のダクトも大き目なのだが、これはワイドトレッドにしたからか?
フロントフェンダーからリアバンパーにかけてのラインが、他車に比べゴツい印象だ。

【文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。