20180323_国際オートアフターマーケット_ブリッド_シート

BRIDEの考える快適な一般用、トラック用シート開発


国際オートアフターマーケット2018取材記事。
今回はBRIDE株式会社が開発、製造を進める一般自動車用、トラック用の各種シートを紹介する。

20180323_国際オートアフターマーケット_ブリッド_シート_01

BRIDEと言えば、チューニング・カスタマイズファンの間では知らない者はいない程のメジャーな自動車シートブランド。
そこが、いわゆる”普通”、”業務用”のシートを作るとどうなるか?

それが写真のシートで、左側は一般乗用車用、右側はトラック用となっている。
見た目、ロゴといいカラーリングといい、とてもお洒落な印象。

開発コンセプトとして、以下の点が重視されている。
・長時間乗っていても疲れにくい乗り心地や快適性
・アームレスト装着による腕の疲れの低減
・腰痛予防。
・乗降性の良さ。

長時間 車を使ってお仕事をしたり車通勤をされている方にとっては、日常でストレスを感じさせないシートの座り心地は何よりも重要。
体に負担がなく快適な乗り心地であれば、長時間のドライブもこなしやすいし、何より運転ミスも減る。
乗降性がよければ、仕事先でもフットワークよく動ける。

実際座ってみたが、吸い付くような座り心地と気持ち良さで、前日の睡眠不足も相まってか軽く睡魔まで襲ってくる気持ち良さだった。
アームレストもかなり楽で、特に肩凝りに悩まされている方、よくウィンドウをあけて肘をついて運転する癖のある方には、かなり重宝がられそうだ。

BRIDEでは、日常や仕事でどのような要素が求めらるのか、現在も多くの方の意見を取り入れ、試行錯誤を重ねているそうだ。
実際、モータースポーツやチューニングカー向けシートとは求められる要素が全然違っていたため、当初はかなり驚いたらしい。
写真のシートは、そうして学んできた成果によるもの。
これまで培ってきた技術が、多く生かされている。

ところで先日、このBRIDEのシートを装着した大型トラックドライバーさんの話しを偶然聞いたのだが、とても快適で、なによりお洒落なのがいいと大変満足されていた。
仕事にも好影響を与えるかもしれないBRIDEのシート。
検討の余地は十分ありそうだ。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ先】
BRIDE

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。