You are here
Home > EVENT > DIYユーザーでも買える安いカーリフト – 国際オートアフターマーケット2018

DIYユーザーでも買える安いカーリフト – 国際オートアフターマーケット2018

20180323_国際オートアフターマーケット_sktoki_自動車リフト

国内外の自動車系アフターパーツメーカー、ショップが一同に会する展示会“国際オートアフターマーケット”
そこでは、現在のアフターマーケット事情を垣間みる事ができる。

車に対して楽に細かく作業するためには、カーリフトは喉から手が出るほど欲しい。
しかし問題は価格と、設備をどこに置いて管理するかという点。
なので一見、工場やガレージを完備する業者向けの設備という印象を持つ。

だが、最近は事情が違うようだ。

展示会限定価格で20万円という激安カーリフトを展示していた、株式会社NSKでそのリフトを色々見せてもらった。

20180323_国際オートアフターマーケット_sktoki_自動車リフト_01

本製品は、SEIKOUTOKIという中国の会社が製造しているもの。
SKTOKIはそこのブランド名だ。
それを株式会社NSKを始め、日本国内の部品商が輸入、販売をしている。

インターネットで検索をしてみると、SKTOKIのカーリフトやタイヤチェンジャーなど、多くの製品が国内に流通している事がわかる。
意外、と身近なところで利用している方はいるかもしれない。

今回見せてもらった製品は、3トンまでいける油圧式クイックシザースリフト
まずはその動きを、動画で見て頂きたい。

車が乗っていないので動作はゆっくりだが、車が乗った状態だともっと早く動くそうだ。

20180323_国際オートアフターマーケット_sktoki_自動車リフト_02

製品の特長として、車輪を装着すれば設備ごと移動が出来る点にある。
発送重量は650gと書かれている。
車1台分のスペースがあれば、容易に設置ができるという。
工場や屋内などの広いスペースを確保できるなら、状況に合わせて好きな場所へ移動して使う事ができそうだ。

一時的に野外に設置して使う事も可能だが、その場合、接地場所に特に注意したい。
固い路面でかつ平坦な場所にしないと、車ごとリフトが倒れてしまい大惨事に発展しかねない。

万が一の油圧トラブルが気になるところだが、両端の油圧ユニットが一度に壊れることはまずなく、片方が壊れた場合でも、もう片方のユニットで車体を支えながら降ろす事ができるそうだ。
その後、壊れた油圧ユニットをAssy交換する事で、今まで通り使えるようになるという。

肝心の日々のメンテナンス、修理等のアフターサポートについてだが、こちらでは完全にユーザー任せというスタンスを取っている。
壊れた部品は送るものの、あとはユーザーさんで修理、整備をして下さいと。
低価格にしているのは、そういった理由からなんだとか。

電化製品でも、いくらか料金上乗せで数年間の無料保障や無料修理が受けられるサービスがあるが、考え方としてはそれと同じだろう。
日本人の感覚として意見の分かれるところではあるが、車が弄れる方ならリフトの修理も自分でやれるだろう、という判断もあるそうだ。

こういった背景を理解、納得したうえで購入されるなら、自動車整備をする上でこれほど便利なものはない。
ぜひ検討してみてほしい。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
株式会社NSK
88HOUSE

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top