20171202_東京モーターショー_トーニチ_工具

トーニチ提案のITフル活用な次世代トルクレンチ


東京モーターショー2017取材記事。
今回は、トーニチ(東日製作所)ブースに展示されていたWifiやBluetooth、USBなどの多彩な通信機能にタッチパネルによる操作、QRコードや顔認証機能等を駆使した次世代の工具、トルクレンチを紹介する。

20171202_東京モーターショー_トーニチ_工具_01

まずこちら。
一般的なデジタルメーター付きのトルクレンチかと思いきや、商品の型式に見えるWiFiの文字。
これは、締め上げた時点でのトルクデータをWiFi(無線LAN)でパソコンやタブレット端末、スマートフォンへ送る事ができるトルクレンチ。
こうする事で、製品への締め付けトルクを正確に管理する事が可能となる。

例えば工場の組み立てラインにおいて、ロボットが導入されていないところでは人の手で行うため、どうしても締め付けトルクにバラつきが出る。
そこでこのトルクレンチのシステムを使えば、異常なトルク値を検出したら警告を出す事が出来るし、パソコンと他の機械を連動させてラインを止めたり、異常な締め付けをした製品を除外する事も容易となる。

統計を取る事も出来るので、組立工の管理や指導にも応用ができそうだ。

20171202_東京モーターショー_トーニチ_工具_02

また自動車整備においても、人材不足で熟練整備士に頼りっきりだった工場やショップでこのシステムを使えば、熟練整備士の技能値や各車のトルクデータを予め登録しておく事で、スキルの浅い整備士でも正しいトルクの掛け方が可能となってくる。

どの業界でも人出不足が叫ばれる昨今だが、このシステムは今の時代にマッチしたものと言えるだろう。

そして、特に編者が良いと思った点がある。
それは、連動するアプリやパソコンソフトを専用品にしなかった事だ。

どういう事か?

トーニチでは、Wifiの通信インタフェース仕様を公開する予定であり、パソコンソフトやWEB、アプリのプログラム経験のある方なら、誰でもこのトルクレンチを管理するソフトを作れるよう配慮されている。

IT技術者やWEBサービス開発に造詣が深い方ならおわかり頂けるだろうが、YahooやGoogle、楽天やAmazon等では、各々が提供する機能を誰でも手軽に利用できるよう、インタフェース仕様や外部APIを無料公開している。
巷では、そういった機能を活用したオリジナルサービスやソフトウェアが数多く開発、リリースされており活況を呈しているわけだが、今回のトーニチ提案のトルクレンチのシステムも同じ発想なのだろう。

流通すれば、新たなビジネスチャンスも生まれてくるかもしれない。

20171202_東京モーターショー_トーニチ_工具_03

そして一番驚かされたのがこちらのトルクレンチだ。

なんと前述のWifi機能に加え、BluetoothやUSBなどの多彩な通信機能、タッチパネルによる操作、QRコードの読み取り機能、そして顔認証システムまで備えたトルクレンチという。
なんでも、登録者以外ではこのトルクレンチを使えなくする事も出来るとか。

Twitterでも意見を頂いたが、これらのシステムは今話題の日産やスバルで発生した無資格者による製品検査を防止するのに役立つかもしれない。

つまり有資格者だけが工具を使えるようにして、最終締め付けや点検を行ってもらうわけだ。
もちろん、トルクデータや工具の使用状況はwifiなどでパソコンやスマホ、タブレットへ送り管理しつつ、所定のQRコードの読み取りで、作業完了や承認完了のサインフラグを立てる事さえできる。

なんともタイムリーなこれらの製品、アイディア次第では、製品の品質向上、作業の効率化や信頼性向上にかなり貢献できそうだ。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【問い合わせ】
トーニチ(東日製作所)

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。